ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

歴史的レガッタ2008

a0091348_6232178.jpg


毎年、第一日曜日に行われるこのお祭りは、たいてい映画祭と重なるため、ここ数年はまともに見学できたことがなかった。今年はカレンダーの関係で映画祭が一足早く終了。
来年から、映画祭もレガッタも日程を変更するという話も出ており、いずれにしてもまたどうなるかわからないから、今年はしっかり見なくては!と、はりきって出かけた。

「歴史的レガッタ」(Ragata storica)と名のついたお祭り、実は大きく2つの部分に分けられる。前半が、歴史行列(Corteo Storico)、昔ながらの舟に、昔の衣装をつけた人々が乗って、サン・マルコ湾からカナル・グランデ(Canal Grande、大運河)を水上行列をするというもの。後半はいわゆるレガッタ、カナル・グランデを漕ぐのは一緒だが、こちらは部門別の真剣勝負。

15世紀末、ヴェネツィア共和国の養女としてキプロス王と結婚したのち、そのキプロス領をヴェネツィアに寄付した、カテリーナ・コルナーロ。この歴史行列は、もともと1489年に行われた、彼女の帰還歓迎行列に由来するという。

a0091348_6265014.jpg
そのためなのだろうか。ドージェ(Doge, 総督)は、Serenissima(セレニッシマ、静謐なる、の意で、ヴェネツィア共和国の別称)と呼ばれる赤い舟には乗らず、その後ろのふつうのゴンドラに夫人とともに乗っている。




a0091348_6245359.jpg
その後ろに続く貴族さまたちも同様。










そして、そのあとにさまざまな豪華な舟たち、変わった舟たちが続く。

a0091348_6291136.jpg


a0091348_6293086.jpg


a0091348_6294858.jpg


a0091348_6284249.jpg
今年に限っての例外は、地元のオリンピック・メダリストたちが、紹介されたこと。つまり、一種の凱旋パレードなのだろう。







a0091348_6313991.jpg
オールを上げるのは、敬礼のしるし。










a0091348_632146.jpg


目で見ていると、ゆったりのんびり進んでいるように見える舟だが、思っているより速いスピードで進んでいて、写真を撮るのが案外難しい。それでも、ほとんどピンボケ、とわかっていながら、ついつい撮り続けてしまう・・・。

a0091348_6331214.jpg


a0091348_6334175.jpg


a0091348_634846.jpg


a0091348_635866.jpg


a0091348_635298.jpg


a0091348_6355077.jpg


a0091348_6361182.jpg


a0091348_6363268.jpg


(レガッタ編に続く)

7 settembre 2008
[PR]
by fumieve | 2008-09-08 08:21 | ヴェネツィア
<< 歴史的レガッタ2008 後編 ヴェネツィア映画祭・13   ... >>