ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

バイコリ、ヴェネツィアの素朴なお菓子代表

a0091348_723066.jpg


Baicoli

ヴェネツィアのお菓子というと、基本は素朴なもの。以前紹介したフガッサ(ヴェネツィア風フォカッチャ)しかり、そのうち登場予定のザエーティしかり。
素朴な仲間たちの中でも、中でも代表といえる素朴さを誇るのが、バイコリ(baicoli)。
見た目、特に写真では一見ラスクのようだが、もっとうすくて軽くて、さくさく。そしてほんのり甘い。小さなお子さまや、大人でも具合が悪い時などにも安心して食べられそうな、ほんとにシンプルで素朴な味。ついつい、ポリポリと次々つまんでしまう。

パスティッチェリアで買う本物がもちろんとてもおいしいのは言うまでもないことだが、実は、スーパーやお菓子屋、食料品店、はたまたおみやげもの屋などで気楽に手に入る、工場生産の普及品も実は悪くない。
上の写真は1番小さい箱で、135g入り。なんともキッチュなヴェネツィア風の絵に、「有名なヴェネツィアのビスケット」(I famosi biscotti veneziani)と、ストレートなコピー。
これが3つ入ったロココ調な美しい缶入りもあって、版画家の友人はこれがお気に入り。ヴェネツィアに来る度に、自分用とおみやげと、大量にお持ち帰りになるそう。中身を楽しんだ後、缶が「お道具箱」にちょうどいいのだとか。

下は135gのパックが4つ入った缶で、これは私の家では中身を消費したあと、ほかのお菓子を入れる缶として活躍している。

ヴェネツィアにおいでの際には、だまされたと思って、ぜひ一度お試しあれ!

a0091348_723476.jpg


15 aprile 2008
[PR]
by fumieve | 2008-04-16 07:21 | 飲む・食べる
<< ミラノ・サローネ(国際家具見本市) イタリア総選挙 >>