ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:旅先にて( 40 )

パルマの生ハム・フェスティヴァル

a0091348_062323.jpg


パルマの町中を歩いていたら、広場の一角で何やら生ハムのイベントが行なわれていた。
どうやら、さすがパルマ、その名も「パルマの(生)ハム・フェスティヴァル(Festival del Prosciutto di Parma)」という催しの一環だったらしい。

続く:地元・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-16 00:10 | 旅先にて

イタリアで盗難被害多発

イタリアへおいでになる方へ・ふたたび。
夏休みで、イタリアへ観光へおいでになる方もたくさんいらっしゃると思います。

このわずか2週間の間に、私の直接知っているだけでも2件、日本人の方がイタリア国内で盗難の被害に遭われました。

1件めは、ローマのホテル内にて。チェックインの際にスーツケースを背中側に置き、その上にハンドキャリーのバッグを載せておいたところ、そのバッグのみがまさに一瞬にして消えていたそうです。
ポルタ・マッジョーレ(Parta Maggiore)付近、ジョリッティ通り(Via Giolitti)というと、ローマ在住の方なら誰でも、危険地域として指摘されるエリアです。テルミニ駅に近く、比較的便利なエリアですが、残念ながら非常に事例の多いところのようです。
届け出に行った最寄りの警察署には、被害届用紙に日本語対訳がついていました。それだけ、日本人の方の被害が多いということでしょう。

2件めは、ヴェネツィアの水上バス内にて。これまた大変混雑しており、後ろから妙に押してきた人がいた、とのこと。
首から下げていた貴重品を入れた旅行者用ポシェットから、ファスナーをあけて、現金のみが抜かれていたそうです。一緒に入っていたパスポートや、別にしてあったお財布、カード類が無事だったのは不幸中の幸いですが・・・。

夏休みの期間、ヴェネツィア、ローマ、フィレンツェなどは、おそらく想像されている以上に世界中からの観光客の方でどこもあふれ返っています。観光地や、飛行機、電車などの移動手段の混雑も、日本のお盆や年末年始の帰省ラッシュぐらい、いや、お互い言葉や常識の通じない外国人同士がごった返しているのですから、その混乱は日本のラッシュの比ではないと思ったほうがいいかもしれません。

数日前、ローマのテルミニ駅では、その多くの観光客の間を縫うようにして、ジプシーが大量に出動していたそうです。駅員のフリ(!?)をして、首から何か下げて声をかけて来る人、特急電車の各入口に立ちふさがって、荷物を運び入れる手伝いをするフリをしてお金をせびる人、ついでに乗り込んで、もしかすると中から荷物を運び出してしまっているかもしれない人・・・。
ローマやミラノでは地下鉄の駅で、自動販売機のあたりをうろうろして、切符の買い方を教えてくれるフリをして小銭をせびる人も普通にいます。そこでやりすごしても、切符を買うのに使ったお財布をしまうところを見ていて、地下鉄内でさくっと・・・というのも常套手段です。

外国旅行、それも個人で旅行される方は、ちょっと困ったときに見知らぬ人に助けられることもあるかもしれません。もちろんイタリアでも、そういう例はいくらでもありますが、残念ながら現在は、とくに大きな観光都市の場合、そうでないことの方が圧倒的に多いです。

ほんとうにしつこいようですが、楽しいご旅行を台無しにしないためにも、くれぐれも注意に注意を重ねていらしてください。

これまでの事例、ご参考。
車内盗難に注意!
お手洗い前のジプシーに注意
ホテルの金庫で盗難

8 ago 2014
[PR]
by fumieve | 2014-08-08 17:27 | 旅先にて

イタリアの謎、アリタリア航空の場合

a0091348_201340.jpg


機内誌とか、そういった類いのものが好きなので、飛行機に乗ると機内ショッピング誌も含め、たいがい一通りチェックする。
が、先日のアリタリア航空国内線、座席前のポケットから、おそるおそる取り出したところこんなのが出てきた。

・・・はあ〜〜〜っ・・・

経営危機の折、いちいち全部新しく取り替えるには人件費含むコストがかかり過ぎるのはわかる。そもそもこれは乗客の間で使い回しであることもわかっている。月末に近く、だいぶ多くの人の手に触れているであろうことも想像がつく。
そしてもちろん、アリタリア航空職員の仕業ではないだろう(と願う・・・)。
国内線とはいえ、夏休みシーズンで外国人も多いから、もちろんイタリア人乗客のせいとも限らない。むしろ、世界的なレベルでのモラルの問題なのだろう、きっと。

それでも、なんというのか、これがまかり通ってしまっている事実に、心底ガックリくる。

・・・日本でもこういうこと、あるのだろうか・・・?

31 lug 2014
[PR]
by fumieve | 2014-08-01 02:12 | 旅先にて

イタリアへおいでになる方へ・車内盗難に注意!

