ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

食いだおれ なが~い1日・編

a0091348_222772.jpg


正月7日の朝は、七草がゆ。
年末年始でごちそうの続いた胃にやさしいおかゆ、これぞ先人の知恵だと思う。1年ぶりに日本で過ごして、明らかにふつうの人以上に食べ過ぎな私にとってはなおさら。
長い1日は、こうして始まった。






今回の機内食、「イタリアン」か「和食」か、かなり迷った末に「イタリアン」にしてみた。そんなことに真剣に悩んだのは実は、行きの機内で食べた「イタリアン」が、白状すると、ほんとにおいしくなかったため。ご存知の通り、かなり食いしん坊な私だが、味の許容範囲は広いほうで、だいたい何でもそれなりにいただける。(好き嫌いは多いが。)機内食なんてものにははなから期待していないから、だいたい何に乗っても「まあこんなものか」と思って食べ、ちょっとおいしいものがあればラッキー、くらいの気分でいる。

ところが、行きのアリタリアのローマ~成田便、超満席で私のところにたどり着く前に、「和食」は完了、選択の余地なく「イタリアン」が配られた。どうせ数時間後には日本でたくさんおいしいものを食べるし、と、ここも全くこだわりなく「イタリアン」をいただいたのだが・・・。

a0091348_2241888.jpg


これがもう、考えられないまずさ。繰り返すが、許容範囲の広い私は、「あまりおいしくない」と思うものはたまにあっても、「まずい」と断言するのはかなりまれ。だが、このときばかりは「まずい」としか言いようがなかった。
さらに、欧州~日本便では最近は乗ってすぐに1食、降りる直前に軽食、途中で間食としておにぎりやサンドイッチが出るのが定番(だと思う)。某日系だとここでミニ・カップラーメンもあったりして、おなかがすいていなくても、その匂いでついつられて食べてしまったりする。
ところがこのアリタリア、その間食で、いつも国内便で出るお菓子(クッキーまたはスナック)しか出なかった。不満倍増。
最後の「朝食」には、私の好きなメーカーのヨーグルトがついていて、それだけはなんとか救われた。

a0091348_2245231.jpg


一昔前は、アリタリア航空といえば、機材はボロボロ、サービスはイタリア国営企業だからおして知るべし、だけど機内食と機内販売がいいよね、ってとこで辛うじて他社と差別化がはかれていたのに・・・機内販売はもう何年も前からほかと変わらなくなり、これで機内食がまずいってどういうこと!?
しかもローマで積んだ「イタリアン」がこれ???ちょっとのぞき見たところ、「和食」のほうが(少なくとも見た目は)まだましそうだった・・・。
アリタリア、さすがに倒産しかかっただけのことはある。

脱線が長くなったが、なので、今日の機内食、成田で積んだ「イタリアン」と「和食」、いったいどっちにすべきか、「和食」が無難なのはわかってはいたが、えーい、毒を食らわば皿まで、じゃないが、怖いもの見たさであえて「イタリアン」を選んだ。
・・・で。

a0091348_2231872.jpg


悪くないじゃないの。
前菜=コッパという生ハムの1種に似たハム、いんげん添え
プリモ(primo、第1の皿すなわちパスタ)=ラビオリのトマト・ソース
セコンド(secondo、第2の皿すなわちメイン)=牛肉の煮込み&にんじん
フルーツ
と、見た目もはっきり、くっきり。前菜はいただけなかったが、あとは想像の範囲の味で、
それなりにしっかりいただいた。

今あらためて写真を見ても、前回との差は歴然。やはりあちこちから苦情が出て改善されたのだろうか?・・・あるいは、もしかして前回は12月で年末だから予算がなくなってしまい、今回は1月だから予算がふんだんにあった、とか・・・?

間食には今度はちゃんとおにぎりまたはサンドイッチが。
なんだか食べてばかりであまりお腹がすかない。・・・が、配られたおにぎり、ついついそのまま食べてしまった。

最後の軽食は・・・いまいち。

a0091348_226530.jpg


何を隠そう、今日は成田空港で出発が2時間も遅れ、遅れがわかった時点で1000円のお食事券が出た。しかし私はといえば、早々とチェックインした後、出国手続きの前に空港のレストラン街でボリューム満点の坦々麺をスープまで飲み尽くす勢いで食べてきたばかり。さすがに、その場でラーメンやカレー、あるいは某ファーストフードを口にするのはためらわれ、ぐるぐると歩いた末に、580円のヒレカツサンドと150円のお茶、そして150円の抹茶キットカットを購入して乗り込んだ。
(みな同じように、なんとか1000円にぎりぎり近づこうと買い物しているのがおかしかった!)

前回のように機内食がだめだったら、途中でカツサンドを食べようと思ったのだが、全くそんな食欲がわかず。
それならばローマでトランジットの合い間に・・・と思っていたのだが、とんでもない。その遅れのために空港内を爆走、カツサンドどころかお手洗いに行く暇さえなかった。

23時過ぎ、ようやくヴェネツィアの自宅にたどり着いて、ほっとしたところでなんとなく小腹がすいたので、懸案のカツサンドを平らげた。
・・・今日1日、いったいどれだけ食べたのだろう?

a0091348_2285422.jpg


7 gennaio 2010
[PR]
by fumieve | 2010-01-08 09:20 | 飲む・食べる
<< ほぼ想定内 おくればせながら >>