ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

橋のたもとで、オステリア・アル・ポンテ

a0091348_0285017.jpg


最近、友人たちが愛用しているらしいアル・ポンテ(Al Ponte、橋のたもと、の意)。
テーブル席はせいぜい20人も入れば満員御礼、立ち飲みOK、座って食べてもOKの、ヴェネツィアで典型的なオステリア(osteria、居酒屋)。予約でいっぱいのところ、キビキビっとうまくしきって、なんとか予約なしの我々もうまく押し込んでくれた。当たり前のようで当たり前でない、そういうちょっとしたことがやっぱりうれしい。




お勧めは、ハム・サラミ盛り合わせと

a0091348_030310.jpg


チーズ盛り合わせ。

a0091348_0325871.jpg


たかが「切っただけ」、されど、美しい&おいしいんだな、これが。

さらに本日、私的ヒットだったは、トマト。

a0091348_0314027.jpg


おそらく、ドライ・トマトと、ふつうのトマトを半々くらいで一緒にオイル漬けにしてあるのだろうと思うのだが・・・あとで作り方を教えてもらうつもりが、お店がどんどん混雑してしまって、それどころではなくなってしまった。
ドライ・トマトだけのオイル漬けだと、かなり塩っからくなるのだが、これはあまり塩気がきつくなく、かなりトマトの甘みとフレッシュ感が生きている。みんなは小さい方のトマト(たぶんドライ・トマト)のほうがおいしいと言っていたが、私は大きい方(たぶん元は生のトマト、通常はソース用に使う細長いサンマルツァーノ種)のほうが好みだった。
生のトマトがもはや全くおいしくないこの時期に、このトマトの味は貴重。自分でも試してみようっと。
数日前から原因不明のひどい肌荒れに悩む私は、いかにもリコピンたっぷりなトマトを、1人で1皿近く食べてしまった。

そうして連休の合間の夜はふけていく・・・。

a0091348_032626.jpg


7 dicembre 2009

追記(9 dic):肝心のお店データ忘れてました!
サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会(Chiesa di SS.Giovanni e Paolo)の正面の前の橋を渡ったとこ左側。
Cannaregio 6378 (Calle Larga Giacinto Gallina, Ponte del Cavallo)
Tel. 041 5286157

[PR]
by fumieve | 2009-12-08 20:24 | 飲む・食べる
<< 「ヴェネツィア の・と パッラ... 師走の日曜日 >>