ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

Redentore 2008~橋を渡らねば(なんとなく)終われない

a0091348_46394.jpg


小人はいなかった・・・。
後片付けはどうやら小人の担当じゃないらしい。今朝起きたら、昨夜の雷雨で黄色いぼんぼりはほとんどすべて、みじめに地面にたたきつけれらていた。
橋はすでに一部を片づけられ、多くの舟が運河を行き来していた。

たった2日間のために用意される橋は、全長333m。レデントーレ祭日の当日にあたる昨日の日曜日は、土曜日とうってかわって朝から蒸し暑かった。今にもお天気が崩れそうで、家でうだうだしていたが、やはり1年に1回の機会だからと思い、橋を1往復してきた。

a0091348_3421297.jpg
橋の入口には、由来などを説明した看板。いかだの上に乗った橋だから、足元が微妙に頼りないのを確認しながら前に進む。といってもちろん、沈みそうだとか、吊り橋のような怖さはない。なが~く、全部橋としてつながれている分、ヴェネツィアの水上バス乗り場よりはずっと安定している。



a0091348_3423976.jpg
とはいえ、今日の午後、橋のパーツとパーツをつないでいる金具を落ち、修理のため13時から16:50まで通行止めになっていたらしい。私が出てきたのはちょうどそのあとだったので気がつかなかったが・・・。





a0091348_343883.jpg

真ん中が少し高くなっていて、









a0091348_3444061.jpg

水上バスなどが下を通過・・・











a0091348_3455079.jpg

できるようになっている。













a0091348_3472424.jpg

さて、欄干によりかかるこの女性の視線の先は、というと・・・










ちょうど直前に、レガッタが終わったところだった。レガッタ用の舟、応援の舟でにぎわう水上。

a0091348_3524370.jpg



さて。参道に戻る。

a0091348_3554831.jpg

高くなった真ん中を超えると、急にレデントーレ教会が目の前に迫ってくる。







a0091348_3563058.jpg


a0091348_357577.jpg


中に入ると、ちょうどミサ30分前で、すでに人でいっぱいだった。

a0091348_358417.jpg


ミサはパスして、再び外に出る。階段で高くなっているので、橋がきれいに見渡せる。

a0091348_3584859.jpg



a0091348_3592485.jpg

右奥の大きなクーポラはサルーテ教会。









a0091348_401312.jpg

そのさらに右に、サン・マルコの鐘楼も見えている。










どうにかして橋の全景が横から撮れないものかと、うろうろ。

a0091348_4221838.jpg


a0091348_4225955.jpg


a0091348_4232179.jpg


a0091348_421427.jpg

もう一度、教会の前に戻ってきたときには、ちょうどミサが始まるところだった。










さてと。今年のレデントーレ祭もこれで終了。
橋を渡って、家に帰るとしよう・・・。

a0091348_43696.jpg


a0091348_44676.jpg


a0091348_44294.jpg


21 luglio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-07-22 04:18 | ヴェネツィア
<< 後味 花火!!! レデントーレ2008 >>