ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

お祭りの楽しみ

a0091348_8405944.jpg


サルーテのお祭りの、もう1つの楽しみは、小さなガラクタ市。
アッカデミア橋から、ジュデッカ島に面したザッテレ河岸に向かう通りのちょっと広くなったところに、小さな市が立つ。

ヴェネツィアの何カ所かで、年に何回かあるアンティーク市(Antiquariato)は、土地柄、やっぱりガラスのものなどが多い。そして、正式にはアンティークとは呼べない、せいぜいが50年くらい前のものがほとんどだが、それでも、ガラスなどはそれなりに、味のあるものがあって面白い。




a0091348_8422859.jpg


今の季節、クリスマスのオーナメントにぴったりな、涙型やボール型などのガラス。実はこれ、かつてシャンデリアの部品として作られたもの。

a0091348_84335.jpg


スパイスのように並んだ色とりどりの袋は、ビーズ。これも、今は作られなくなったような50年代とかのうんと細かいものなども。
この市は、こういう、手作り用の材料などが多いから、自分で何か作る人にはなかなか楽しいだろう。

a0091348_844497.jpg


こちらはやはり50年代の、ガラスのボタン。こうして台紙のまま残ったものは、数がそろっているから、実用にも便利。

今回の中で唯一、もっともアンティークらしいアンティークを置いていたのはこちら。真珠貝の柄のカトラリー・セットは、その真珠貝の微妙な色合いだけでも美しいが、ナイフやフォークに1つ1つ模様が彫り込まれていて、それはもうほれぼれとする美しさ。

a0091348_8452169.jpg


あとは、手作り風のこんなものとか・・・

a0091348_846465.jpg


ビーズといえば、欠かせないのが、アフリカ産のトンボ玉。これも昔は、買ってみたりしたのだが・・・。

a0091348_8463314.jpg


ン十年前らしき、こちらは本物のクリスマス・オーナメント。

a0091348_847104.jpg


よくとってあったというか、まあイタリアでは今でもふつうに売っていたりするが・・・こうやってみると、これもまたキッチュでかわいいかも。

写真ダメ、と注意されたのは、やっぱりバッタもんだから・・・?

a0091348_848810.jpg


・・・と、載せちゃう私もタチ悪いかな。

a0091348_8485383.jpg


a0091348_8493031.jpg


a0091348_8495697.jpg


a0091348_8502686.jpg


a0091348_852460.jpg


そして、そのあと向かう先は・・・

a0091348_8523411.jpg


そう、あの・・・

a0091348_853810.jpg


a0091348_8533590.jpg


フリッテッラ(frittella、この場合は巨大揚げパン)!

a0091348_854811.jpg


シチリアのあまーいお菓子と、アーモンドを炒る香ばしい匂いと、映画みたいなシチリア弁にまみれて・・・

a0091348_8554363.jpg


a0091348_8561486.jpg


a0091348_8564584.jpg


地味~~~に1軒だけぽつんと出ていた、いかにも、な、トレヴィーゾの田舎のはちみつ農家のスタンドで、「視力回復、髪の健康にも!」という、ブルーベリーのエキス入りはちみつというのを買って帰った。

a0091348_8581285.jpg


20 novembre 2009
[PR]
by fumieve | 2009-11-21 08:59 | ヴェネツィア
<< たまにはジャズも・・・Ken ... ハレの装い~ただいま準備中 >>