ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ヴェネツィアの水

a0091348_2219369.jpg


昨日の雪は午前中ですぐにやんで、午後からは晴れ間も見え始めていた。積もるほどは降っていないのに、昨日の午後歩いていたらそこここに雪の残骸があって、その前日にも降ったのかと聞いたら、なんと元旦に降った雪がまだ残っているという。
・・・寒いと思った・・・。
もっとも、ミラノやトリノでは大雪が降って学校なども休みになっている、とニュースでやっていて、ミラノの友人に電話してみたら、それはもう「ここは北欧?」という状態らしい。この週末はお天気が回復する予報なものの、気温は下がり、積もった雪が凍るから注意、としきりにテレビでやっている。

今日のヴェネツィアは、朝から雲ひとつない青空。ただし、空気がものすごく冷たい。

クリスマス休暇明け+厳寒のため、人のめっきり少ないヴェネツィア、サン・マルコ広場に行ってみると、大聖堂の大きなクーポラの向こうに、月が透けて見えている。

もう少し近寄って見よう・・・と広場を歩いていたら・・・

a0091348_2220168.jpg


水たまりが凍っていた!!!・・・嘘みたい。

広場の中で、行きつ戻りつ写真を撮っていたら、観光客と間違えられて、「撮りましょうか?」と声をかけられた。断りつつ・・・そのまま話しかけられて、「そういえば知ってるかい?」と教えてもらったのが、広場内にある、ヴェネツィア最初の上水道の跡。
広場真ん中より後ろ寄り、よーく見ると、2重にひかれた円がある。1884年6月、ヴェネツィア本土側、ドーロ(Dolo)近郊、ブレンタ川からひかれた水道が最初に届いたのがここ、サン・マルコ広場で、この円がその場所なのだそう。海に浮かぶ島、ヴェネツィアでは、それまで水は雨水を浄化して溜める井戸のみがたよりだったから、近代的水道の到着を盛大に祝ったという。

a0091348_22211781.jpg


中央には、POZZO INTERRATO NEL SECOLO XVII...(17? 世紀に埋めた井戸)との表記。1884年なら19世紀だから、XIXとなるはずで、Iが1つ消えかかっていたとしてもXVIIIなら18世紀・・・これはちょっと合わない。その前にあった井戸のことなのだろうか・・・。

a0091348_2222261.jpg


ちなみに、ヴェオリア・ウォーター・ジャパン社のサイト(http://www.veoliawater.jp/) で見つけた写真が以下のもの。

a0091348_22223018.jpg


実は、ざっと調べてみたのだが、あまり詳しいことはよくわからなかった。何かご存知の方があれば、間違いの指摘など含め、ぜひお知らせください。

9 gennaio 2009
[PR]
by fumieve | 2009-01-10 20:15 | ヴェネツィア
<< 冬の掘り出し物 ヴェネツィアに帰ってきたら・・・ >>