ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

今は昔・・・サン・セルヴォロ島

a0091348_521770.jpg


Isola di San Servolo

夏休みの日曜日午後のヴェネツィア。
照りつける太陽にも関わらず、サン・マルコ広場周辺は観光客であふれかえっていた。
やはり人のごったがえすサン・マルコ湾、サン・ザッカリア(San Zaccaria)の停留所から水上バスで10分足らず。対岸の喧騒が嘘のような、静かな水上庭園がある。

a0091348_535728.jpg


サン・セルヴォロ島(Isola di San Servolo)。
元修道院、前世紀には精神隔離病棟に利用された歴史を経て、現在は、ヴェネツィア県(Provincia di Venezia)が管理し、国際会議場や宿泊施設などがあるほか、ヴェネツィア大学や早稲田大学など複数の大学で構成する、ヴェネツィア国際大学(Venice International University)の本部もここにある。
もちろん、かつての面影はまったくなく、すっかり新しいきれいな施設になっている。

a0091348_5659100.jpg


1年前に来たときには、そういえば蒸し暑くて、座っていてもじっとり汗がにじんでくるようだった。今日はサワヤカで、さすがに日差しは強いが、正真正銘、四方八方海に囲まれた小さな島は、風が吹き抜けていて、日陰はタンクトップではちょっと肩がひんやりするくらい。

a0091348_591922.jpg


ぐるりと回っても30分もかからない小さな島、散歩中に出会ったのは、水上バスで一緒になった老夫妻、やはり修道院だったサン・ラッザロ島(Isola di San Lazzaro d’Armeni)と、その向こうのリド島を見渡すテラスに座っていた親子連れ。あとはバールのおじさんと、バールのテラスで休んでいた数人のみ。

a0091348_510922.jpg


・・・で・・・この人、いや、ネコたちもこの通りの無防備ぶり。

a0091348_5105536.jpg


a0091348_5151644.jpg


あ、ここにももう一人・・・でなく一ネコ・・・。

a0091348_5122029.jpg


・・・と思ったら・・・もっさりと起き上がってきて・・・ちょっとお~・・・ヒト(ネコですが)がいい気分でお昼寝してたのに、じゃましないでよーアンタ!・・・みたいなすごい顔。

a0091348_5124328.jpg


そしてなぜか、リド島を正面にして、まるでリゾート・ビーチの飛び込み台みたいなテラスがいつの間にかできていた。

a0091348_516525.jpg


a0091348_5163398.jpg


a0091348_5173356.jpg


実際は、そのすぐ向こうに島自体を取り囲む塀があって、飛びこめないのであしからず。

a0091348_518549.jpg


そう、いくら美しい海に囲まれた緑の楽園のようでも、この島はかつて、町から隔離される必要のある人のために存在した。修道院であれ、そしてまた精神病棟であれ。

a0091348_5204381.jpg


だが、こうして、すぐ目の前に、実際は手の届かない「町」が見えている、というのは、いったいどういう気分だったのだろう?見て、溜息をついていたのだろうか?いっそ見えないほうがいい、と思うことはなかっただろうか?

a0091348_5214051.jpg


今はすっかり静かな正面のサン・マルコ湾も、かつては、1年中、大きな船がいくつも出入りして賑わっていたはず。
この海の風景が、少しは慰めになったのだろうか?・・・それとも、今はただ、美しく見えるだけの水も、それこそが彼らの行く手と希望を阻む、最大の敵だったのかもしれない。

a0091348_5245767.jpg


そんなことも考えながら、アツすぎるヴェネツィアを対岸から眺めてみるのも、たまにはいい。

a0091348_5283523.jpg


今日は時間が遅くてもう閉まっていたが、興味のある方には、「精神病棟博物館」もある。

a0091348_5262081.jpg


26 luglio 2009
[PR]
by fumieve | 2009-07-27 05:29 | ヴェネツィア
<< ビエンナーレ・18~町中編13... モナ・ハトゥム Interio... >>