ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ティツィアーノの家

a0091348_552274.jpg

Casa di Tiziano

ちょっと思い立って、ティツィアーノの家を見にいってみた。家といっても、別に記念館とか博物館になっているわけでもなく、中に入れるわけでもない。
ダレソレの家、というのは基本的にあんまり(もちろん、博物館になってそれなりにゆかりの品など展示されていれば別だが)興味がないのだが、ヴェネツィアに住んでいて、まがりなりにも美術史をやっていて、一度くらいは見ておいてもいいか、と。

a0091348_56287.jpg

ヴェネツィア本島の北岸、フォンダメンテ・ヌォーヴェ(Fondamente Nuove、「新しい岸」)。ムラーノ島などへ行く水上バス乗り場の前、いくつかある細い路地のうち、カッレ・デッラ・コロンビーナ(Calle della Colombina、小鳩通り)をそのまままっすぐ。突き当たりにその門がある。文字は後世のものだろうが、TITIANVS VECELLIVS(Tiziano Vecellioのラテン語表記)と記されている。きっちりと扉は閉ざされたまま。
a0091348_57261.jpg
インターフォン用と思われる、わずかな隙間からのぞきこむと、緑と、今は枯れているがブドウのアーチになっているのだろう、上からムラーノ・ガラスのランプが3つ、下がっているのが見える。




a0091348_584472.jpg

そのまま、レンガの壁に沿ってカッレ・デッラ・ピエタ(Calle della Pietà、ピエタ通り)を奥へ向かう。そのまますぐ左に折れ、すぐまた左に曲がったところで、目の前に現れるピンク色の建物が、「ティツィアーノの家」本館にあたる。
壁には碑が貼り付けてある。




a0091348_592039.jpg

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
ここに
45年間住み、
1576年に永眠。

ヴェネツィア
400周年記念に
この碑を設置。

11 marzo 2008
[PR]
by fumieve | 2008-03-12 05:18 | ヴェネツィア
<< 虹色の滞在許可証~ヴェネツィア... ローマと「蛮族」 >>