ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

かくれ家オステリア、anice stellato


もうずいぶん長くこのブログをやっている気がするが、まだまだ、紹介しそびれている店がある。
先日のズッカ(La Zucca)は、実は野菜または肉料理のみなのだが、そのズッカの店長が「魚を食べるなら」と一押しなのがこちら、anice stellato(アニチェ・ステッラート)。
ヴェネツィアのいわゆる伝統・名物料理のほか、この店ならではのちょっと変わった料理も楽しめる。

10種類以上ある前菜の中から、迷いに迷ってワタクシが選んだのがこちら、

a0091348_18284795.jpg
ニシカンパチ(ricciola)のサラダ。プリプリのお魚に、ハーブとオイルが和えてある。刻みネギのせいか、白いご飯にも合いそう。







a0091348_18292962.jpg
プリモ(primo, 第一の皿=パスタなど)には迷いなく、魚介のリゾット。こちらは注文が2人前からなので、3人で2人前を頼んで、1/3ずつ分けてもらったもの。2/3人前でも十分満足なボリューム。ちなみに、パスタ類もどれもおいしい。










a0091348_18301316.jpg
そしてセコンド(secondo、第二の皿=メイン)には、定番中の定番、魚介のフリット(fritto、フライ)!!!なんとこれで1人前。








それにしても、女3人の食事というのは、すごくいい。これを3人で1皿、おしゃべりに花を咲かせつつ、つっつく。
そして女3人の次なる選択は・・・3人でデザート2つ!

a0091348_18314484.jpg
シナモンのババロア、赤ワインソース添え









a0091348_18322331.jpg
チョコレート・ケーキのピスタチオ・アイスクリームのせ








2人ではとてもここまで食べられないし、4人だと物足りない。ああ、3人ってすばらしい!

しかもここ、木のテーブルに紙のランチョンマット、と気さくなオステリアのわりに、大きめなテーブルがゆったり置いてあって、いわゆる食堂のぎちぎち・わさわさ感がない。隣とひじがぶつかったり、まわりの大声に悩まされることなく、ゆっくり食事とおしゃべりが楽しめる。今晩も、大きなテーブルに相席だったが、お互いに全く気にならなかった。

主な観光地からはかなり外れているが、おいしいものをリーズナブルに、リラックスしつつ食べたいなら、足をひきずってでも(!?)のばす価値あり。
ゲットー・ヌオーヴォ(Ghetto Nuovo)から、橋を1つ渡って、小さな店が並んで比較的賑やかな河岸(Fondamenta Ormesini)に出て、そこからさらに1本奥にはいった河岸沿い。水上バスの最寄はサンタルヴィーゼ(S.Alvise)。

Anice stellato
Cannaregio 3272 (Fondamenta della Sensa)
Tel. 041 720744(要・予約)
[PR]
by fumieve | 2008-09-25 08:26 | 飲む・食べる
<< イタリア在住、及び旅行中のみな... 「源氏物語 光源氏、ヴェネツィ... >>