ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カルネヴァーレ2009、待ってました!Fritoin Express

a0091348_2091735.jpg


目指すはグーリエ橋(Ponte delle Guglie)。
近づくと、たもとから橋にかけて、すでにものすごいたくさんの人が群がっていた。

a0091348_20131343.jpg


飾りつけの緑が日にさらされてちょっとしなびかかった(笑)木造の舟の上には、働く男二人と、大鍋が三つ。さて、何でしょう?

a0091348_20124596.jpg


フリトイン・エクスプレス、フリトイン(fritoin)はヴェネツィア語で、(魚介)のフライ屋、みたいな意味。もちろん、fritto(フリット、フライの意)の派生語だが、対応するイタリア語はたぶん存在しない。

a0091348_20121993.jpg


交通量の多い運河。水上バスが通るたびに、舟は大きくぐらぐら揺れる。

人気レストランで長くシェフをやっていたマウリツィオさんが、何かイヴェントとなると船でフリットの屋台をしつらえて現れる、という噂を聞いたことがあった。いつかお目にかかりたい・・・いや、ぜひとも賞味したい・・・と思っていたら、今回、とうとうカルネヴァーレの公式イヴェントとして登場、公式プログラムにも堂々掲載されている。

a0091348_20113094.jpg


なにしろ人出の多い今年のカルネヴァーレ、週末の行列は覚悟で突撃。
マウリツィオさんの、サクサク・フリットのこつは、新しい油を惜しみなく使った2度揚げだそう。

a0091348_20105442.jpg


45分くらい待って、ようやく揚げたてアツアツにありついた。くるくるっと巻いた紙に、香ばしい魚たちを惜しみなくどっさり入れてくれる。

a0091348_20102814.jpg


本日の具は、小エビ、いか、イカゲソに小イワシ。片手にフリットの紙筒、もう片手になみなみのワインを受け取って完全に手がふさがってしまったため、残念ながらこれ以降写真なし。
カルネヴァーレ期間中毎日。週末はともかく、平日はすいているらしいので、時間のあるかたはぜひ!

a0091348_2010242.jpg


21 febbraio 2009
[PR]
by fumieve | 2009-02-22 09:05 | 飲む・食べる
<< カルネヴァーレ2009、水上散歩 カルネヴァーレ2009、メルカ... >>