ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

続・ロカルノ国際映画祭・・・など

a0091348_19561626.jpg


今朝、目が覚めると、昨日のちょっと頼りなさげな空と違って、ピッカピカの青空になっていた。

a0091348_19593391.jpg


湖に浮かぶ、ちょっとレトロな車型のパタパタ・ボート(正式にはなんというのか、足でパタパタ漕ぐボート)、うーん、楽しそ~う!!!うらやましい・・・。

a0091348_195797.jpg


さすがにリゾート地らしく、湖畔には子どものための公園があったり、そういう楽しい乗り物にもこと欠かず、町の中には水色の汽車ぽっぽも走っていた。(なぜか写真撮りそこね・・・涙)

でも、びっくりしたのは・・・このレンタル自転車。

a0091348_19582786.jpg


ロカルノ映画祭は、最高賞が「金豹賞」と呼ばれ、シンボルが豹なので、町のあちこちが豹柄になっているのだが、まさかここまで徹底してるとは。

こんなお天気なのに、昼間から映画っていうのもどうかと思ったりしつつ、「映画スペース」(Spazio Cinema)という会場に向かったら、なんとこんなところ!

a0091348_2014848.jpg


その会場では今朝、ガンダムの富野監督、「マクロス」などの板野一郎監督、そして日本アニメ研究者の津堅信之さんによる”Master Class”なるものが行われた。マスター・クラスとは何ぞや?と思ったが、要するに監督方とファンとの対話コーナー。入場券も何もいらない、見ての通りの名実ともにオープンなスペースで、シンポジウムでも講演会でもなく、ファンたちが自由に質問を投げかけるというもの。
なかなかコアなファンたちがマニアックな質問(とはいえ、シロウトな私もなんとかついていける程度の)をしたりして、みなが満足するまで結局1時間半くらいいろいろな話で盛り上がった。

a0091348_2023893.jpg


写真は、ピンクのシャツの方が富野監督。その隣が通訳さん、そのさらに右が板野監督。津堅さんは残念ながら顔が隠れてしまった・・・すみません。

何のグループなのか、ちょうど終わるころにやってきて、監督のサインをねだる子どもたち。

a0091348_2032893.jpg


余談だが、ここにはTommino(トミーノ)というチーズがあるらしい(笑)。

a0091348_204278.jpg


さて、午後の時間が中途半端になってしまった私が、映画祭をよそに向かった先は・・・
ケーブルカー。
高いところ大好き&こういうミニな乗り物大好きな私にとって、ケーブルカーの存在はやはり見逃すわけにはいかない。
帰りの時間を確かめて、とりあえずGO!

a0091348_2045164.jpg


結構きついカーブの細道を抜けて、・・・わくわく・・・
こちら「みはらし(Belvedere)」という名の途中駅(ホテルの名前かもしれない)。

a0091348_2054897.jpg


わ~い、湖が見えてきた~~~

a0091348_2063336.jpg


再びカーブを抜けて・・・
到着したのは、Orselina(オルセリーナ)、標高295m。

a0091348_2071737.jpg


しかし、私の野望はまだまだ。ここからさらにロープウエーがあって、一気に1340mのところまで行けるらしい。今日は無理とあきらめていたのだが、こちらも帰りの時間をよくよく確め・・・行ける!?行っちゃう?こんなお天気だし・・・?えい、GO!!!

a0091348_2091436.jpg


・・・とあっという間に機上ならぬ、空中の人に。

a0091348_2095975.jpg


これが、とくに柱を越えるところで、思っている以上にぐらんぐらん揺れる。夕方になってから上に上る人は少なく、乗り合わせたのはエミリア・ロマーニャ地方からきたという女性3人組だけだったのだが、きゃあきゃあと大はしゃぎ。

a0091348_20103776.jpg


a0091348_20112462.jpg


そして着いたのは、Cardanda(カルダーダ)、標高1360m。

a0091348_20125269.jpg


a0091348_20134528.jpg


さすがに、涼し~~~い!!!気温22℃、湿度も25%くらい。
ほんとは、ここからちょっとしたトレッキング・コースになっているのと、さらにリフトに乗って1671mのところまで行けるらしいのだが、残念ながら今日はタイムアウト。次にやってきたロープウェー(「ゴンドラ」といいますね?そういえば日本語で)に乗って、下界へと戻った。

a0091348_20143422.jpg


(しかし昨日からガンダムを見ていたせいか、いろいろなものがロボットに見えて困った・・・)

a0091348_20153841.jpg


a0091348_20163131.jpg


a0091348_20171572.jpg


モダンなロープウエーに対して、ケーブルカーはいかにもなのがカワイイ。

a0091348_20192196.jpg


a0091348_2020937.jpg


ちなみに、ここロカルノはスイスでもイタリア語圏で、現地の人はイタリア語で話しているし、標識や看板などの表示もイタリア語。だからあまり外国に来た気がしないのだが、通貨はスイス・フラン。でもさすがに地理的にもイタリアに接している観光地だけあって、たいていのところではユーロで支払いができた。驚くべきことに、ケーブルカーやロープウエーのチケットまで。ただ、ユーロはお札のみ受け入れる、とか、お釣りはフラン(イタリア語では複数形でfranchi, フランキ)でくれるなど、店によって対応も違うので、細かいことが気になる人は、最初から両替したほうがいいと思う。

a0091348_20203887.jpg


11 agosto 2009
[PR]
by fumieve | 2009-08-12 18:53 | 異国の旅
<< 人生狂ってばかり マッジョーレ湖畔にて~ロカルノ... >>