ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

オランダで(も)食べるシアワセ

a0091348_23414960.jpg


電車で走ると、ひたすら緑の平原の中に牛と羊がたくさん見えるオランダは、チーズなどは有名だが、これがオランダ料理!というのが特にないらしい。

a0091348_23424294.jpg


最初の晩、オーイシュコットで適当に入ったビアホールというのか、ビール屋では、オランダ語のメニューが全く読めず、「何か肉料理で温かいもの」を頼んだところ、出てきたのがこれ。どうみても中華料理の肉野菜炒めみたいなもの、味付けはシンプルな塩コショウだが、ちゃんとその場で作った味、むしろ家のお惣菜みたいでおいしい。ただし、その量の多いこと。どう考えても3人前?と思うほどある上に、自動的にフライドポテトがついてきて、これもまた3人前くらいある。
悪いけど、ポテトはほとんど残そう・・・と思っていたのに、つまんでいるうちについつい食が進んでしまったのは、そのポテトにうっすらとカレー粉がかかっていたため。フライドポテトをそんな風にして食べたのは初めてだが、これがなんともおつまみのツボをついていておいしい。つい、ビールをお代わりしてまで食べ続けてしまった。

オーイシュコットで泊ったホテル、どちらかというとホテル付きレストランという感じのところだったが、ここの朝食は見てビックリのフル・ブレックファスト。そういえば、昨日、朝食の時間をわざわざ聞かれたけど・・・。

a0091348_23433792.jpg


最近はイタリアでは、三ツ星、四ツ星クラスだとたいてい朝食はビュッフェ形式で、それはそれで、朝食だけはあんまり食べられない私は、好きなものだけよっていただけるからありがたいのだが、こうきちんとサービスされると、ではちゃんと食べなくては!という気分に。
ふだん、朝は絶対に塩味のものは食べたくない・食べられないのだが、いい具合に温められたいろいろな種類のパンに、チーズとハムと卵をはさんでもりもりといただいた。

オーイシュコットで気になって、買ってこようと思って忘れてしまったのがこれ。

a0091348_23443265.jpg


見た目は北海道バター飴みたいな感じ、実はハッカ飴で、食感もバター飴よりもっとずっとソフトで、最初から歯で噛めるくらい。野菜炒めのビアホールにも、ホテルにも、カウンターに「ご自由にお取りください」状態でおいてあったのだが、アムステルダムでは見かけなかった。

その、たどりついたアムステルダムで、ついフラフラと引き寄せられてしまったのが、ファーストフード焼きそば。まず、麺を選び(卵麺、白い麺、ビーフン、「ウドン」、ご飯、など)、具を選び(鶏、牛、マッシュルーム、トーフ、パイナップル!、など)、ソース(テリヤキ、カレー、ホット、ガーリック、など)を選ぶ。オーダーに従って、ちゃんと中華鍋でざっざっざっと調理して、はい出来上がり。基本はお持ち帰り用なので、店内のカウンターでイートインでも、縦長のボックスに入って出てくる。

a0091348_23453421.jpg


私のチョイスは、卵麺+えび+ハクサイ+オイスター・ソースで、8.4ユーロ。うわ!高っつ!と思ったが、全体の味よし、具もたっぷり、とくにプリプリの小エビがこれでもか、これでもか、というほど入っていて、これなら納得。(ちなみに一番安い組み合わせなら5ユーロ台)
ローマのテルミニ駅の地下に、見た目はちょっとおしゃれで、こういうボックス入りの焼きそばの店があったけど、あの、ほんとに紙を食べているかのような味気なさに比べるとこちらはボックス入りながらちゃんと本格的でうれしい。チェーン店らしく、アムステルダム内に何軒かあった。(www.woktowalk.com )

そして、アムステルダムに行ったら、アレが食べたいな~と思っていたのはインドネシア料理。思いこがれつつ、下調べも何も全くしていなかったのだが、そろそろどこかでお昼を食べよう、と歩いていたら目の前にインドネシア・レストランが現れた。(www.restaurantselecta.nl )

a0091348_2348182.jpg


ほんとはもっと庶民的なところで安くおいしい店がきっとあるのだろうが、ここに住んでいたり、何日も滞在するならともかく、たった数日の滞在では、白いテーブル・クロスのちょっとお上品なインドネシアでも、これはこれでまたよし。なにしろヴェネツィアにはどっちにしたって存在しないのだから。

a0091348_23465597.jpg


残念ながら生春巻きはなかったが、ふつうの春巻きは、私の好きな、中に春雨が入っているタイプ。
そして、インドネシアだから、やっぱりサテ(焼き鳥)にしようか、それにナシゴレン(チャーハン)にしようかさんざん迷った挙句につい頼んでしまった、ココナツ入りホット・チキン・カレー。これまたものすごい量だったが、おいしゅうございました・・・。

a0091348_2349642.jpg


なんだ、エスニックばっかり食べてるんじゃないか、と言われそうだが、写真を撮り忘れただけで、ちゃんと、一応名物らしいコロッケも食べたし、オランダを出る前に、最後に食べたのはこちら。

a0091348_2350841.jpg


せっかくだから、なるべくオランダらしいもの・・・と思ってフレッシュ・チーズがはさんであるサンドイッチを選んだのだが、なんとニンニクが強烈に効いていた。
・・・たまたま同じ車内にいてしまったみなさん、ごめんなさい。あのニンニクの犯人は私です・・・。そう、もちろん、味はばっちりだったのだが。

オランダは出てきてしまったけど、オランダの旅編はまだまだ続く・・・。

31 agosto 2009
[PR]
by fumieve | 2009-09-01 08:38 | 飲む・食べる
<< 「Tras Figurazio... お屋敷美術館Geelvinck... >>