ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

第32回 フェスタ・デル・モスト、サンテラズモ島

32° Festa del Mosto, Isola di Sant’Erasmo

やってきました、今年もモストのお祭り。このお祭りについては、去年詳しく説明したのでそちらを参照いただくとして、去年から我ながらまったく学んでいないな~というのは、その計画性のなさ。今年もまた、朝ダラダラと起き上がってから、久々のすっきりと晴れ渡る青空を見て、急遽、やっぱり出かけたくなった。

満員の水上バスに乗って、サンテラズモ島(Isola di S.Erasmo)に着くと、もちろんもう、たくさんの人。すぐに食べるにはあまりにも行列していたので、先にまわりをぐるりと散歩することに。

a0091348_421744.jpg
サンテラズモでは標準仕様、なつかしの三輪トラックに、真っ赤なざくろを並べるお姉さん。その向こうが青い海なのは、サンテラズモならでは。小さいのは1つ50セント、大きいのが1ユーロ。友人がいくつか買ったら、立派なのを1つおまけしてくれた。




a0091348_425517.jpg
実は、サンテラズモ産野菜の即売をやっていることを見込んで、買い物バッグ持参で来た私。だが、美しくケースに並べられたこの野菜たちは、どうやら事前予約制だったらしい。トマトなら5kgという単位だ
から、いくらなんでも、とてもとても・・・。




a0091348_43338.jpg
立派な蜜蝋は、販売用なのか、展示用なのか・・・?後ろに見えているのは、養蜂用のハコ。中にぶんぶんとはちが飛んでいる。







a0091348_44620.jpg
はちみつや果物、それから、アーティチョークやトマト・ソースなど、いかにも自家製な、野菜の瓶詰もあった。










a0091348_45973.jpg
少し行列も落ちついたようなので、並んで食券を買い・・・












プレートを受け取るカウンターへ。去年に比べ比較的待っている人が少ないように思えたのだが、とんでもない。お天気がよくて予測以上に人が来てしまったのか、あきらかに手がまわりきらずに完全にブロック状態。それぞれの食券を受け取って、どんどんプレートを渡していけばいいのに、次々出来上がってくる料理を、さっさと分けて配ることができずに、一方ではカウンターの向こうでどんどん冷めていく皿、一方では、最初から順番などなく、カウンターいっぱいに群がって我先にと頑張る人々、待たされすぎて、わーわーがたがたと騒ぎ始める・・・。

a0091348_455098.jpg


レストランで働く同行の友人は、「あそこと・・あそこが、うまく回ってない。ここをこうして、こうしなきゃ」と、プロの目からやきもき。いやほんと、あなたがカウンターの向こうでキリキリと仕切っている様子が目に浮かぶよう・・・(笑)。
まわりが2時間も待たされている!!!と騒いでいるので、ほんと?とびっくりしたが、どうやら2時間(do ore)というのはヴェネツィア語で、「たくさん、長い」という意味らしい。混乱の中で学ぶイタリア・・・いや、ヴェネツィア語・・・。
ようやく私たちが受け取ったのは、結局1時間ぐらい待ったのだろうか?
待たされきって、空腹が極まって食べるグリル・ミックスはやっぱり、おいしい。

a0091348_463249.jpg


あまーい、まだまだワインとはいえない、アルコール入りジュースのようなモスト(mosto)を飲みながら、ようやく、まったりゆったりとした日曜日の午後。

a0091348_465448.jpg


そして、裏へまわって、まだまだ次々に肉を炭火で焼いている現場をのぞき見。じーっと眺めていたら、ひもじく見えたのだろうか?・・・大量の肉を業務用のフォークで1つ1つ裏返していたおじさん、なんとその網の上から、スペアリブを1本、フォークにさして、こちらに・・・ひょい。「アツイよ!気をつけて!!!」・・・え!!!わーい、いただきまあ~す!
実はさっき1つ食べたばかりだが、こちら焼きたても焼きたてでめちゃくちゃおいしい。

ああ~さっき、混乱のまっただ中にいたときには、もうこれっきり来ないかも・・・と思ったりしていたが、前言撤回。こんなラッキーなことがあると、やっぱり楽しい~~~。
「ワインもいる?」いえいえ~、私たちも手元にまださっきのがありますから~。
食べ終わってからもしばらく眺めていたら、「まだほしいのか?」いえいえ、もう結構でございます~。で、カメラで「撮ってくれ」と言われたのがこのシーン。

a0091348_474663.jpg


いつの間にか、ベビーカーや子供連れ、自転車やスクーターが増えてきた。日が傾いてきて、ヨソモノが帰り始める今からが、ほんとうの地元の人たちのお祭りなのだろう。

a0091348_491911.jpg


a0091348_4102933.jpg


ヨソモノは、消化促進・酔いざましに、水上バスの次の停留所めざして散歩。

畑と民家しかない、ヴェネツィアとは全く違う風景。

a0091348_495416.jpg


a0091348_412045.jpg
大きな実をたくさんつけた、柿の巨木。












a0091348_4123028.jpg
そしてもちろん、ブドウ畑。種類によっては、まだ収穫していないものもあるらしい。







a0091348_413788.jpg
それから、さっきも袋詰めで即売していた、ナツメ。初めて見たが、ブドウのように房状にたくさんつり下がっている。







a0091348_4141756.jpg
で、これは何でしょう・・・?










ダリアのような大きなこの黄色い花、実はひまわり!満開のときに、真ん中の種の部分が見えないひまわり、これも初めて見た!

a0091348_4145386.jpg


a0091348_416319.jpg
やっぱり、たわわに実ったりんご。下にたくさん落ちてて、もったいない・・・。








いつも水に沈む夕日に見慣れていると、畑の向こうに沈む夕日も新鮮。

a0091348_4163137.jpg


停留所に着くと、ちょうどヴェネツィア行きの水上バスがやってきた。30分ほどの帰路、思わず中で、zzz...ああ、シアワセのひととき・・・。

a0091348_417468.jpg


5 ottobre 2008
[PR]
by fumieve | 2008-10-06 08:57 | 飲む・食べる
<< オペラとの出会い~「キューピッ... 市山あいさん(ピアノ) 卒業演奏会 >>