ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:ほかのイタリア( 355 )

ミラノでテマキーニョ

a0091348_2193737.jpg


「カリフォルニア・ロール」という名で、アボガド入りの巻き寿司だったが我々日本人を仰天させたのはいったい何年、いや何十年前のことだろう?
「スシ」はもはや、世界中に普及し、日本人以外の顧客を相手に、日本人以外の板前さん・・・というよりはむしろコックが握る「スシ」は、もはやいろいろな意味で、あらゆるヴァリエーションを生み出していると思われる。

「スシ」といえばまずは「ニギリ」と、これまたあらゆるヴァリエーションによる「マキ」だったイタリアで、「テマキ」までもがオシャレな軽食として登場していた。

続く: その・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-29 21:15 | ほかのイタリア

ミラノの「M」

a0091348_514353.jpg


ただでさえ、ミラノの地下鉄のマーク「M」は、某ハンバーガー・チェーン店のそれによく似ていて紛らわしい。なのに、さらに、ミラノの町のど真ん中、ドォーモ横のデパート、リナシェンテ(Rinascente)の間口いっぱい、「もどき」でキッチュなファストフード店が登場!?

続く:・・・と・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-19 05:17 | ほかのイタリア

アクイレイア、大聖堂のクリプタ

a0091348_823976.jpg


アクイレイアの大聖堂について、その最も古い教会の床モザイクについては、そこここで何度も書いているけれど、あらためてさらって見ると、逆にモザイク以外については、ほかにも魅力はいろいろとあるにも関わらず、ほとんど紹介していなかったことに気がついた。

続く:例えば・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-07 08:28 | ほかのイタリア

プロセッコの里で

a0091348_6455253.jpg


ヴェネツィアから50kmほど北へ上がると、それまでのだたっ広い平野部から、やがてアルプスへと向かう間の辺り、緑に覆われたゆるやかな丘陵地帯になる。その緑の多くはぶどう畑。辛口の発泡白ワイン、プロセッコ(Prosecco)の産地の中でも特にDOCG(原産地認定)の「コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ(Conegliano Valdobbiadene)」として知られる地域である。ヴェネト州トレヴィーゾ県、合計で約20,000ヘクタール、15市がその中に含まれる。
ちなみに、今年、同じイタリアでピエモンテ州のランゲ、ロエロ、モンフェッラート(Langhe-Roero e Monferrato)という地域が、ユネスコ世界遺産に認定されたが、このプロセッコ地域も公式サイトによると、ユネスコ登録を目指しているらしい。

続く:確かに・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-06 06:49 | ほかのイタリア

トリエステのジェラテリア、ヤッツィン?ジャズィン?

a0091348_14494510.jpg


トリエステのジェラート屋さんといえば、駅の近くのザンポッリ(Zampolli)も定番なのだけど、先日、やはり地元の方に教えてもらったのはこちら。町のど真ん中、イタリア統一広場から、ローマ劇場と違う方向に一本入ったところにある、ちょっとおしゃれなジェラテリア、Jazzin。
地元の友人によると、正しくはイヤッツィン、と発音するらしい。

続く:きらきら・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-04 14:53 | ほかのイタリア

トリエステのローマ劇場

a0091348_17422575.jpg


イタリアに限らず、かつて古代ローマの都市として建築されたヨーロッパの町では、ローマ時代の遺跡、それも劇場が町の中にふつ〜うに残っていることも珍しくない。

続く:イタリア・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-03 17:47 | ほかのイタリア

フィレンツェならでは!な大人ジェラート

a0091348_22493547.jpg


フィレンツェの花の大聖堂、ドォーモのすぐ脇。
「BIO」(自然食品)をうたった、ちっちゃいけどちょっとすてきなジェラテリア(gelateria、アイスクリーム屋)ができていた。

続く:最近・・・
[PR]
by fumieve | 2014-06-24 22:55 | ほかのイタリア

フオーリ・サローネ2014〜6・技術とアイディアと

a0091348_1543267.jpg


伝統工芸とデザインのコラボは、ここにも見ることができる。

古くから金属加工や鍛冶の工場が集まる新潟県の燕三条で、その刃物の刃を支える木工の工房として発展してきたマルナオ。伝統的な利器、工具に加え、今ではその材質としての木に関する知識と技術を生かし、黒檀や紫檀の箸や日用品など、洗練された身の回りの小物を展開している。
代表取締役の福田隆宏さんは、職人であり、自らデザインもおこしている。材質を知りつくし、技があるからこそできる、自信のデザイン。 これもまた、伝統工芸らしさの1つだろう。

続く:そして・・・
[PR]
by fumieve | 2014-05-31 15:54 | ほかのイタリア

パドヴァでミニ女子会、アンティーコ・ブローロ

a0091348_2515943.jpg


ずいぶんむか〜し、一度来たことがあったが、もうすっかり忘れていた。
パドヴァのほぼ中心部にあるアンテォーコ・ブローロ、店内はクラシックな雰囲気なのだが、テラスというか前庭というか、半外はこんな、ショッキング・ピンクを使ったポップ&エレガントなしつらえが結構新鮮。

続く:イタリアの・・・
[PR]
by fumieve | 2014-05-29 02:58 | ほかのイタリア

フオーリ・サローネ2014〜5・シチズン・デビュー

a0091348_19594853.jpg


ほんとにもう、遠い過去のかなたになりつつある、ミラノ・フオーリ・サローネだが、薄らぐ記憶を必死にたぐり寄せると、期間中、それこそ何百もあるイベントの中で、よくメディアに取り上げられていたうちの1つが、Citizen ”Light is Time”。

続く:ミラノ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-05-28 20:05 | ほかのイタリア