ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

ぶどう畑と雪山

a0091348_964681.jpg


予報によると、今週いっぱいイタリア中で雨模様、過去6カ月で最大のまとまった雨が降るらしい。

ずっとお天気がいい日が続いていたので、うっかりと傘を忘れて出かけて、帰ってくるころには大雨になっていたのが、おととい。その晩は、ちょうど満月のころと重なって、夜23時ごろ110cmのアックア・アルタ(高潮)になった。昨日は午前中と、やはり同じくらいの時間に100cmを越えた模様。私は幸い、その時間に出かけていないので、長靴は温存したままだが、その代わりというのか、昨日の朝は小雨ながら激しい暴風で、橋を渡るたびに傘ごと吹き飛ばされそうになった。メリーポピンズにならなかったのは、重心たっぷりの体型のおかげとして、傘がおちょこにならなかったのが奇跡なくらい。
そうそう、そうだった、こういう季節だった、と思いだした。

昨日の午後は、一時的に少し雨がやんだ。

車窓の風景シリーズ:
車窓から (2009年2月19日) (リンクをクリックして、下の方)
白い花たち (同5月5日)
実りの秋 (同8月4日)
案の定 (同10月13日)

に続いて、昨日の車窓をどうぞ。



a0091348_9102944.jpg


いつもの通勤路、気になっていたのは、ぶどう畑の紅葉。一続きの畑の中で、葉が一斉に同じように色づくのではなく、グラデーションになっているのはなぜだろう?ひょっとして違う種類のブドウを植えているのだろうか・・・?

a0091348_9115399.jpg


気がつくと晴れ間が広がり、すぐそこに、既に雪で真白になった山が見えていた。ぶどう畑を追っていたはずが、いつの間にかその雪山を必死にカメラで追っかけていた。

a0091348_91247100.jpg


a0091348_9141724.jpg


a0091348_9145861.jpg


a0091348_916191.jpg


日が沈む直前、雪の頂には夕日があたって金色に輝いていた。

a0091348_9164567.jpg


4 novembre 2009
[PR]
by fumieve | 2009-11-05 09:21 | ほかのイタリア
<< ラヴェンナ~春・4 サンタンド... ・・・「MA(間)」でもあり「... >>