このほんの1カ月に友人が続けて2人、イタリア国鉄の特急内で、荷物が盗難に遭う事件がありました。

4月はイタリアで国際的な見本市なども続くし、ゴールデンウィークや、ちょっと先ですが夏休みにイタリアへおいでになる方もたくさんいらっしゃると思います。私は基本的に、イタリアのネガティヴ・キャンペーンはしたくないのですが、あえて書いておきます。

お財布やパスポートはもちろん、スマートフォン、タブレット、PC、電子辞書類もすべて、格好のターゲットです。日本の方は(ただでさえ無防備な上)、お仕事でも観光でも、みなさん何かしら確実にお持ちなのもおそらく、狙われやすい理由でしょう。

とくに、町の中でスマートフォンの地図機能や写真機能を使用中に、スリやひったくりに遭いやすいのは、イタリアのみならず、パリなどほかの欧州都市でも常識です。

車内ということでいうと、地下鉄やバス、ローカル電車はもちろん、基本、特急電車でも車内で居眠りは禁物。(私はよく爆睡してますが・・・反省)。そして、お手洗い、バールなど席を立つときにも、貴重品は絶対に手から話さずに。同行の方に「見ててね」というのは、放置と同じことと思ったほうがいいです。しかもその相手が、うとうと、あるいはスマホに夢中になっていたらなおさらです。
貴重品を入れた上着をうっかりフックに掛け、席を立っている間に抜かれるのは、イタリア人でもよくあるそうです。
また、次の停車駅が近いときは(といっても、それが外国ではわかりづらいものですが)、できれば席を離れず、荷物にも目を配る。
いずれにしても、お財布やパスポートなど、人の目につくところではできるだけ外に出さないこと。
そうはいっても、大小のスーツケースとなると、こんな問題もあり、常に手元におけるわけではありません。(・・・国鉄よ・・・ひょっとしてグル?)

今回被害にあったのは2人とも、イタリア在住が長く、イタリア生活に十分に鍛えられている上に、ふだんから旅行にも慣れている人です。にも関わらず、パソコンなどを入れた小型スーツケース(機内持ち込みサイズ)を、頭上の荷物置き場からあっさり持っていかれたそうです。
そこまで見事な手口だと、ちょっと対策のしようもないように思いますが、それでもやはり、電車などの公共交通機関を利用される際には、常に最大限の注意を払うよう、お願いします。

イタリアは、ごく一部をのぞいて、凶暴な事件はそう多いわけではありません。ですが、スリ、置き引き、観光客相手の詐欺、多少のひったくり、など、あまり手を汚さずに簡単にできる犯罪がそこら中はびこっています。

しつこいようですが、楽しい旅行、充実したご出張を台無しにしないためにも、くれぐれもご注意ください。

こんなこともありましたので、引き続きご注意を・・・

ヴェネツィア、お手洗い前のジプシーに注意
ヴェネツィア、ホテルの金庫で盗難

3 aprile 2014
[PR]
by fumieve | 2014-04-03 22:04 | 旅先にて

訂正! イタリアン・デザイン、国鉄の場合

a0091348_043492.jpg


一外国人乗客の外国語によるつぶやきの声が届いたのか、今回乗った「フレッチャ・アルジェント」は、頭上の荷物置き場の幅が広がっていて、たいていのスーツケースがふつうに置けるようになっていた。

・・・あるいは単に、車両によって多少違いがあるだけなのかもしれないが。

続く:・・・
[PR]
by fumieve | 2014-03-25 00:51 | 旅先にて

イタリアン・デザイン、国鉄・・・のつづき

a0091348_338223.jpg


ローマ〜ヴェネツィア間を走る、フレッチャ・アルジェント(Freccia Argento)の1等車の場合。

続く:同じ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-03-04 03:42 | 旅先にて

ローマもまた、しかり。

a0091348_8132261.jpg


大好きなローマで、会う友人たちにもまた、感謝。

2 marzo 2014
[PR]
by fumieve | 2014-03-03 08:16 | 旅先にて

イタリアン・デザイン、国鉄の場合

a0091348_1932387.jpg


イタリア国鉄(Trenitalia)では現在、ローマ〜ヴェネツィア間はフレッチャ・アルジェント(Freccia Argento, 銀矢)という特急が走っている。ちなみに、ローマ〜ミラノ間はフレッチャ・ロッサ(Freccia Rossa, 赤矢)ヴェネツィア〜ミラノ間はフレッチャ・ビアンカ(Freccia Bianca, 白矢)。
「ビアンカ」は他の路線でも走っていて、古い車両といい、サーヴィス内容といい、前者2つに比較すると「準特急」くらいの感じだが、前者2つは、最近どんどん車両も新しくなって(ついでに値段もどんどん上がって)、「進化」している。

とくに、最大でサレルノ〜トリノ間を結ぶ「ロッサ」は、車両も1等、2等だけでなくいろいろなカテゴリーがあってややこしく、それはまた別の機会に譲るとして、ヴェネツィア〜ローマの「アルジェント」。

続く:観光・・・
[PR]
by fumieve | 2014-03-02 19:37 | 旅先にて

ミラノにて

a0091348_8304624.jpg


その前は確か、数カ月もごぶさただったのに、この1週間で3回、ミラノへ。

日本で、イタリアで、ヨーロッパで、それぞれの地で頑張っている同朋に会って、どんなに忙しくても前向きで、まだまだ好奇心いっぱいなそんな友人や知人、同僚たちと話をして、最近、加齢を理由に怠け気味な自分を反省。

私ももうちょっと頑張らないと。

24 feb 2014
[PR]
by fumieve | 2014-02-25 08:38 | 旅先にて

真夏のカターニアにて

a0091348_18315538.jpg


盛装の人々と、たくさんの野次馬が待ち受ける中に停まった真っ赤なフェッラーリから降りてきたのは、純白なドレスに身を包んだ花嫁とその父(推察)。

続く:午後・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-01 18:39 | 旅先にて