ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:ほかのイタリア( 355 )

ジェノヴァのイーイタリーで食べる

a0091348_17505459.jpg


イーイタリー初探検の目的は、物色ではなく実は夕食。
中にレストランが入っていて、さすが港町ジェノヴァだけあって、お魚もおいしいとの噂だったたため。

続く:日曜日・・・
[PR]
by fumieve | 2014-01-21 17:54 | ほかのイタリア

イタリア食材店イータリー、ジェノヴァで初物色

a0091348_513339.jpg


日本にもすでに、いくつも支店があるらしいので、日本の方のほうが詳しいかもしれないイータリー(Eataly)はトリノに本社をおく食材専門店。イタリア全国の、いい素材のちょっとおいしいものを集めた大型店で、日本全国どころか、世界中のおいしいものがデパートや高級食材店でいくらでも手に入る日本と違って、食は土着、が基本のイタリアでは、これまでデパートでもあまり食部門は発達しておらず、初めて登場したときはかなり画期的というか衝撃的だったに違いない。 日本ならデパ地下というか、むしろデパートのイタリア物産展という感じか。 ニューヨークや東京にさっさと出店しているのも、アメリカや日本のほうが、むしろそういう文化に慣れているからだろう。

続く:トリノ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-01-21 05:20 | ほかのイタリア

イタリアで、初めてのスキー

a0091348_5475725.jpg


1カ月ほど前に、ボルツァーノ郊外のスキー場に行く機会があった。
ぴかぴかの新雪に抜けるような青空、全く予定していなかったのだが、1本だけどうしても滑ってみたくなった。
スキーは、超運動音痴の私が、唯一とりあえず人と一緒にある程度楽しめるくらいに上達した唯一のスポーツ。(それもこれも、20代のときの猛特訓のおかげ・・・そのころ、忍耐強く、誘い、つきあってくれた友人、同僚、センパイのみなさん、あらためてありがとうございます。)
とはいえ、イタリアに来てから一度も滑ったことがないから、もう十数年ぶり!?なにししろひどい運動音痴だから、もはや体がすっかり忘れているかもしれないのと、それ以上に懸念したのは、その当時と今とでは、スキー板の形が根本的に変わってしまっているらしいこと。確か、力の入れ具合が逆とかになっているのでは???・・・が、レンタルスキー屋さんで聞いてみると、全然問題ない、大丈夫、との回答。しかも、ブーツ&板でレンタル料1日15ユーロという安さにはげまされ、とりあえずはいてみることにした。
滑っても1本のつもりだったから、ウエアはなしで、その場で着ていたふつうのダウンに下はレギンス。

続く:とりあえず・・・
[PR]
by fumieve | 2014-01-18 05:57 | ほかのイタリア

ローマの中世初期美術館

a0091348_19473663.jpg


地下鉄B線のはじっこの方、Eur Sportから歩いて5分ほど。お役所の並ぶ新市街というと、何やらかっこいいスーツの男女がさっそうと歩いているのではないかと期待するが、実際は平日の昼間というのに、巨大な建物の間の道路に、車がものすごい勢いで走っているだけで、人はほとんど見かけない。
EUR(エウル)という地区は、ローマの中でも決して好んで行きたい場所ではないが、実は、いくつもの博物館が並ぶエリアがあって、巨大な民族博物館(Museo delle Art e Tradizioni Popolari)と、巨大な先史博物館(Museo Nazionale Preistorico Etnografico “Luigi Pigorini”)にはさまれるように、中世初期美術館(Museo Nazionale dell’Alto Medioevo)もある。

続く:1967・・・
[PR]
by fumieve | 2014-01-16 19:54 | ほかのイタリア

モザイクの旅、超・番外編〜ローマのフォロ・イタリコ

a0091348_2225445.jpg


フォロ・イタリコと呼ばれる、ローマの総合スポーツ施設に、裸のスキーヤーをはじめとする面白い彫像が立っているのを以前紹介したことがあるが、ここには実は、同じくスポーツのいろいろな場面などを描いた、床モザイクも存在する。

