ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

オステリア・ダ・リオバ

Osteria da Rioba

Fondamenta della Misercoria 2553
Tel. 041 5244379

a0091348_7382931.jpg


前々から行きたいと思いつつチャンスがなかったお店。すぐそこに住んでいて、家の食堂代わりといっても過言でない友人Yさんのお誘いでようやく実現した。

前菜は、小さいヤリイカの詰め物。これは定番メニューなのだが、その時により、ソースや詰め物がいろいろ違うらしい。今日は、黒いポレンタ(とうもろこしの練り物)添え。いかがやわらかくて、味付けもほんのりとかなり薄味。しっかり冷えたプロセッコがついつい、すすむ、すすむ・・・。

a0091348_7391016.jpg

お次は、小海老とアスパラが乗った、黒いパスタ。偶然、黒に黒と続けてしまったが、こちらもまた、彩りがすばらしい。もちろん、見た目だけでなくて、味も抜群。海老の塩味にアスパラの強い香り、軽くバターの効いたソースにイカ墨の手打ちパスタ。一見、お互いにケンカしそうな組み合わせなのに、そこはさすがにプロの仕事。個性を生かしつつ、お互いを引き立て合うなんともいえないおいしさ。

オステリア、というと本来は「飲み屋」といった感じだけど、ヴェネツィアだとしっかり食べられるところも多い。それでも普通は、素朴なおつまみか、力強いシンプルなパスタ、あとは魚介のフライくらいだけど、ここはちょこっとしゃれたものが出てくる。見た目が美しく、味も控えめ。その割に、ボリュームはしっかりあるから、かなりお得感あり。

さすがにメインはパスし、最後はデザートへ。ティラミスは私の好みよりもかなり軽めだだったが、そうでなければもたれて食べきれなかったかもしれない。

a0091348_7394367.jpg

ヴェネツィアで久々に「ご案内したい店」発見です。

8 giu 2007
[PR]
by fumieve | 2007-06-09 09:36 | 飲む・食べる
<< 嶋本昭三 Crash glasses おかげさまで >>