ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

訃報 エマヌエーレ・ルッツァーティ氏

a0091348_2484540.jpg


訃報 エマヌエーレ・ルッツァーティ氏
Scomparso Emanuele Luzzati

朝、のそのそと起きてコンピュータを開けたら、いつも早起きのFさんからメイル。エマヌエーレ・ルッツァーティ氏が亡くなったとのこと。ルッツァーティは、クレヨンと貼り絵などを組み合わせて、ヘタウマみたいな楽しい絵を書く、ジェノヴァ出身のイラストレーター。昨年、ヴェネツィアで彼の「マルコ・ポーロ」展をやっていたのは、以前HPでも紹介した通り。

http://www.geocities.jp/vivereavenezia/luzzati.milione.htm

慌てて、ニュースをチェックしたら、確かに、去る1月26日、ジェノヴァの自宅にて息を引き取られたのだそう。享年85歳。以下の記事によると、翌日には市内のパラッツォ・ドゥカーレ(総督館)で金のグリフォ賞(Grifo d’oro)を受けることになっていた、とのこと。

http://www.exibart.com/notizia.asp?IDCategoria=204&IDNotizia=18620

グリフォとは鷲の頭に羽のついたライオンの体をもつ想像上の動物で、ジェノヴァ市のシンボル。(ちなみに、ウンブリア州ペルージャも同じ。)だから、金のグリフォ賞、といえば、ヴェネツィアでいう金獅子賞にあたり(ライオンはヴェネツィアのシンボルなので、念のため)、つまり名誉市民賞のようなものだろう。

私はいくつかの絵本に馴染みがあるが、ルッツァーティは、舞台背景・衣装などのデザインでも活躍した人。ざっと見たところ、残念ながら手元には資料がなかったが、彼の衣装デッサン画は見たことがある。デザイン、とは言っても、彼の絵はあくまでも絵本と同じヘタウマなので、パタンナーは苦労するだろうな、と余計な心配をしたものだ。それとも、その絵からいかに現実の衣装を起こすか、力の見せ所なのかもしれない。

直接お目にかかる機会はなかったが、彼の場合、きっとあの世も色にあふれた「楽園」なのに違いない。ご冥福をお祈りします。

彼の町、ジョノヴァにはもちろん、ルッツァーティ美術館がある。今度、ジェノヴァに行く機会があったら、ぜひ立ち寄ってみたいと思う。

http://www.museoluzzati.it/

30 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-31 07:45 | 見る・観る

Radio3

Radio3

RAI(国営放送)のラジオ第3チャンネル。
ここのところ、必要に迫られて家にこもって勉強しているのですが、もともと集中力に欠ける私は、もちろん周りが騒々しいのは論外として、あんまりシーンとしすぎてもなんだかダメ。適度に、かる~くBGMが欲しい、と思ってたどり着いたのがこれ。なんだか、今更、なのですが・・・。
今まであまりラジオは活用していなかったのですが、友人が、朝起きて仕度をするのにラジオをつけているのを見て、なるほど。ここは、朝テレビでニュースをあまりやらないので、ぼんやりした頭に軽く情報を耳に入れるには、ラジオは最適。しかも聞いてみると案外、情報伝達が音のみに限られているだけに、テレビよりもずっと聞きやすい(イタリア語がわかりやすい)。
と、見習ってみたものの、昼間ずっとつけておくには、コマーシャルが結構うるさい。テキトウによく入るチャンネルに合わせていると、当然地元系の放送局が多く、近郊の「きちがいピザ屋」だの、「毛皮50%オフ」など、電話番号は住所まで暗記するまで聞かされる。かつ、民放は、結局のところハヤリ歌というか、どのチャンネルも、どの番組も同じ曲ばかりかけていて、飽きてしまう。
ところが先日、これまたたまたま、オケの代わりにピアノで伴奏、という不思議なオペラを生中継しているところに遭遇(1月10日付けブログ参照)。それがこのチャンネルでクラシック音楽が中心で、軽音楽はせいぜいジャズ程度。要するにNHK-FMみたいなものだと思います。ありがたいのは、CMがないこと。(RAIのテレビは、民放と全く同じレベルでCMが入る。)ミラノ・スカラ座をはじめとする国内の劇場のほか、NYのメトロポリタンなどからの生中継の放送が豊富なのはさすがで、正直のところ、あ、イタリアもまだ捨てておけない、と久しぶりに思った次第。
音楽のみならず、演劇を中継している日も。それ以外のプログラムも、評論、ドキュメンタリーなど、しぶいものがずらり。どの番組も総じて声のトーンが低く、落ち着いていて耳が疲れません(ほんとにイタリアでないみたい)。

