ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

2009年 08月 04日 ( 1 )

ビエンナーレ効果

a0091348_731473.jpg


このブログでも延々と紹介し続けている第53回「ヴェネツィア・ビエンナーレ」(国際現代美術展)だが、今年は例年になく好評で、どうやら記録続きのビエンナーレとなる模様。

ちょっと古くなってしまったが、7月25日(土)付コリエレ・デッラ・セーラ紙によると、
7月24日までの合計入場者数 92,000人(うち25,000人が学生)、これは前回(2007年)比で8%の増加。ちなみに2007年は最終入場者数320,000人で、これも2005年の260,000人を大幅に上回った。これはすでに、今年のイタリア中の特別展で最大観客数となる。
成功の理由は、
現代性と過去の交錯、町との融合
そしてもちろん、プンタ・デッラ・ドガーナや、ヴェドヴァ美術館など、話題性の高い新しい美術館が同時期にオープンしたことも、相乗効果を上げている。

ラ・レップブリカ紙には毎週月曜日に、特別展の週間入場者ランキングが出るのだが、実際、ここ数週間続いて、トップは必ずビエンナーレになっているほか、例えば27日(月)付の発表では、
1位ビエンナーレ13, 335人、
2位がMapping the studio、つまりプンタ・デッラ・ドガーナの8,166人、
3位はRobert Rauschenberg: Gluts、つまりグッゲンハイム美術館の7,258人、
とトップ3位をヴェネツィアが占めている。
もちろん、この時期、現代美術を好む人がビエンナーレ見学のためヴェネツィアを多く訪れているとはいえ、特にこの3つはそれぞれ入場券が別で10ユーロ以上することを思うと、それなりに結構大変だ。
ちなみに、ここでいう「ビエンナーレ」は、ジャルディーニアルセナーレの有料入場者数のことで、このブログでちょろちょろ紹介している町中展示はすべて無料なので、このカウントには含まれていない(と思う、数えようがないから)。

が、実は、諸手を挙げて万歳するばかりではない。
さもありなん・・・な分析記事が出たのは、ちょうどその1カ月前、6月25日の日刊紙コリエレ・デッラ・セーラのヴェネト州版だった。
ビエンナーレは、開幕以来2週間で33,000人の入場者数を記録。これは対2年前比+7.5%だが、皮肉なことに、パラッツォ・ドゥカーレ(=市立博物館)の、同時期、-7.4%にほぼ対応する。

早い話、なんらかの美術鑑賞をしようと思ってヴェネツィアに来た人々が、従来の観光定番コースであるパラッツォ・ドゥカーレに行くのをはしょって、ビエンナーレや目新しいプンタ・デッラ・ドガーナに走っているわけで、市立博物館としては由々しき問題。
同じ市立博物館群でも、ビエンナーレ関連の公認・非公認の企画展を各館で行っているが、残念ながらランキングに顔を出すほどではないから、それはさぞかし歯ぎしりする思いだろう。

こちらが、ある程度は予測できたことだとするならば、よりショッキングなニュースは、コッレール美術館で予定されていた「未来派展」のキャンセル。イタリアで「未来派」が誕生してちょうど100周年にあたる今年、ローマ、ミラノをはじめ、あちこちで未来派展が開かれており、ヴェネツィアもその一角をなすはずだった。
中止の直接の理由は、なんと悪天候。先月、ヴェネト州内で悪天候により家屋倒壊の上住民が死亡するという不幸があったが、州は、展覧会の支援に拠出するはずだった予算を、災害復興にあてることにしたため。
その250,000ユーロは、展覧会予算の1/2に相当し、美術館はその企画のキャンセルを余議なくされた。
もちろん人命や生活の保護、復旧は最大優先であるべきだし、そう言われると誰も何も言えなくなってしまう。それでも、それでいきなり文化予算がばっさり削られて、それでいいのか、なんだか腑に落ちない。変な話、ではあと1回、大きな災害があったらいったいどうなるのか・・・???

救いは、今ここにある、大小各種さまざまな展覧会の中に、まだまだたくさん、見るべきものがあることだろう。
8月1日付のコリエレ・デッラ・セーラでは、地方面に「見逃さざるアート」として、この期間の数多くの展覧会のうち、圧倒的な宣伝攻勢の影に隠れて目立たないものの中にも、良質な企画展がそれこそ紹介しきれないほどある、と特集を組んでいた。
私がとても気に入った、カ・ペーザロ美術館のBernardí Roig – Shadows must dance展は、実は作家自ら2年かけて準備したものだという。もう1つ、先日紹介したばかりのMona Hatoum展(クエリーニ美術館)も好意的に取り上げられていて嬉しかった。
まだまだほかに、紹介されている中にも見てないものもたくさん。いいと言われるとやはりぜひ見たくなるもの。この8月、少しは時間を作ってまたあちこち回れるだろうか・・・。

a0091348_738178.jpg


3 agosto 2009
[PR]
by fumieve | 2009-08-04 07:39 | ビエンナーレ2009