ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

まだまだ!?ビエンナーレ・21~町中編16、チェルトーザ島

a0091348_17301642.jpg


並行展:John Gerrard “Animated Scene”, La Città Ideale
その他:naturasnaruran


先日、国別の紹介を終えて、ビエンナーレも一段落した気がしたが、実際は、並行展やいわゆる公認でない展覧会なども数え上げれば、まだまだ見ていないところはたくさんある。

ヴェネツィア本島のほぼ東端、サン・ピエトロ教会からさらに東へ250m弱のところにある、チェルトーザ島(Isola di Certosa)。
もともとは運河をはさむ2つの島から成っていたこの島は、1199年にアゴスティーノ会修道院とその教会を建設するため、運河を埋められて1つの島となった。1419年にアゴスティーノ会がこの地を放棄したあと、1424年からは、カルトゥジオ会(Padri Certosini)の修道院となった。
1806年、ナポレオンがヴェネツィア占領時に施行した宗教施設の強制撤廃を免れず、修道会解散のほか、美術品などはすべて接収されたあと、軍用地として利用された。
その後は、イタリア軍の射撃練習場などになっていたが、それも1960年前後に次々に施設が閉鎖され、廃墟化が進んだ。1968年の歴史的なアックア・アルタでは、それまで唯一残っていた16世紀の建物も被害を免れることができなかった。
再開発への動きが始まったのは1985年。
それも、町の一部として具体的に機能し始めるのは今世紀に入ってからで、現在はVeneto di Veneziaというプロ・アマの集う海洋愛好会の本部があるほか、2007年には著名なデザイン学校IEDのヴェネツィア校(www.ied.it/Network/Venezia/ )もオープンした。
www.parcolagunavenezia.it/certosa 抜粋要約+補足)

どんなところか一度は見に行こうと思いつつ、今日になってしまった。
水上バスに乗って、着いたところは、長―――い橋の手前。水上バスのすべての停留所の中で、もっとも島(目的地)から離れた停留所であることに間違いない。
いかだ式のぶらぶら揺れる橋を渡り終えて振り返ると、その橋の向こうにサン・ピエトロの鐘楼と、スタジアムが見える。

a0091348_17322937.jpg


前述の、Veneto di VeneziaとIEDの看板のある入口を入ると、いきなりビエンナーレの展示が目に入る。

a0091348_17335273.jpg


左手に、John Gerrardの “Animated Scene”。だが、3D映写のインスタレーションであるはずの作品は、どこにどう展示されているのか、よくわからなかった。こういうのが、屋外展示(でかつ誰もいないところ)の困ったところ。

a0091348_1736770.jpg


一方、右手はLa Città Ideale(理想都市)展。

a0091348_17344060.jpg


手前にある氷を積み上げたような作品は、Shan Shan ShengによるIl Progetto della Muraglia aperta – Venezia(長城開城プロジェクト)。これは、ガラスのブロック2,208個から成っているが、それは、実際の長城が建造されてから今までの年数(中国陰暦?)を表している。

a0091348_1737158.jpg


ブロック1つ1つに、年号を表していると思われる文字と、活字体で作家の名前とMURANOという文字が入っているから、どうやらムラーノ島で作ったガラスらしい。確かに、一見同一に見えるガラスのブロックは、よく見ると中に微妙に色が散っていたりして、それが全体で不思議な効果を生み出している。

a0091348_17392487.jpg


奥にある小さな建物では、ビエンナーレ公認展ではないが、やはり現代作家による小さな美術展、naturasnaturanが開かれていた。写真家の伊島薫さんや、ミラノ在住の彫刻家・永沢英俊さん(だと思うが・・・)の’80年代の絵画作品も展示されていた。

a0091348_17404247.jpg


a0091348_1740131.jpg


ヴェネツィア本島からすぐそこのチェルトーザ島には、ムラーノ島に行くときにも利用する水上バスの41, 42番で行くことができる。

a0091348_17413636.jpg


だが、ちょっと不便な気がするために寄る人が少なかったのだろうか、ビエンナーレ見学のための特別路線が期間限定・土休日限定で登場した。
ジャルディーニ(Giardini)~チェルトーザ島(Certosa)~サンテラズモ トッレ・マッシミリアーノ(Sant’Erasmo Torre Massimiliano)~トルチェッロ(Torcello)で、ジャルディーニを11:30, 13:30, 15:30, 17:30発、トルチェッロを12:30, 14:30, 16:30, 18:30発。ビエンナーレ専用というわけではなく、ふつうの水上バス・チケットで誰でも利用可能。ただし10月25日までの週末のみ。


実は今日は、チェルトーザのあとサンテラズモまで行くつもりでいたが、照りつける太陽のあまりの暑さに2時間後の水上バスまで待てず、ヴェネツィアに引き返してしまった。

a0091348_17433245.jpg


16 agosto 2009
[PR]
by fumieve | 2009-08-17 08:26 | ビエンナーレ2009
<< ・・・残暑・・・ 聖母被昇天の祭日、トルチェッロ島にて >>