ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:ヴェネツィア展( 6 )

18世紀の「ゆったり楽ちん、エロかわいい(!?)」アンドリエン・ドレス

a0091348_9104297.jpg


最近はやりの(・・・と書くだけですでにかなりオバサンぽいが・・・)「チュニック」が、かわいい上に寸胴隠しにもなり、それだけでなくともかく楽ちんなのは女性のみなさんならきっと同感していただけることだろう。
18世紀、それまで女性のドレスといえば、ともかく胴体はといえば体の形が変わるほどコルセットでしめ上げているのが当たり前だった時代、ふんわりかわいくてちょっぴりセクシー、実は着ていても楽ちんなドレスがあっという間に一世を風靡したのは容易に想像できる。

ヴェネツィア展で展示されている通称「アンドロスのドレス」(イタリア語ではAndrienne、アンドリエン)は、もともとフランスで誕生した。1703年11月6日、パリのコメディ・フランセーズ(Comédie Francaise)で「アンドロス島の少女」(Andrienne)という喜劇の上演に際し、主演女優がそれまでに見たこともない、全く新しいスタイルのドレスを着ていた、という。

続く:一番の・・・
[PR]
by fumieve | 2011-12-06 09:18 | ヴェネツィア展

行ったことのある方も、ない方も。「ヴェネツィア展」に行こう!

a0091348_7373011.jpg


世界遺産「ヴェネツィア展」
魅惑の芸術―千年の都
江戸東京博物館
12月11日まで
http://go-venezia.com

初めてヴェネツィアを訪れた方は、この町がほんとうに海の上に建っている、いやもっと正確に言うと、建物がそのまま、水の上ににょっきり生えているのに驚かれるに違いない。それまでに、テレビやガイドブックなどで「ヴェネツィア」を見て、わかっているつもりでいても、実際に自分の目で見るとやはりびっくりするのが普通だろう。もう10年もこの町に住んで、ふだんの生活にはすっかり慣れている私でも、カナル・グランデ(Canal Grande、大運河)をヴァポレット(vaporetto、水上バス)で蛇行しているときなど、外を眺めてはつくづく感心してしまう。

続く:都市としての・・・
[PR]
by fumieve | 2011-11-19 07:47 | ヴェネツィア展

水を制するものは・・・ヴェネツィアの井戸

a0091348_4434421.jpg


ヴェネツィアの町を歩いていると、ちょっとした広場には必ずと言っていいほど、なにやら石のカタマリがぼん!っと置かれているのに気付くだろう。これは、残念ながら今は使われていないが、昔の井戸。といっても、天然の湧き水が出たわけではない。

水の上に人工的に建てられた町ヴェネツィアは、高潮という水との戦いのほかに、淡水、とくに飲料水の確保という切実な問題を抱えていた。
かつて、古代ローマでは、水道橋を建造して、何千、いや、何万キロも遠方から、百万都市でつかう水を確保した。ヴェネツィアの場合は、国が大きくなる前から、ここに住み始めた当初からすぐに必要だったからだろうか、遠方から水を引くのではなく、まず、身近に手に入る、つまり雨水を利用することを考えた。
もちろん、いくら昔だって、雨水そのままでは飲料には使えない。

続く:今では・・・
[PR]
by fumieve | 2011-10-23 04:57 | ヴェネツィア展

ヤコポ・デ・バルバリ 「ヴェネツィア景観図」 今むかし

a0091348_1614111.jpg


ヴェネツィアのガイドブックや歴史書などに目を通された方なら、どこかで一度くらいは見たことがあるのではないだろうか。
ヤコポ・デ・バルバリによるこの景観図は、西暦ちょうど1500年に作られた。
縦135cm、横282cm、版木6枚による木版で、6枚の紙をつなぎ合わせてある。

続く:その・・・
[PR]
by fumieve | 2011-10-14 16:06 | ヴェネツィア展

「世界遺産ヴェネツィア展スペシャル 辻井伸行の音楽と芸術の旅」、TBS 10月10日あさ10:05から!

a0091348_8485122.jpg



http://www.tbs.co.jp/program/venezia_20111010.html

世界遺産ヴェネツィア展スペシャル 辻井伸行の音楽と芸術の旅
10月10日(月)あさ10:05から


「ヴェネツィア展」の公式テーマ曲を作曲されたピアニストの辻井伸行さん。
辻井さんがはじめてのヴェネツィアの旅を楽しまれる姿や、その町歩きやゴンドラ紀行でインスピレーションを受け、テーマ曲ができあがるまでの様子を密着レポート。
(・・・て、私が密着したわけではないのですが)

ピアノの音とともに、ヴェネツィアの旅を一緒に楽しんでいるような気分になることでしょう。

ぜひご覧ください!!!

7 ottobre 2011
[PR]
by fumieve | 2011-10-08 08:49 | ヴェネツィア展

カルパッチョ「二人の貴婦人」と犬たち

a0091348_5122552.jpg


9月23日に開幕した「ヴェネツィア展」。目玉はまずなんといっても疑いなく、日本初公開、ヴェネツィア黄金の15世紀を代表する画家の1人、ヴィットレ・カルパッチョによる「二人の貴婦人」だろう。ちなみに「カルパッチョ」というと、薄切りの牛肉やお魚の前菜を思い浮かべる方もあるかと思うが、本家本元はこちらの画家のほう。1963年にヴェネツィアでこの画家の大回顧展が行われた際、それを記念してハリーズ・バーが考案した料理が、今ではそちらの方が有名なくらいになってしまった。

ヴェネツィアや世界の主な美術館に作品が残るカルパッチョだが、ちょっと不思議な構図の謎めいたこの絵は、その中でもとりわけ多くの興味をかき立ててきた。

1つは、長く「二人の娼婦」として知られてきたこと。

続く:もう1つは・・・
[PR]
by fumieve | 2011-10-04 04:46 | ヴェネツィア展