ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

「チョコレートの誘惑」パスティッチェリア・ラッカ、パドヴァ

a0091348_10333014.jpg


最近、ヴェネツィア在住仲間の間で、パドヴァ通いがはやっている。
・・・というわけでもないのだが、このブログでもにわかにパドヴァ情報が増え、ひょっとしたら怪しまれている向きもあるかもしれない。
・・・怪しまれることは何もないのだが、その理由はまたそのうち明かすとして、昨日、一日の「待ち」疲れをいやすべく、軽く一杯飲もうか、と会った友人から、またまたパドヴァの気になるお店情報。

・・・で、な~んと運のいいことに、今日もまた私は、所用のためパドヴァに出かけることになっていた。ヘヘヘ~!これはもう、何としても時間をやりくりして行くしかない。




というわけで、話を聞いて、24時間以内に現地に赴いている私、われながらスゴイ!
しかも「夕方行くと、何にもなくなっちゃうよ」というアドヴァイスに従い、荷物になるのもいとわず、パドヴァに到着して最初に直行。(おいおーい、働け!先に・・・)

a0091348_10345923.jpg


うわわわわわ・・・
入った途端に、昨日の行列とは全く違った意味で、いきなりめまいがして倒れそう。
・・・ていうか、なにこれ・・・
うーーーん・・・くらくら・・・・・

a0091348_10355162.jpg


この時期だからもちろん、店内はぜーーーんぶ、クリスマス仕様。
イタリアではもともと、クリスマスに食べるのはパネットーネ(panettone)かパンドーロ(pandoro)で、生のケーキは食べない。最近ようやく、ブッシュドノエルや、クリスマス風のデコレーションをしたホールケーキなどもちらほら見かけるようになったが、まだまだ少数派。そして、その妥協点(?)とも言うべきものが、パネットーネをクリームやアイシングなどでデコレーションしたものなどを見かける。
(個人的には、パネットーネはパネットーネ、生のケーキは生のケーキで別のものとしていただきたいが・・・。)

a0091348_10364627.jpg


さてさてこちら、パスティッチェリア(pasticceria、お菓子、特に焼き菓子屋のこと)と名乗っているが、チョコレートが充実していて、チョコラテリア(ciocolateria)との中間くらい。まずはクリスマス用のホール・ケーキ、おしゃれな袋に入ったパネットーネ、単品のケーキやムース類、そして、ジャムやクリーム、板チョコなどおみやげにもなりそうな、保存のきくものもある。
ぐわん・ぐわん・ぐわん・・・とほぼ耳鳴りが・・・(笑)。aiuto....助けて~~~

a0091348_10371788.jpg


興奮状態の頭と心を落ち着かせて、まずは、超お勧め、レモン味のパウンド・ケーキ(イタリアではなぜかplum cake、プラム・ケーキという)を確保。(やっぱりあと1つしかなかった!!!)

そして奥で、プチ・ケーキ(数個)とカフェをいただく。
友人がいった「至福のとき」をそのまま味わう・・・まさにシアワセなひととき・・・。

a0091348_10411449.jpg


パドヴァはちょっと気になるお菓子屋さんがいくつかあって、そのうち追究したいと思っていたのだが、これはいきなりびっくり。

a0091348_10402648.jpg


入る前は気が急いて、出てきたときは満足感に満ち溢れすぎて、お店の外観の写真を撮るのを忘れてしまったのだが、ともかくリナシェンテ(Rinascenteという一応デパート)のすぐ裏の小さい道なので(私でも)すぐわかる。

・・・今日は実はもう1つ、買って帰りたかったお菓子があったのだが(おいおい)、店の前を通りがかったときにはちょうど閉まっていた・・・残念ながら、天は私に一度に2つのお菓子を与えてはくださらなかった・・・。
だが、その代わり、ちょっといいものを発見したので、パドヴァ編、もう少し続きます。

Pasticceria Racca
Via Pier Fortunato Calvi, 8 – 30122 Padova
Tel. 049 8759855
www.coutureraccachocolate.com

a0091348_10393139.jpg


17 dicembre 2009
[PR]
by fumieve | 2009-12-18 10:42 | ほかのイタリア
<< 速報!ヴェネツィアで初雪 師も走るから師走、の現実は・・・ >>