ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ラ・ピアッツェッタ、ローマ・トラステヴェレ

a0091348_203242.jpg


La Piazzetta
Roma, Trastevere
Via Cardinale Merry Del Val, 16B
tel. 06 5806241
orario no stop 12.00-24.00

ローマのトラステヴェレ地区。
おいしくてお手軽なお店が多く、たくさんの人で賑わうこの地区も、日曜日のお昼とあっては閑散・・・というより、まずどこも閉まっている。記憶を頼りにやってきた、アテにしていたトラットリアもやっぱり日曜休業。そう、日曜日はまともなお店はお休み、と思ったほうがいい。
それでも朝から歩き回って、陽射しは強いし、もうどこでもいいから食べようよ、というので入った、というか外のテーブルについたのがこの店。この地区に似合わない、現代風のちょっとこぎれいな外観に、大きな店構え。外、すなわち歩道に張り出したテーブル、クロスとナプキンの色が微妙にカラフルでおしゃれ。うーーーん、いかにも観光的かも・・・。
メニューを見ても、少々高めか?まあでも、他に何もないのだから仕方がない。
ピッツァもあるというこの店、同行者一同、なんとなくピッツァが食べたくなっていたのだが、オーダーしようと思ったら、なんとトラステヴェレ地区ではお昼はピッツァ釜に火を入れてはいけないのだそう。
頭を全面的に切り替え、それでは・・・と決めたのが、前菜1品、パスタ2品に大きいサラダ2品。ふつうの日本人女性ならそれが限界、まあ、様子をみて追加するなり、デザートをとるなりすることにして、皆で分けて食べることを説明してオーダー。
アンティパスト(前菜)は小だこのトマト煮込み。ひょとしてオーダー間違えた?というくらいの量だが、これが1人前らしい。盛り付けも美しいが、たこがやわらかくて、余計な味のしないシンプルなもので、見た目以上においしい!
これなら、「絶対おすすめ!」といわれた自家製パスタも断然楽しみ。はたして出てきたのは、キノコとアスパラのフェトゥチーネ。クリーム・ソースだったのは予想外だが、なにしろパスタがほんとに「これぞ手打ち!」の歯ごたえ、ソースも見た目ほど重過ぎず、比較的上品な味。もう1つの、アサリのスパゲッティも、さっぱりめ。
a0091348_212821.jpg


いろんな種類のあったサラダは、どれも具だくさん。
5人で分けて、ソースもパンできれいにさらうほど食べて、大満足の末、デザートにそれぞれ、メロンやシャーベットを頂いた。
この味と量で1人当たり15ユーロ程度だったから、文句なし!
店内には大きな炉があって、直火で焼いたステーキ類もかなりおいしそうだったことも追記しておきたい。
ただし、パスタなど一皿の量がかなり多いので、ふつうにオーダーすると食べきれない上に高くつくだろう。ふつうの日本人なら3-4人以上で行くことをお勧めする。

1° luglio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-07-02 07:57 | ほかのイタリア
<< 第52回ビエンナーレ国際美術展... ヴィッラ・デステ、ティヴォリ >>