私のラジオ、ずっと昔に友人に譲ってもらったもので、実はステレオですらないのですが、それでも結構、楽しめます。(BGMには十分、というべきでしょうか。)
先週、ローマで見た(聞いた)クイリナーレ館(大統領官邸)での日曜日12時からのコンサートも、実は毎週、生中継していることも発見!
アンコール曲のダウンロードもできますので、興味のあるかたはどうぞ。
http://www.radio.rai.it/radio3/concerti_quirinale/index.cfm

28 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-29 20:43 | 聞く・聴く

ヴィットレ・カルパッチョ 修復された3つの作品

a0091348_10103257.jpg


ヴィットレ・カルパッチョ 修復された3つの作品
ヴェネツィア、アッカデミア美術館

Vittore Carpaccio. Tre capolavori restaurati
Venezia, Gallerie dell'Accademia
http://www.gallerieaccademia.org/

1月27日~3月4日まで

同館所蔵3作品の、修復終了のお披露目。特別展といっても、展示されているのはこの3点のみ。入り口から進路を逆行して、すぐ左にある階段を上がって、さらに左側の部屋にあるので、まず先にこちらを見てから、他のカルパッチョを含む常設展を見るのも手だと思う。

「カステッロの聖アントニオ教会に現れたアララト山の十字架」(1512-13年)
祭壇画「アララト山の1万の殉教者」(1515年)

この2作品は、ヴェネツィアのカステッロ地区、聖アントニオ教会のために描かれたもので、カルパッチョの最晩年の作品にあたる。
「殉教者」は、キリスト教に改宗した1万人のローマ兵が、オリエントの王たちと手を組んだ自軍の皇帝によって抹殺されるという伝説を描いたもので、絵のコミッショナーである対トルコ戦線で活躍したエットレ・オットボンを称えている。実際には、1514-15年の間、ハプスブルグ家マッシミリアーノ皇帝とオスマン・トルコのスルタン、セリムとの間で検討されていた、対ヴェネツィア同盟を暗示。ローマ皇帝として、カルパッチョはマッシミリアーノ皇帝を想定している。物語絵を得意とし、特に歴史・伝説の中に現実を投影させるのを得意としたカルパッチョの真骨頂とも言える作品。
前者の物語性の強さも印象的ながら、「カステッロ・・・」では、廃止され、今はなき同教会の内部や、その祭礼の詳細を観察できるのも面白い。こちらも、細部の表現にこだわるカルパッチョならでは、報道写真のような作品である。

「救世主の血」(1496年)
元々は、ウディネの殉教者・聖ピエトロ教会(chiesa di San Pietro Martire)にあったもので、やはり1810年に没収され、一時はウィーンに持ち去られたこともあるが、1919年にイタリア、ヴェネツィアの同美術館に戻された。1924年より、ウディネ市立美術館に貸し出し。このお披露目の後も、しばらくはウディネに戻される予定。
両側に広がる風景の美しさも指摘されているが、個人的には、キリストの後ろ、2人の天使が支え持つ織物の美しさにうっとり。近くで見ると、金糸独特の張り、ゴワゴワ感(着物の帯のような感じ)まで見てとれるし、少し離れて見ると、波打った織物の立体感がよく出ている。
また、キリストを囲む4人の天使、特に向かって左側の2人の衣装の玉虫色は、50年後のヴェロネーゼをほとんど先取りしているかのよう。

