ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

続・橋プロジェクト

a0091348_5454477.jpg


昨夜から今朝にかけての運搬作業、やはりリアルト橋通過で時間がかかったものの、全体はスムーズに進んで、なんと予定より3時間も早く、目的地に到着したらしい。
予定が合計6時間半だったのに、3時間短縮って一体・・・。慎重に慎重に計画を立てすぎたのかもしれないけど、それにしても随分の短縮。まあ確かに昨夜は、もちろん雨も降らず、微風、波もほとんどなく・・・だったから、全て全て順調にいったのかもしれない。昨夜帰ってきてから、6時前に起きて、到着の様子を見に行こうかな・・・とふと思ったりしたのだが、実行しなくてよかった。やれやれ。

運んできた2つの部品、というのか塊というのか、1つは今朝、ローマ広場側に設置し、もう1つは明朝、駅の側に設置するらしい。
昨夜出かけた時も、深夜の割にあまり涼しくなってない、と思ったが、今日はまた一段と暑くなっていて、むやみに外に出ると日射病で倒れそう。恐ろしくて外に出る気がしない。ずっと家で本を読んだりしていたのだが、夕方になって、やっぱり!と思い立って、橋の切れ端を見学に行ってみた。

ローマ広場に行くと、確かに、ずっと工事中だったところが橋の土台になっており、そこに、赤い鉄の、くじらの背骨のようなものがぐん!と突き出ている。その鮮やかな色にも目をひかれるが、なにしろ、その背骨が、途中ですっぱり切れていて、空中に浮かんでいるから、ものすごく変な光景。

a0091348_5462352.jpg


それも、昨夜、闇の中ながら見ていたものは随分長いもののように思ったが、こうして見ると、運河の幅に対し、ほんのちょっと先が出ているだけで、いくらも届いていない。同じものが、すぐ近くに、クレーンに引っ掛けてある。これは明日の朝、駅の側につくとして、そうすると、再来週運んでくる「中央部分」というのはやはりかなりの大きさになるはず。

それにしても、いつもは大荷物の観光客をよそ目に、急ぎ足で通り過ぎるヴェネツィアの住民たちが、今日はカメラを持って、わざわざこの現場を見学にきているらしいのが、おかしかった。

a0091348_5465069.jpg


28 lug 2007
[PR]
by fumieve | 2007-07-29 05:47 | ヴェネツィア
<< 続々・橋プロジェクト 4つめの橋プロジェクト >>