ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ヴェネツィアで今一番の話題といえば・・・「アッラ・バジリカ」

a0091348_7515183.jpg


サン・マルコ広場からドゥカーレ館(Palazzo Ducale)の横を通って、橋をわたってすぐの路地を入る。「サン・マルコ大聖堂」裏、といっていいこの場所に、教会直営のレストランが誕生した。
せっかくヴェネツィアに(聖堂)観光に来る観光客たちに「ゆっくり座って、温かいものを安心して食べられる場所を提供したかった」と宣言するだけあって、プリモ(primo piatto、パスタまたはスープ)、セコンド(secondo piatto、メイン)に水0.5リットル、パン、サービス込みでわずか13ユーロというのが売り。
事前に、テレビや新聞で相当宣伝、もとい、記事になっていたので、友人を誘ってさっそく行ってみた。
昨日、2月2日(月)の初日は、あいにくの雨。12時ちょっと過ぎに着くと、なんと、一番乗り~~~!店員にずらりと並んで出迎えられてしまった。
入口の、モダンでおしゃれな感じに対して、中は一応クロスのかかったテーブル、比較的ゆったりした椅子だが、飾りもそっけもない白壁にタイルの床は、ちょっと修道院食堂っぽい。そして、私たちのすぐ後に入ってきたのは・・・どう見ても、大聖堂やドゥカーレ館で働く、工事現場のおじさんたち。・・・そして、警備員や、教会の事務職員たち・・・。なるほど、職人や職員のまかない食堂も兼ねているらしい。
が、その合間に、いかにもヴェネツィアの住民、「ニュースを見てきてみました」風の人々もちらほら。いつの間にか、テーブルもいっぱいになっていた。

a0091348_7523981.jpg


私はプリモに「きのことサルシッチャ(粗びきソーセージ)のフジッリ」を選んだのだが、これがどうも、現場のおじさんたちと同じものを頼んでしまったらしく、ものすごい量!

a0091348_755893.jpg


自宅で、「あ、ちょっと手がすべってパスタをたくさん茹で過ぎちゃった」という時より多い。
一方、友人のほうは、クレスペッレ(Crespelle)。これはラザニアのようなものだが、ラザニアのパスタの代わりに、クレープを使ったもので、一手間かかった「冬のご馳走」。フジッリよりはいいが、それでも、ふつうの倍くらいはありそう。

a0091348_7555352.jpg


メインは、友人が定番の魚介のミックス・フライを頼んだので、

a0091348_7564958.jpg


私は豚肉にしてみたのだが、これがまたすごい大きさ!!!プラス、付け合わせのグリーンピースも、1缶まるまる?っていうほどの量。

a0091348_757367.jpg


これだけでも13ユーロじゃふつう、食べられないでしょ?というボリューム。肉も豆も、1週間分くらいあるかも・・・といいつつ、もちろん、全部平らげる私もすごい。ああ、ダイエット計画はどこへ・・・。

さて、肝心のお味はというと、プリモは、「まあこの値段ならこんなものか」というところ。セコンドは、量もすごいが、味も悪くない。

今日、2月3日付けの新聞にもさっそく、オープニングの様子が記事になっていたが、その記事の中に、「日本人が2人いた」とあったが、それはまさに私たち。(笑)
そして、記事によると、13:30に入った人は、オーダーをとってもらうのに30分近くかかったとか。確かに、あまり手際がよくなかったから、混んできたらそれもあるだろう、と思った。もっとも、ヴェネツィアで繁忙期は、ふつうのレストランだってそういうこともある。

お勧めかどうか、というと、まあなんにしても、この立地、このボリュームで13ユーロは安い。あとはともかく、「話題」というところか・・・。
観光で朝早くからたくさん歩いて、お昼もガッツリ食べたい、という人にはいいかも。あるいは、13ユーロのセットにせずに、プリモまたはセコンドを単品で頼んで、場合によってはアンティパストかデザートを追加する、というくらいがちょうどよさそう。

現在のところ、お昼のみ。夜は、まとまった人数のグループのみ、予約を受け付ける、とのこと。

a0091348_7581083.jpg


Alla Basilica
Castello 4255-4260 (Calle Albanesi)
Tel. 041 5220524


3 febbraio 2009
[PR]
by fumieve | 2009-02-04 08:00 | 飲む・食べる
<< なるように (高い!と言われる)ヴェネツィ... >>