ヴェネツィア派の画家の作品は、ロンドン、パリ、マドリッド、ウィーン、と世界の主要美術館に散っているが、そういえばカルパッチョに関しては、特にこのアッカデミア美術館の「聖オルソラ伝説」をはじめ、大作、代表作がほとんどヴェネツィアに残っている。久しぶりにまたカルパッチョ廻りをしたくなった。

27 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-28 10:11 | 見る・観る

自画像展 ウフィツィ・コレクションより

a0091348_7435667.jpg


自画像展 ウフィツィ・コレクションより
ヴェネツィア、パラッツォ・フランケッティ

Autoritratti/Selfportrait i volti dell'arte dalla collezione degli Uffizi
Venezia, Palazzo Franchetti
http://www.arthemisia.it/

1月27日~5月6日まで

フィリッピーノ・リッピ、ラファエッロから、レンブラント、ヴェラスケス、カノーヴァにハイエツ、シャガール、タピエス。15世紀から現代までの64人の「顔」がこちらを向いている。
フィレンツェ、ウフィツィ美術館の、通常は非公開の「ヴァザーリの廻廊」に所蔵される作品群。私は自画像はおろか、肖像画というものをきちんと勉強したことがないが、画家や彫刻家たちが「自分」を表現するときにどういう行動をとるのか、というのは、確かに面白いテーマなのだろうと思う。
当たり前だが、それぞれの自画像が、ほとんどの場合は自分の画風を守っていて、これを見ると、それぞれの自画像でない作品を見たくなる。他の作品を一緒に、となるとテーマが違ってくるし話が大きくなってしまうが、代表作の写真でも、タイトル、解説とともに載せてあったりしたらより面白いのでは、と思った。まあ、そこまでサービスする必要はないのかもしれないが・・・。
「自画像」としてのスタイルが変遷していく様子も見てとれる。黒の正装で真面目にこちらを向く15-16世紀。色も動きも派手になる17-18世紀。ネオクラシックとともに再びクラシックなスタイルに戻り、そして写真技術の登場。
a0091348_7444623.jpg
ポスターにもなっている、ラファエッロの美しさがやはり群を抜いているが、個人的には、ジャコモ・バッラのあたたかい自画像が気にいった。

(下の絵は、バッラの「太陽の前を通る水星」)

a0091348_748142.jpg



26 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-27 07:00 | 見る・観る

賞味期限

HP「ヴェネツィアに暮らす」、更新しました。

http://www.geocities.jp/vivereavenezia/

1月25日「賞味期限」をご覧ください。
[PR]
by fumieve | 2007-01-26 18:51 | 飲む・食べる

ヴァチカン図書館

Biblioteca Apostolica Vaticana
ヴァチカン図書館

9月18日から7月13日の月~金
閲覧室は8.45-17.15、ただし、書籍請求は12.00まで。


名目上は、学者へ公開ということで、入るのには手続きが必要。
大学教授などの推薦状が求められるが、マニュアルによると、原則は、修士・博士以上。学部の卒業論文レベルなら「ここにしかない資料を参照したい」場合のみ。
サン・ピエトロ大聖堂から、ヴァチカン美術館へ向かう道沿い(Via di Porta Angelica)、スイス衛兵がいて、車が入っていく道のある門から入る。もちろん、既に許可証、推薦状などの提示が必要。中に入ってすぐ右側に”Ufficio”(オフィス)があり、要するにここで「入国手続き」をする。用紙に目的その他を記入し、パスポートを提示。「入国許可(本日分)」というのを発行してもらう。
そのまま道なりにまっすぐ行き、もう1度、守衛が立つ大きな門を通り過ぎ、右の奥が図書館の入り口。
第1回目はまず、入ってすぐ奥のSegreteria(事務局)で、利用者登録をする。やはり申し込み用紙に図書館利用の目的など書き込み、推薦状・入国許可証・パスポートとともに提出。なんといきなりそこで写真を取り、写真つきの入館カードを受け取る。それももちろん期限が明記されている。
ちなみに、2回目以降はその入館カードで、市国内にスムーズに入ることができる。

