ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

老舗の風格、Rosa Salva(ローザ・サルヴァ)

a0091348_018687.jpg


持つべきものは・・・友。それも日本人の。
ここで紹介しているいろいろなお店、実は、日本人の友人・知人から教わったところが多い。なんだろ、ワタクシタチ、ニホンジン、やっぱり一段とおいしいものに目がないんだろうか。

何世紀も前から変わらぬように見えるヴェネツィアでも、もちろん、日々の変化はある。特に、数年住んでいると、新しいお店ができたりする一方で、当然のことながら、お気に入りだったところがお店を畳んだり、そうでなくてもいつのまにか経営が変わってしまっていたりする。
先日のお好み焼きの場で、そんな話になった。
店の主人が亡くなって職場を変わったピッツァ職人、なんとか頑張って続けてほしいパスティッチェリア(pasticceria、お菓子屋)、あそこのチョコレートがおいしかったのに・・・ecc, ecc.(エッチェトラ、エッチェトラ、・・・などなど)。

そんな話の中で、教えてもらったのがここ、老舗のパスティッチェリア、Rosa Salva(ローザ・サルヴァ)。

a0091348_018476.jpg

1軒はリアルト橋からサン・マルコ広場に向かっていく、ブランド・ショップの立ち並ぶ路地、メルチェリーエ(Mercerie)。リアルト側から入ってすぐ、数軒先の左側にある。今まで何度前を通ったことがあるかわららないのに、あまりにもあまりにも観光地すぎて、不覚にも今まで、入ったことがなかった!


入ってみると実は、いかにも地元の人や、そのあたりの勤め帰りの人々が、1口つまみに、あるいは1杯スプリッツをひっかけに来ている。ん、いい感じ!!!1つ1ユーロのお菓子を立ち食いしつつ、カフェを頼む。

a0091348_0193126.jpg


a0091348_0194950.jpg


もう1軒、もう少しサン・マルコ広場近くにあるのだが・・・説明不可能。住所はSan Marco 950なので、興味のある人はぜひ探してみてください。なんというか、広場から1本入った横の道、間口が広いので近づけばすぐわかるはず。

a0091348_020955.jpg

こちらは、やはりなんとなくたどりついてしまった観光客と、お菓子を買いに来た地元の人半々、という感じ。広々としていて、おいてあるものの種類も多い・・・かな。
うーーーん、ホールのケーキもおいしそう~~~。




a0091348_0203898.jpg


ここのピカイチのお勧めは、写真右下の、チョコレート・ケーキ。

a0091348_0211496.jpg


クロッカンティーノ(croccantino、カリカリ)という名は、見た目と一致しないのだが、口にして納得。
a0091348_0215961.jpg

チョコレート・スポンジの間に挟まれた濃厚なチョコレート・ムース、その中が何やらカリカリしている・・・。全体のしっとり感の中の意外性が、不思議な効果を出していて、おいしい!!!





ちなみに、写真左下は、私の後にお店に入ってきた女性が「1番のお気に入り」と言って立ち食いしていた、ザバイヨーネ・クリームのシュークリーム。その上はブディング、右上はおなじみ、フルーツ・タルト。
どれも甘すぎず、しつこすぎず、大きすぎず、◎!

今週から8月いっぱい、いつも愛用のTonoloが夏休みに入ってしまい、どうしようかと思っていたところだったが、これで救われた気分。(もっともここも夏休みに入る可能性もないとはいえないが・・・)

フルーツ・ゼリーやボンボン、またはきれいなパッケージのお菓子も売っているので、おみやげにもよさそう。

a0091348_0223231.jpg


a0091348_0231085.jpg
Rosa Salva

San Marco 950
Tel. 041 5210 544

San Marco 5020
(Mercerie San Salvador)
Tel. 041 5227934

www.rosasalva.it
30 luglio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-07-31 20:16 | 飲む・食べる
<< サン・ポーロ野外劇場 ある通勤の朝 >>