ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:建築ビエンナーレ2014( 15 )

第14回建築ビエンナーレ〜14・アルセナーレ会場、浮き島組

a0091348_0175925.jpg


何度か書いているように、今回のビエンナーレは、総合ディレクターが各国に、Absorbing Modernity: 1919-2014という共通テーマでの参加を提案したために、結局のところそれぞれ、自国の近代建築の100年をどういう形で見せるか、を工夫することになった。

アルセナーレ会場内の途中、浮き島のようにできた新しい展示スペース。アルゼンチンはここを固定館としているほか、昨年はヴァチカンの参加があり話題をよんだが、今年はヴァチカンはなし。
だが、会場としてはさらにスペースが広がり、ここだけで一気に10カ国が入っていた。

続く:アルゼンチン・・・
[PR]
by fumieve | 2014-07-04 00:30 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜13・イタリアと中国

a0091348_2211780.jpg


アルセナーレ会場のどんづまり、イタリアは、前回2012年に「スペシャル・メンション」を受けたチーノ・ズッキ氏をキュレターに迎え、来年のミラノ万博の宣伝や、ミラノのこの100年の都市開発の歩み、など。

a0091348_2214499.jpg


a0091348_2215044.jpg


a0091348_221545.jpg


a0091348_2304357.jpg


a0091348_2214765.jpg


このミラノの歴史の部分はそれなりに面白かったし、別室の写真とビデオのコーナーも悪くないのだけど、両方はなくてもいいかも、と正直感じた。

a0091348_222548.jpg


a0091348_2213784.jpg


イタリア・・・毎年思うのだが、開催国だからといって無理に広い会場であれこれ見せるよりも、もうちょっとコンパクトでいいのに・・・。

a0091348_222826.jpg


屋外は、さらにその奥に構える中国と、分かち合っている。

a0091348_2222878.jpg


中国はこの、ナイロン(?)のリボンというのか、帯で作り上げた家。オープニング期間中はまだ、製作途中だったけれど、今はさすがに完成していることだろう。

a0091348_2223447.jpg


a0091348_2222388.jpg


a0091348_2223916.jpg


Italia
Innesti. Un Paesaggio contemporaneo
(参加作家、多すぎて省略)
Commissario: Direttore Generale della PaBAAC
Curatore: Cino Zucchi

Cina
Mountains beyond Mountains
Urbanus, Duoxiang Studio, Open Architecture, To Meet You graphics, Stanislaus Fung, Dai Chun, Gao Yan, Zhang Jian, Xin Zhong, Xiaowei Han, Yang Shi, Boxu Chen
Commissario: Chaina Arts & Entertainment Group
Commissario Aggiunto: Zhang Yu
Curatore: Jiang Jun

a0091348_228351.jpg


アルセナーレ・・・実はもうちょっと、続きます。

2 luglio 2014
[PR]
by fumieve | 2014-07-03 02:33 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜12・銀獅子賞はチリ

a0091348_32640100.jpg


授賞式のあった当日の午後、もう一度よく見ようとチリ館に行ってみたら、銀の獅子が展示の一部であるテーブルの上に、ぽんっと置かれていた。(今はもう、さすがに置いていないと思うけど・・・)

続く:狭い・・・
[PR]
by fumieve | 2014-07-02 03:30 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜11・アルセナーレ会場、国別・2

a0091348_23234171.jpg


今回、資料的な展示が多く、 フォトジェニックなインスタレーションが少なかった中で、おやっと多くの目を引きつけたに違いないのがこちら、コソボ。
小さな木の椅子を積み上げた、ドームというか縦長の「かまくら」のようなものなのだが、実はかなり狭いところにいっぱいいっぱいで建っていて、全体の写真が撮れない!

続く:そして・・・
[PR]
by fumieve | 2014-06-17 23:41 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜10・アルセナーレ会場、国別

a0091348_5192275.jpg


元・造船所、アルセナーレ会場で、イタリアの問題がぎっしり詰まった、見応え抜群のMonditalia が終わったところから、独自館を持たない国々の、国別展示が始まる。

続く:全体・・・
[PR]
by fumieve | 2014-06-17 05:29 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜9・町中編、香港&マカオ

a0091348_2111424.jpg


W杯やオリンピックと違い、ビエンナーレは「国」別参加はあくまでも「国」単位なので、国(地域)別ではなく、公認の並行イベント扱いなのだが、アルセナーレの出入口前の一等地は例年、香港とマカオのリザーヴ席のようになっている。

続く:どちら・・・
[PR]
by fumieve | 2014-06-15 21:20 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜8・ジャルディーニ、橋の向こう

a0091348_20284469.jpg


ジャルディーニ会場、大小の各国館の並ぶ間を抜けて、橋を渡るとそのまま突っ込むように建つのが、(現在ほかの話題でホットな)ブラジル館。

More
[PR]
by fumieve | 2014-06-14 20:46 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜7・ジャルディーニ、米&イスラエル、ハンガリー、ウルグアイ、チェコ

a0091348_1535799.jpg


もともと「隔年」の意味を持つ「ビエンナーレ」。
美術と建築と、同じ会場で交互に開催しているのだが、国によって、美術の年に比べて、建築の年は明らかに手を抜いている・・・とまでは言わないけど、正直あまり力が入っていないな、と思うところもある。

続く:アメリカ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-06-13 15:48 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜6・ジャルディーニ、北欧4国

a0091348_5355976.jpg


広いオープン・スペースのような建物が特徴のノルウェイ、フィンランド、スウェーデンの北欧3国館。彼らは1960-80年に、ザンビア、ケニア、タンザニア各国の自由独立化のあとの、社会的整備の支援活動を行なっていたらしい。今回はその時代の建築物を紹介。
(わかり易い写真を1枚も撮っていなかった・・・涙)

続く:建物・・・
[PR]
by fumieve | 2014-06-13 05:40 | 建築ビエンナーレ2014

第14回建築ビエンナーレ〜5・ジャルディーニの欧州各国

a0091348_15251399.jpg


うだうだと時間をかけすぎて、結局全部紹介しきれない・・・という、昨年、一昨年(とその前も?)の二の舞を避けるため、駆け足で回ったこのあたりは、駆け足でとりあえず写真のみ紹介しておくことにしたい。
(あとで気が向いたら戻ってくるかも・・・)

続く:入口・・・
[PR]
by fumieve | 2014-06-12 15:29 | 建築ビエンナーレ2014