図書館は、ここからがまた複雑。
入館カードを、入り口の守衛に渡し、ロッカーの鍵を受け取る。2階(日本で言う3階)が閲覧室。立派なカウンターがあり、そこで鍵を渡し、カウンター上の表に、鍵番号、氏名、席番号を記入する。席は自由なので、落ち着いて後から書き込んでも可。
広い、細長い部屋に机が同じ方向、講演会方式に並んでいる。1つ1つの席には書見台が供えられていて、よく見ると机の裏側には電源もあり、パソコン持ち込みもOK。
壁の両側は書架になっていて、そこの本は自由に取り出して閲覧可。中二階にもあり。
カウンターからみて右側の奥の小部屋に図書カード及び、検索用のコンピュータがあり、書籍請求は、もとのカウンターで。必要な用紙を1枚1枚くれる(書いているところをすでにコントロールされている)。用紙の最初に鍵の番号を書くようになっていて、すべて番号で動くので、効率的といえば効率的。鍵自体は、最初に写真・個人データ入りの入館カードと交換で受け取っているわけで、要するに二重、三重に管理しているのだろう。
まさにイタリア語が通じる外国、という感じだった。
請求は何度でもできるが、1度に閲覧できる本は5冊まで。これもかなり細かくチェックしているが、先に借りた本を1度カウンターに返して、キープしておいてもらうことも可能らしい。意外と気も利いている。
退出時は、借りていた本を全てカウンターに返して鍵を受け取り、ロッカーの荷物を取り、守衛に鍵を返してカードを受け取る。
途中退室して戻ってくることも可能だが、ロッカーを一旦空にし、鍵を守衛に返して、入館カードを引き取る必要がある。(カードがないと、ヴァチカン市国自体に入れなくなってしまうので)。その日に一度鍵をもらっていると、守衛のコンピュータにはその番号に全部個人データが残っているので、再入館時に同じ番号の鍵をもらうようにすれば、本を請求したまま外出もできる。
(よく考えると、あえて他人の鍵を受け取り、ロッカーを開けてから「間違えました」ということもできてしまう。いずれにしてもロッカーには貴重品は入れないほうがよさそう。)
いろいろとややこしいので、初日(昨日)はどこかで何かを無くしてこないか緊張したが、中はそう大きくもなく(蔵書数はすごいと思うが)比較的あたたかい雰囲気(!???)で、2日目には既に顔を覚えられていて、「おはよう」と、にこやかに迎えられた。

23 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-24 21:54 | 学ぶ・調べる

おもてなし

おもてなし
Ospitalita`

a0091348_713561.jpg


というわけで、ここ数日、またローマにいます。
今回は、M&Mちゃん宅に泊めていただいているのですが、居候な上に、毎日いろいろなご馳走に預かっています。

初日は、プンタネッラ・サラダと力うどん。プンタネッラはローマ地方の名物で、細長い、細長いはっぱの野菜。秋から冬にかけてのもので、それもアンチョビ・ソースをかけて食べるのが定番なのだそう。もちろん、ヴェネツィアにはありません(たぶん)。最近、冬の間はほとんど生野菜を食べないけど、これは季節のもの、と体が知っているせいかおいしい。レタスよりもしゃきっと歯ごたえがあるのが好きで、長い電車の旅の疲れもあって、バリバリとウサギのように頂きました。
このお宅では、ほとんど自宅のような気分でくつろいでいるため、写真を撮るのを忘れたのが残念。

a0091348_7143218.jpg

昨日は、K&A&Yちゃん宅にみんなでおよばれ。手ぶらで気楽に向かってしまったら、なんと出迎えてくれたのは、色とりどりの巻き寿司にサーモンの手まり寿司、浅漬けにお味噌汁。見た目はもちろん、味も◎。ちょっと不思議なインドカレーもあり、最後にレモン・シフォンケーキの生クリーム添えまで出て、幸せな食べ過ぎ・・・。

