ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

台湾のお茶

a0091348_2322940.jpg


台湾のお茶
Te taiwanese

サプライズ続きの今月。今日は、でかけようとしたら足元に転がる小さな包み・・・。
台湾の友人から、「お茶」が届いたのでした。
・・・そう、少し前に「ヴェネツィアに遊びに来るなら、ぜひお茶をおみやげに」と言ったのは私です。でも決して、催促したつもりではなかったのですが・・・(ほんとですよ!!!)

でも、おいしいお茶ややっぱり嬉しい!家にいるときは大量にお茶を消費する私は、ちょうどいろいろなお茶が切れかけていて、そろそろ何か買おうかな、と思っていたところ。
午後から、卒論のお供に、早速頂いてみることに。
面白いのは、まずパッケージ。真空パックになっているのですが、表面が妙にぼこぼこしていて、ほとんどグロテスク。日本のお茶は、まっすぐでさらさらだから、真空でも絶対にこんな風になりませんね。そして、表には大きく「茶」の文字。それだけ。お茶の種類とか名前とか、一切なし。裏を見ても、商品名も販売者名も内容量も何もなし。おそらく、お茶屋さんで量り売りで買って、真空パックにしてもらって送ってくれたのかな~と想像して、なんだか余計に嬉しい。
ちなみに、パッケージ全体は中国風の絵になってますが、その上に
九曲夷山採省舌
一渓活水煮龍園
となっていて、普通の詩か何かかと思ったけど、ひょとしたら、お店かお茶の種類を示しているのかも???
a0091348_2331550.jpg
葉っぱは薄く緑の残る枯れ葉色で、茎ごと、くしゃくちゃと巻いて乾かしてある感じ。これがあの真空パックのボコボコの原因となっているらしい。

淹れてみるとこんな感じ。やっぱりおいしかった~~~!
Oさん、Sさん、ありがとうございました!!!

a0091348_2335081.jpg


26 marzo 2007
[PR]
by fumieve | 2007-03-27 02:39 | 飲む・食べる
<< 服装の歴史 フィレンツェの友禅 >>