ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

魚祭り、キオッジャ

a0091348_33509.jpg


Sagra del Pesce, Chioggia

a0091348_343427.jpg


バケツをひっくり返したような雨。家を出るときにはすっかりあがっていたはずの夕立ちが、リド島に着くころには再びとんでもない雨になっていた。

a0091348_35158.jpg
バスで走る道のところどころ水没している。バスごと乗り込んだフェリーは、水煙の中を進む。そうして、対岸に着くとようやく明るい日差しが。・・・もう大丈夫だろうか?


再びバスは、長い1本道を走る。
・・・ふと、左の窓から、大きな虹が!左の端から右の端まで、きれいに半円を描いた虹を見たのは初めて。ああ~なんだかいいことありそう!?

a0091348_352762.jpg


バスを降りて、もう一度乗り込んだのは今度は、いつものような水上バス。

さて、向かった先はというと・・・ヴェネツィアからずうっと南に下ったところにある、キオッジャ(Chioggia)。イタリア第2の漁港だというこの町で(これは後で知ったのだが)、魚のサグラ(Sagra del pesce)をやっているというので、わざわざここまでやってきた。ヴェネツィア本島から、リド島、ペッレストリーナ島、と、水上バス、ふつうのバスを乗り継いで1時間半ちょっと。
この世の終わりかというほどの雨が降る中、「たどり着いた」キオッジャでは雨も上がり青空が広がっていた。

a0091348_355690.jpg


ヴェネツィアに似た町並み、だが違うのは、停泊しているのが見事にみんな漁船!なのと、運河の通る町の中を車やバスが走っていること。
雨が上がって、夕方の光に反射しているせいだろうか、少々ひなびた雰囲気と漁港独特の空気が、フランスやポルトガルの小さな港町を思わせる。不思議な、軽い異国情緒。

a0091348_373891.jpg


a0091348_381461.jpg


・・・が、今日の目的はなんといってもサグラ。サグラ(Sagra)というのは、ちょっと日本語で適切な訳がないのだが、村祭りと言ったらいいだろうか。例えばヴェネツィアでも、規模の大きい、市単位のお祭りはフェスタ(Festa)と呼ばれるが、教区ごととか、あるいは1つの広場を使って催すお祭りがサグラ。それ以外の地域でいえば、村ごとの、観光目的でない住民のためのお祭りにあたる。屋台が出たり、仮設ステージが組まれて地元のバンドが歌ったり、夏なら花火があったりする。
もう1つは、きのこのサグラとか、サクランボのサグラ、生ハムのサグラ・・・といった、収穫祭に近いものもある。これはもちろん、特産地で、収穫のころにあるのがふつう。とれたて、できたてのおいしいものが、たくさんの屋台で競うように売られ、関連の行事などもあったりするが、この場合は、何より食べるのが中心。

a0091348_393055.jpg


今日は、サグラ・デル・ペッシェ、(Sagra del Pesce)すなわち「魚祭り」だから、一応収穫祭のほうに当たるだろうか。が、雰囲気は完全に、村祭りのそれ。


a0091348_3103623.jpg
魚の骨のような作りをしたキオッジャの背骨、そう長くもないメイン・ストリートに5,6軒、仮設食堂ができている。漁船の旗や、網を使っていろいろ飾り立てた中に、テーブル席がずらり。一通り様子を見ると、セルフ・サービス形式の店、食堂形式の店、いろいろだが、値段はだいたい同じくらい。魚のフライ・ミックス(fritto misto di pesce)で、7-8ユーロ。魚のグリル・ミックスも
だいたい同じがプラス1ユーロ。格安ではないが、レストランなどで食べるのとは違って、席料やパン代、サーヴィスなど余計なものが取られないから、まあまあ安いほうだろう。19:30からというが、そのころにはどこも結構行列し、席もそこそこいっぱいになっている。いい匂いがお腹を刺激する。

a0091348_310363.jpg
どこが1番おいしいのか・・・?行列してることを思うと、どこもそれなりにおいしいに違いない。
なんとなく雰囲気で選んで座ったのだが・・・実はこれが失敗だった。さんざん待たされた挙句、出てきたのは揚げたてアツアツどころか、すっかり冷めきってかたくなったもの。周りを見ても、われわれだけ特別に冷遇されたようにも思えない。すぐ目の前の仮設キッチンで調理しているように見えたのだが・・・直前の嵐が、いろいろと予定を狂わせたのはあるかもしれない。いずれにしても、おそらく手順が悪すぎるのだろう。グリルも全く同様。

a0091348_3125315.jpg

a0091348_3131183.jpg


かなり期待していただけに、残念。
他の店でリベンジ?などと半分本気で物色していたのだが、よくよく見ると、どうも他も似たりよったりのような気がする。・・・規模が大きすぎて、うまく回っていないのだろうか?今日の連れは、もうキオッジャにも何度も来ているラグーナ通。その彼女が、ほかの村祭りのフリットは、揚げたてアツアツでおいしかったというのだから、悔しさもさらに倍増。

うーん、おいしいフリットがどうしても食べたくなってしまった・・・。

アメニモマケズ、遠路はるばるやってきたのに、これ?・・・と、がっかりだったのだが、実は今日の冒険はここでは終わらなかった。
(長くなったので明日に続く)

a0091348_3141971.jpg


13 luglio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-07-14 08:01 | 飲む・食べる
<< 転んでもタダでは起きない!?・... 秘密の特等席 >>