そして今晩は、野菜たっぷりの麻婆茄子に、海藻サラダと、お味噌汁。なんだか貴重な日本食材を片っ端から消費させている気もしますが・・・。

ふだん1人暮らしで、ダイエット及び最近は忙しくしていたこともあり、超・粗食生活を送っていた身には、たいへん贅沢な日々でした。
みなさま、あたたかいおもてなしをありがとう!!!
(食い意地が張ってるため、ついつい食べ物の話に凝縮してますが、感謝は食事だけではありませんので・・・。)
次回もどうぞよろしくお願いします・・・ね!

a0091348_715724.jpg


22 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-23 07:12 | 飲む・食べる

クイリナーレ館(大統領官邸)

Palazzo del Quirinale
クイリナーレ館(大統領官邸)

a0091348_6453082.jpg


一般公開は、日曜の8.30-12.00。
イタリアの祝日に重なる日など、お休みもあるので、事前に確認を。
http://www.quirinale.it/homepage.asp

古代ローマ7つの丘の1つ、クイリナーレの丘。
16世紀の末に、既にあった建物に改装・増築を加えたのが、当時のローマ法王グレゴリオ13世。以来、手を加えられ、拡大を続けながらローマ法王の私邸として利用されてきた建物だが、1808年、仏ナポレオン軍がローマを占領した際、同館も接収の対象となり、1811年には皇帝の宮殿となる。ナポレオン失脚後、一旦は教会財産に戻されるもののイタリア統一後、1870年のローマ遷都にあたり、国王宮殿に。現在はイタリア共和国の大統領府となっている。正面玄関はじめ、警官にものものしく警備されているのが、ローマ(イタリア)のほかのどの場所とも違った雰囲気を出していて、平日に前の広場を通っても、なるほど官邸だった、と思い出さされる。

現在公開されているのは、1階(日本で言う2階)の約41室のうちの30室弱。修復が最近終了したばかりのフレスコの間などもあり、入り口で購入できるガイド(10ユーロ)は2006年に発行されたばかりで情報が新しいばかりだけでなく、写真も美しい。外では買えないらしい。ただし、イタリア語のみ。
各部屋には、イタリア語、英語の説明書きがおいてある。

実は、チケットを買って入ってすぐの広い部屋、「大統領護衛騎馬憲兵の間」(Sala dei Corazzieri)に、1615年にローマへやってきた支倉常長・使節団が描かれている。入り口から入って右側の壁、1番上の段にバルコニーから下を覗き込む人々のだまし絵が描かれているが、その4つのグループのうち、向かって左から3番目、入り口から数えると2つめ。フランチェスコ会修道士ソテロと、その話を聞いているのが支倉常長。後ろの4人も、使節団のメンバーである。
この部屋はもともと、「王宮の間」(Sala Regia)と呼ばれていて、外国人大使や使節等の謁見の間として利用されていた。日本使節団が来訪した翌年、当時の法王パオロ5世が、新しい謁見の間を作るにあたり、法王自身の在位中にローマに謁見に訪れた、世界各地の使節団や大使を描かせたというもの。

見学は、イタリア人の団体さんが多く、個人の外国人がちらほら、という程度だった。
12時から、パオリーナ礼拝堂で小1時間のコンサートがあり、それが終わると皆、建物を後にさせられる。

