ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:Shopping!( 41 )

クリスマス・マーケット、ローマの場合

a0091348_10444898.jpg


先日の、クリスマス・マーケット「ムラーノのガラス」編に続き、「ローマの日本市(mercatino giapponese)」編。
ローマ市内にある、日本食レストランDOOZOさんの店内いっぱい使って、今日の午後、クリスマス・マーケットが開催されていた。普通のメルカティーノと違うのは、日本関連のものを中心に売っているということ。

ローマでは、ほぼ月1回のペースでもともとメルカティーノ・ジャポネーゼ(mercatino giapponese、日本市)が開かれており、今回の出展者は、その常連さんもいれば、イタリア人の地元のお店もあり、いろいろ。

続く:完全に・・・
[PR]
by fumieve | 2012-12-17 11:21 | Shopping!

ムラーノのオリジナル・アクセサリー、Yukina Fiorese

a0091348_528147.jpg


シックでポップ、エレガントだけど、カワイイ。

通常、作家さんが1人で工房兼ショップを構えている場合、当然のことながら、そのお店の商品はある一定の方向性にかたよってしまうものだが、yukiさんのお店は、うんとキュートでカラフルなアクセサリーがあるかと思うと、モダンで洗練されたデザインのものがあって、だがそれが決してバラバラではなく、というのはやっぱりその1つ1つに、yukiさんのセンスが生きているからだろう。
美しいディスプレイにこうして一緒に並んでいると、うわー、これ、かわいい~・・・えーこっちもすてき!・・・と目移りしてしまう。

続く:ムラーノ・・・
[PR]
by fumieve | 2012-08-08 05:37 | Shopping!

ヴェネツィアから行くアウトレット、ノヴェンタ

a0091348_603085.jpg


http://www.mcarthurglen.it/noventadipiave/it

ヴェネツィアから40kmほど東へ行った、ノヴェンタ・ディ・ピアーヴェ(Noventa di Piave)という小さな町の郊外に、アウトレットがある。

ヴェネツィアから自力で行こうと思うと、ローカル電車に乗って、降りた駅からまたタクシーに乗って・・・と面倒なのだが、この夏の間、ヴェネツィアのバス・ターミナル、ローマ広場(Piazzale Roma)からシャトル・バスが出ている。
それも、最初は往復で10ユーロかかっていたのだが、このバーゲン期間に入ってすべて無料!
・・・これを逃す手はない、と喜びいさんで行ってみた。

続く:アルバイト・・・
[PR]
by fumieve | 2012-07-27 06:57 | Shopping!

歓迎・ヴェネツィアにMUJI登場!

a0091348_0491628.jpg


日本に帰るたびに、実は大量の買い物をしてしまう無印良品。

かゆいところに手が届く、シンプルで使いやすい日用品の無印良品が、とうとうヴェネツィアにオープンした。
イタリアでは、ミラノ(複数店舗あり)、ローマ、トリノ、ボローニャに次いでラッキー7の7店め。

続く:ま・・・
[PR]
by fumieve | 2012-04-04 23:47 | Shopping!

ミラノから・・・

a0091348_6154547.jpg


とびきりすてきなものが届いた・・・

続く:それは・・・
[PR]
by fumieve | 2011-05-21 06:39 | Shopping!

いろいろあって・・・

ヴェネツィア生活10年目記念と、××歳の誕生日と、それからここのところの諸々と、あれこれ考えた末に、おそらくイタリアへ来て以来初の、ちょっとした大きな買い物をした。

続く:それは・・・
[PR]
by fumieve | 2011-03-24 10:41 | Shopping!

ヴェネツィア、職人さんのクリスマス

a0091348_1623633.jpg


今でこそ、イタリアでもクリスマス・ツリーやサンタクロースが町にも家にもあふれるようになったが、伝統的なクリスマスの飾りといえば、プレゼピオ(presepio, プレゼーペとも)。
イエス・キリストの誕生の場面を人形で表したもので、教会には絵画はもちろん彫刻でも古くから存在したが、家庭などにも飾るようになったのは、18世紀ナポリが発祥とされている。

そもそも教会では、それこそ大の大人が、24日深夜のミサの最中に、「幼子イエス・キリスト」の人形をうやうやしく運び込み、「プレゼピオ」セットのうち、それまで空けておいたかいばおけのベッドに寝かせて祝福するのだから、初めて見たときにはびっくり。
教会ですらそうなのだから、家で飾ったプレゼピオだって、赤んぼの人形は、ほんとうは24日まではどこかに隠しておいて、その晩、そこに現れなければいけない。
ただ現実的には、ちっちゃすぎる赤んぼの人形は、単独にしたらなくなるのは必須。また、ホテルやお店などでは、かいばおけベッドと空にしておくと、「幼子キリストがなくなってますよ」とわざわざ注意してくれる観光客が多いらしく、まあいろいろ面倒なので、最初から置いてあるところがほとんどのよう。

続き:そのプレゼピオ・・・
[PR]
by fumieve | 2010-12-24 09:58 | Shopping!

「旅」の旅5・農民工房「ボッテガ・デイ・コンタディーニ」

a0091348_7212818.jpg

夏に南チロルを再訪したときに、絶対にもう一度行きたい、と思っていたところがいくつもあった。
教会や礼拝堂は今回結局どこも訪れず、ホテルやレストランは、再訪できたところあり、残念ながらできなかったところあり。
そして、かなりこだわって、どうしても行きたかったのは、地元の自然食品や化粧品を扱うその名も農民工房、Bottega dei contadini(ボッテガ・デイ・コンタディーニ)。「旅」ではp.55に紹介されている。

暑い夏の午後。
ひっきりなしに車がついては、近場に滞在しているらしい家族らが買い物をしていく。ジャムやワインなどはもちろん、ケース入り、キロ単位の生の果物も。自分たちでジャムなどを作るのだろうか・・・。
山歩きを満喫したあと、ロープウェイを降りたところからうっかり歩いてきてしまったが、ほとんど車道しかない上、思いのほか距離があった。暑くてへとへとで、まずはかけつけ一杯、りんごジュースを買ってその場で飲んだ。

続き:お隣では・・・
[PR]
by fumieve | 2010-09-20 08:18 | Shopping!

水をおいしく

a0091348_1674996.jpg


冷たい水をたくさん飲む季節。
そんな水を、よりおいしく飲むために、ムラノ島のこのお店へ行って、グラスを買った。

観光客よりもむしろ、ムラノの地元の人が引き出物などに買いに来るという、ほんもののムラノ・グラス。

家に帰って、さっそく試してみる。
薄くて軽くて、でも意外と手ごたえがあって、手にしっくりなじむグラス、冷たいほうじ茶もなかなかいける。ちょっと贅沢だけど、ふだんづかいにしたい。

とりあえず、2客。少しずつ、買い足せたらいいな~と思う。

a0091348_16154223.jpg


24 luglio 2010
[PR]
by fumieve | 2010-07-25 16:16 | Shopping!

ラベンダーの効用

a0091348_7132356.jpg


ラヴェンダーに、精神安定や安眠、防虫や匂い消しに効果があるらしいのは、なんとなく知っていた。それで先週、なんとなく、消臭用のポプリ以外に、ラヴェンダー・オイルもあれば何かと使えるかも、と思って買ってみたのだった。

で、ふと、思いついたのが虫よけ。

続き:
[PR]
by fumieve | 2010-07-14 07:36 | Shopping!