ただでさえ、これまたかなり広い面積にわたって大きな絵が描かれているのと、なにしろ床だけに、その上を人が歩いていると写真がうまく撮れないのだが、先日、その一部撮影に成功!(大げさ)

続く:白黒の・・・
[PR]
by fumieve | 2014-01-14 02:34 | ほかのイタリア

メラーノのクリスマス・マーケット2013

a0091348_71811.jpg


ボルツァーノからローカル電車に乗ってさらに45分。鉱泉リゾート地と知られるメラーノ。ティロロやナトゥルノへ行くのに、通過したことはあったが、町を歩くのは実は初めて。せっかくなので足を伸ばしてみたら、ここのクリスマス・マーケットは、規模でいうとトレントボルツァーノよりかなり大きい感じ。
川をはさんで反対側には、移動遊園地などもできているらしく、まさにクリスマスの一大イヴェントなのだろう。

続く:食材・・・
[PR]
by fumieve | 2013-12-16 07:38 | ほかのイタリア

トレントのクリスマス・マーケットは食が充実!

a0091348_0191371.jpg


押すな押すなの混雑の中でも、すてきなキャンドルやオーナメント、プレゼント用品よりも、よりハムやチーズなどの「食材」系のお店の人だかりがすごかったトレントのメルカティーノ(mercatino、マーケット)は、その場で買って食べる、いわゆる「ファストフード」もめちゃくちゃ充実していた。

続く:ちょうど・・・
[PR]
by fumieve | 2013-12-08 00:41 | ほかのイタリア

トレントのクリスマス・マーケット2013

a0091348_5475465.jpg


完全に、ドイツ(とかオーストリア)気分満載のボルツァーノのクリスマス・マーケットと比べて、少しだけ南で、イタリア語圏のトレントのクリスマス・マーケットは、今から思うとやはり、どこかイタリアっぽかった。

続く:晴天の・・・
[PR]
by fumieve | 2013-12-07 06:11 | ほかのイタリア

ボルツァーノの、山小屋風レストラン「白馬」

a0091348_17984.jpg


クリスマス市&ショッピングに夢中で、お店に飛び込んだときには2時半をまわっていた。ヴェネツィアなら、「キッチンがクローズしてるから」とあっさり断られる時間。「まだ食事できますか?」とおそるおそる尋ねると、「もちろん!」と気持ちのいい返事がかえってきた。そういうホスピタリティが、旅先だとよけいに嬉しい。

ボルツァーノに行くと言ったら、「絶対ここで食べて」と知り合いに勧められたお店。だから余計に逃したくなかった。そうそう、ここ、外壁の装飾も一段とすてきで、ぜひ来てみたかったのよね〜。

続く:山小屋・・・
[PR]
by fumieve | 2013-12-05 17:12 | ほかのイタリア

そして欠かせないカネデルリ、ボルツァーノ

a0091348_5584586.jpg


トレントから北へ、電車で30分くらいの距離だが、ボルツァーノまでくるとイタリア国内でもドイツ語圏、町も一気にドイツ風になる。
ドイツ風といえばビール、そしてボルツァーノといえばまずはここ、ビッレリア(Birreria、ビアホール)Hopfen & Co.

夏休みの旅だった前回は、さくっと山を歩いたあと、ビールとお肉の盛り合わせをどーんといただいたが、この地方へ来たら欠かせないのが、 パンのお団子というべきカネデルリ(Canederli)。
この日はやはりおいしいと噂の、「スペック(Speck、というやや薫製の生ハム)&ビール味というカネデルリのサラダ添え」にしてみたのだが、一人前で(やや予想はしていたものの)巨大なの3個も、どーーーん!

続く:そして・・・
[PR]
by fumieve | 2013-12-04 06:05 | ほかのイタリア