21 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-22 08:59 | 見る・観る

東アジア研究科 図書館(大学)

東アジア研究科 図書館(大学)
Biblioteca del Dipartamento di Studi sull’Asia Orientale
月~金 9:00 – 19.00
ただし、書籍請求は、9:30-13.00, 14.30-17.00

カルミニ・ヴェンドラミン館(Palazzo Vendramin dei Carmini)というヴェネツィア建築のお屋敷内、階段を上がった2階(1° piano)にある。既にそこで突然、日本語のポスターが目に飛び込んできたりと、違和感があるが、中へ入ると、閲覧室では多くの学生が、日本語の辞書などを引きつつ勉強しているという、不思議な空間。もちろん、韓国語、中国語を勉強している学生もいる。
パソコンの利用、閲覧ともに、学生証の提示が求められる。退出時に引き取る仕組み。
辞書や語学参考書などは開架式で自由に参照できるが、ほとんどの書籍は、やはりカードに書いて請求する。書籍により、貸し出し可。
通常の辞書はもちろん、実はかなり専門的な日本語の辞書もあったりするので、何かあったらここに来ればいいんだ、と思いつつ、いざというときにはいつも忘れてしまう。
学科の図書館のため、教務がないときなどは閉館となってしまうのが難点。

17 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-18 10:41 | 学ぶ・調べる

「ゴルドーニの家」市立図書館&トスカニーニ没後50周年

a0091348_7295463.jpg


「ゴルドーニの家」市立図書館
La biblioteca Civica di Casa Goldoni
月・水・金 8.30- 13.30
火・木 8.30 - 17.00

18世紀、ヴェネツィアを代表する劇作家、カルロ・ゴルドーニの生家。サンタ・ルチア駅からリアルト橋まで歩いていく途中、サン・トマ広場とサン・ポーロ広場の間にあり、現在は「ゴルドーニの家」博物館になっている。

図書館はエレベータで3階へ。テアトロ(劇場)専門図書館、こちらでいう “Spettacolo” 、つまりステージ催し物全般というべきか、演劇のみならず音楽も対象。
ロッカーなどはなし。第1回来館時に、利用者登録をする。
入ったところがそのまま、目録室。ここはヴェネツィアの図書館にしては設備が新しい(!)が、目録はやはり紙。そして、必要な本をカードに書き込み、請求する。
閲覧室は全部で10席ほど。図書館というよりは、会社の役員会議室のような大きなテーブルが1つ真中にあり、図書館らしからぬ椅子が両側に並んでいる。
貸し出しは不可。コピーは、そこにおいてあるメモ用紙にページを書き込み、依頼する。会計は最後に。

たまたま、探していた本がここにあったので初めて行ってみた。今日は、時間がなく、探し物だけで帰ってきてしまったが、入ったところに、演劇のほか、オペラや音楽の雑誌などが並んでいた。イタリアは、雑誌は本屋でなく新聞スタンドでの販売なので、立ち読みができない。買うほどじゃないけど見てみたい、そんな雑誌を時間のあるときに、パラパラと見にくるのによさそう。
演劇、とくに喜劇は言葉の問題もあり、今まであまり触手が動かなかったが、ちょうど今年はそのゴルドーニ生誕300周年にあたり、ヴェネツィアではいろいろと関連の行事が予定されている。せっかくヴェネツィアにいるのだから、そろそろゴルドーニにも親しんでみたい。

音楽ついで、記念日ついでに言うと、今日、2007年1月16日は、20世紀前半を代表する指揮者、アルトゥーロ・トスカニーニの50年忌にあたる。地元パルマでは、「トスカニーニの家」博物館がオープンしたらしい。そして、新聞はともかく、いつもは何があってもあまり代わり映えのしないこの国のラジオ、テレビなどが、今日は朝からトスカニーニ一色という感じになっていた。

16 gennaio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-01-17 07:31 | 学ぶ・調べる