ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:ヴェネツィア( 314 )

オーストリア皇妃シシィの名残り、ヴェネツィア編 コッレール美術館

a0091348_6404266.jpg


1797年5月16日、ヴェネツィア共和国は、ナポレオンのフランスに降伏し、一千年以上を誇るその歴史に幕を閉じた。
そしてヴェネツィアは、それから1年も経たぬうちに今度はオーストリアに占領されるが、1805年にはふたたびフランス領に。さらにナポレオン失脚後は再度オーストリア支配下に移る。

ヴェネツィアのサン・マルコ広場。両サイドに縦長に延びているアーケードの建物が、新旧の行政館。
大聖堂を背にして、(カフェ・フローリアンなどのある)左側の上階が、現在はコッレール美術館および国立考古学博物館になっている。もともとのオフィス(ufficio)を美術館利用しているという点では、フィレンツェのウフィッツィ(Uffizi)と一緒。
その両館の入口になっているのが、大聖堂とちょうど対峙する面、通称「ナポレオン翼」と呼ばれているのは、まさにナポレオンが自らの滞在のために建てさせたため。広場を囲んで「コ」の字型に連なる建物は、実はこの部分だけ新しいのがよく見るとわかる。

More
[PR]
by fumieve | 2013-08-13 06:57 | ヴェネツィア

そして・・・レデントーレの花火2013

a0091348_10572880.jpg


サン・ジャコモの(肉)祭りが、地域の田舎祭りなら、レデントーレのお祭りは、ヴェネツィアの(旧)共和国あげての祝祭。

続く:出かける・・・
[PR]
by fumieve | 2013-07-21 11:07 | ヴェネツィア

夏まっさかりのヴェネツィア!〜サン・ジャコモのお祭り

a0091348_357658.jpg


世界の大観光都市ヴェネツィアだが、意外にも、サグラ(sagra)と呼ばれる田舎の村祭りにあたる地区のお祭りがいくつか存在する。主に魚介類を食べるカステオのサン・ピエロ祭りぶどうの収穫祭にあたるサンテラズモのモスト祭り、と、数あるお祭りの中でも、最大規模と思われるのが、このサン・ジャコモの夏祭り

なにしろ、期間が10日間ほどと、ヴェネツィアのサグラの中では異例に長い。昼間の強烈な陽射しがようやく消え、外が気持ちよくなるこの時期、ぶらぶらと出かければ、おんなじように出てきた友人・知人にばったり出会うのもまた楽しみの1つ。

続く:が・・・
[PR]
by fumieve | 2013-07-21 04:23 | ヴェネツィア

サン・ロッコ教会の「カントリーア」、復活

a0091348_155615100.jpg


ヴェネツィア共和国が終焉を迎える直前の1789年、サン・ロッコ教会にはカントリーア(cantoria)と呼ばれる、宗教行事の際の聖歌隊や合奏団がそこで演奏をするための室内テラスが登場した。設計はピエトロ・フォッサーティ(Pietro Fossati)。
もともとヴェネツィアには、いや、ヴェネツィアの教会に限ったことなのかどうか、ちゃんと調べていないので正確なことはわからないのだが(どなたかご存知の方がいらしたらどうぞご教示ください!)サン・マルコ大聖堂をはじめ、サン・セバスティアーノ教会や、ヴェルディが指揮をしたことで知られるピエタ教会など、テラス型の聖歌隊席がいくつか存在する。
だが、サン・ロッコの場合、面白いのはこれが組み立て式ということ。同じような組み立て式テラスは、ほかの教会にもあったようだが、サン・ロッコのテラスはとくにその大きさと美しさで群を抜いていたそう。

つづく
[PR]
by fumieve | 2013-06-27 16:03 | ヴェネツィア

サン・ラッザロ・デッリ・アルメーニ島、アルメニア修道院

a0091348_182383.jpg


ヴェネツィアのラグーンに浮かぶ、大小の島々は昔から、その「孤島」という性質をそのまま利用して、航海を終えて帰ってくる、または外国から到着する人々の検疫所として、あるいは修道院として利用されてきた。
前者の例が、今は遺跡(と博物館)のみが残るラッザレート・ヌオーヴォ(Isola del Lazzaretto Nuovo)。
後者の例が、サン・マルコ湾からすぐ目の前に見えている、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島(Isola di San Giorgio Maggiore)やサン・フランチェスコ・デル・デゼルト(San Francesco del deserto)など。

続く
[PR]
by fumieve | 2013-06-10 18:35 | ヴェネツィア

アーティチョーク祭り、その後

a0091348_16263329.jpg


ヴェネツィアのアーティチョークは、今が旬。

食用のアーティチョーク(イタリア語ではカルチョーフィ、carciofi)にはいくつか種類があるが、ヴェネツィアでアーティチョークといえば、なんといっても「サンテラズモ」。正式名称は「サンテラズモのヴィオレット(violetto di Sant’Erasmo)」という。

名前になっているサンテラズモ島(Sant’Erasmo)を中心に、ヴィニョーレ(Vignore)、マッツァルボ(Mazarbo)など、ヴェネツィアの北ラグーンの島々で、数世紀前から生産しているという、まさに地元特産品。

続く
[PR]
by fumieve | 2013-05-14 16:38 | ヴェネツィア

ヴェネツィアは(水上)散歩日和

a0091348_20325397.jpg


ようやくいいお天気になって、ようやく暖かくなって、ヴェネツィアはお散歩日和。
水上バスでのラグーナ散歩もまた、気持ちがいい。

続く:・・・
[PR]
by fumieve | 2013-04-17 20:41 | ヴェネツィア

ヴェネツィアに新型観覧車登場!?

a0091348_17592628.jpg


Magari...
イタリア語のこの「Magari(マガーリ)」、日本語に訳しづらいのだが、あえて訳すと「だといいんだけど。」とか「まさかね。」とか、がっかり感とかあきらめ、あきれを表現する言葉で、まさにこの状況を一言で表すのにピッタリだと思う。

先日も、ツルツル問題でもの申させていただいた「憲法橋」は、開通当時からバリアフリー対策ができていないことで大きな問題になっていた。開通時には廃棄運動が起きたほどで、そのとき(おそらく苦し紛れに)「バリアフリーは別に考えているから」と言って追加されたのが、この"Ovovia"(オヴォヴィア、直訳すると卵道!)という外付けの乗り物だった。

橋が開通してから4年半。紆余曲折の末、結局まだ完成していない卵道だが、先日通りがかった際に試運転を行なっていた。

続く:「駅」・・・
[PR]
by fumieve | 2013-04-04 18:36 | ヴェネツィア

早春のサンテラズモ島

a0091348_722660.jpg


急に暖かくなって、だーっと雨が降って、またぎゅーっと寒さが戻って、真冬のように冷え込んだ週末。
これもヴェネツィア、ヴェネツィアの大農業地帯、サンテラズモ島(Isola di S.Erasmo)へ半日散策に出かけた。

続く:の〜んびり・・・
[PR]
by fumieve | 2013-03-17 07:18 | ヴェネツィア

雪のヴェネツィア

a0091348_1671982.jpg


昨日、お昼すぎから降り始めた雪。
今朝はやんでいたけど、まだ週末いっぱい、ずっとこんなお天気の見通し。

みなさん足元に気をつけて、暖かくして過ごしましょう。

22 feb 2013
[PR]
by fumieve | 2013-02-22 16:09 | ヴェネツィア