ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ロンドンで(も、やっぱり)食べる~番外編

a0091348_20162214.jpg


今日、体重計を買った。
ともかく一番安いのを買おう、と思っていたが、数ユーロの違いだったので、体脂肪が測れるタイプのものにした。性別、身長、年齢を登録しておくと、体重を測るついでに体脂肪と体内水分量(?)を算出してくれる。
さっそくやってみると、体重は(おそろしい数値ながら)ほぼ予想通り(日本の自宅で測っていたから)。で、体脂肪が・・・

41%!?!?!?

よんじゅういち???・・・て、体の半分近くが脂肪ってこと???
確かに、若いころから無筋多脂肪体質の私は、一見やせているときでも体脂肪が30%近かったのだが・・・それにしても41???????
解説書の表でも、完全に「肥満」の枠に入っている。

・・・シャワーをして、測り直したら31%になっていた。・・・なんだ・・・単に足がアブラ症?・・・だったのか???
まあともかく、「やや肥満」枠に格上げされた。あ~よかった。
・・・と、喜んでいる場合ではなく、やはりちょっとやせよう。

さて、いくら食いしん坊な私でも、ロンドン滞在中、まさか毎食フォートナム&メイソンで食事をしていたわけではない。

ロンドンで何を食べるか?
まず、譲れないのが朝食。ふだん、朝はカフェラテとヨーグルトを無理やり食べるだけ、朝は甘いものを食べたい私も、英国ではやはりイングリッシュ・ブレックファストを食べねばならぬ。それで、コンチネンタルやブッフェでなく、あくまでもこれを出すホテル(B&B)にこだわった。ふだん、卵4個パックを買って、賞味期限内に使いきれないことのある私は、2日間で、卵を2週間分はゆうに食べた感じ。

昼、夜は、1回がF&M、もう1回が友人に連れていってもらった、おいしい中華!(ただし、痛恨の写真なし。)
あとはやっぱり、時間の問題もあってコンビニやイートインカフェ(というんだろうか?)、チェーン店のサンドイッチでお茶を濁すことになった。
実は、数年前に友人に教えてもらった、シンガポールのLaksa(ラクサ)という一種のラーメンが忘れられなくて、絶対に食べよう!!!と私にしてはめずらしく、事前にお店を調べたりして行ったのだが、今回は残念ながら断念。また次回行くことにしよう・・・。

今回、往復で違う航空会社だったのだが、帰りの英国航空では・・・ばーん!

a0091348_20174587.jpg


やっぱりサンドイッチ!!!このくらい期待通りだと、なんだか嬉しい。が、紅茶を受け取るのも一苦労、なくらい大揺れに揺れている中で、写真を撮るのも大変。やむなくフラッシュつき。
・・・で、なんと、ちゃんと半分はツナ、半分はハム&チーズだった。

a0091348_2019666.jpg


ちなみに、ヴェネツィアの空港のバールには、カーニバルのお菓子、フリッテッラ(frittella)があった。この時期だけのものなので、市内で食べ損なった方は、ご出発前にどうぞ。

a0091348_20225149.jpg


26 gennaio 2009
[PR]
by fumieve | 2009-01-27 20:11 | 異国の旅
<< イタリアに日本人科学捜査員誕生!? ヴェネツィアおさらい >>