ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

再び・雨の鐘楼から

a0091348_3464562.jpg


朝方、本格的に降っていた雨は上がっていたものの、重い雲が立ち込めたまま。お世辞にも鐘楼日和とは言えなかった。

案の定、塔の上は風が吹きつけて下にいるよりずっと寒い。

そういえば、昔、初めてこの鐘楼に上がったときも、ピーカンの青空だったけど、冷たい風がふきつけてものすごく寒かったっけ。




それでも、ヴェネツィアとそのラグーナ(潟)の向こうには、雪をかぶった前アルプス(prealpi)がよく見えていた。

おなじみ、パラッツォ・ドゥカーレ(Palazzo Ducale、総督館)と、サン・マルコ小広場(Piazzetta di San Marco)。

a0091348_483315.jpg


ヴェネツィア本島の一部の向こうに、ムラーノ島も見えている。

a0091348_492974.jpg


手前は、ラ・グラツィア島(Isola la Grazia)、その奥は元修道院、精神病院を経て現在は豪華ホテルになっている、サン・クレメンテ島(San Clemente)。

a0091348_4101675.jpg


真下は、やはり元・修道院だが、現在はジョルジョ・チーニ財団の本拠地として、図書館などがあるほか、展覧会音楽会、シンポジウムなどのイベント会場として利用されている。その向こうに三日月型に見えるのは、ヴェネツィア本島の南側に沿ってあるジュデッカ島。

a0091348_4111390.jpg


そして、この夏、大きな話題となった、プンタ・デッラ・ドガーナ(Punta della dogana、税関岬)。
a0091348_4124234.jpg


この湾に、かつては世界中からの船と、人と、モノが海を越えてやってきたのだ・・・。

上まで直行のエレベータがあって、3ユーロ。サン・マルコ広場の鐘楼8ユーロに比べるとだいぶお得感があるが、もちろん見える角度なども違うので、両方上がって見比べてみるのも面白いかも。

6 novembre 2009
[PR]
by fumieve | 2009-11-07 08:44 | ヴェネツィア
<< ヴェネツィアの罪 ラヴェンナ~春・4 サンタンド... >>