ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

定番中の定番、オステリア・アル・ポルテゴ

a0091348_214173.jpg


当たり前すぎて、かえってあらためて紹介しづらい場所、というのもある。
リアルト橋(サン・マルコ側)前の広場、サン・マルコ方向へ向かって1番左の道を入って、1度橋を渡ってからすぐに左。これもお勧め、おいしいお菓子屋Ponte delle Pasteの入口がくっついた橋を渡って正面の「ポルテゴ(Portego)」。

a0091348_2195369.jpg


店の中も、店の横の小さな広場も、いったい何ごと?というくらい常にいっぱいになる。
いろいろなガイドにも載っているから、観光客もやってくるけれども、立ち飲み・立ち食いのほとんどは地元の人や、特に学生たち。

a0091348_2161943.jpg


その秘密の第一は、ヴェネツィア・チケーティ(cicheti、おつまみ)の種類の多さ。まずは、定番の揚げ物の、その豊富なこと!ちなみに、ワイン・リストのようなこちら、実は揚げ物リスト!

a0091348_217246.jpg


いい時間にいくと、ほんとに人がいっぱいで写真どころではないから(そういう写真もそれはそれで撮りたいのだが)、今日はまだ開店したてのところを狙って行ったら、揚げたてホヤホヤのポルペッタ・ディ・カルネ(polpetta di carne, 肉団子フライ)の一段とおいしいこと!!!あまりのおいしさに、つい、オリーヴェ・アスコラーネ(Olive ascolane、オリーブの詰め物フライ)が出来上がるのも待って、それもいただいてしまった。

a0091348_21122221.jpg


ちなみに、ここは全体に塩気の多めな味付け。上品さからはほど遠い、いかにも、飲み屋のおつまみ!って味なのだが、それがまたいい。
ほかにも、オープン・サンドやミニ・パニーノ、それに魚介の前菜類、マリネ・サラダなども充実。ラザニアやリゾットなども立ち食いでもOK。

a0091348_21153138.jpg


そして、これはヴェネツィアのふつうのバーカロ(bacaro、立ち飲み屋)ならだいたい同じなのだが、グラス・ワイン1杯0.80ユーロというお手軽さ。小さいグラスとはいえ、カフェ1杯立ち飲みと同じ値段で、・・・それなら飲むでしょ、・・・ってワケでもないか(笑)。

a0091348_2111746.jpg


そして何より、その居心地のよさ。わいわいがさがさ、ぎゅうぎゅうになっていたりするけど、なぜかくつろげる。

奥のテーブル席はセルフ・サービスではないので、ご注意。ただ、おつまみを適当に見つくろってから、ゆっくり座って、ここで落ち着いて食べるのもいい。もちろん、パスタやメインもおいしい。

a0091348_21112243.jpg


Osteria al Portego
Castello 6015 (calle de la Malvasia)
Tel. 041 5229038

14 marzo 2009
[PR]
by fumieve | 2009-03-15 21:19 | 飲む・食べる
<< 晩鐘のオルガン~サン・マルコ大聖堂 「エチオピア正教の聖と美」展 >>