ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

予告:イタリア美術館 無料開放の日(3月8日, 25-31日)

a0091348_2523732.jpg


毎日毎日、霧・・・と思っていたが、今日は気温がずいぶん緩んで、霧というよりは靄、という感じになった。



a0091348_2534626.jpg
そういえば、女性にミモザを贈る習慣の3月8日「女性の日」は、気がついたらもう来週。実はいつもこの日にはまだまだ花が開かないミモザの木、今日通りがかったらだいぶ黄色く、花がふくらみ始めていた。

その女性の日、来週8日(金)は、イタリア全国の国立美術館、博物館、モニュメントで、女性は誰でも入場無料にする、と文化省から発表された。
ヴェネツィアなら、アッカデミア美術館(Gallerie dell’Accademia)と、カ・ペーザロの東洋美術館(Museo dell’arte orientale)。ただし、同じカ・ペーザロ内にある現代美術館(Ca’ Pesaro Museo dell’arte moderna)は市立で別なので要注意。同じく、市立のコッレール美術館(Museo Correr)と入口が一緒の、考古学博物館(Museo archeologico)およびマルチャーナ図書館(Biblioteca Marciana)は、いつもはコッレールの入場料を払ってついでに入るような格好になっているが、この日は、チケット売り場で申し出れば、国立部分だけ無料で見せてくれるらしい。
国立は他に、フィレンツェならウフィッツィ、アッカデミア美術館など。ローマでは考古学博物館などのほか、「コロッセオ」などのモニュメントも含まれる。

そんなたった1日だけ、しかも平日では利用できる方は少ないかもしれないが、3月は月末に「文化週間」も予定されている。この期間は、やはり同じ国立の施設がすべて入場料無料になるほか、開館時間延長や、無料見学ガイド、各種講演会やイベントなどが企画されるから、イタリア在住の方はもちろん、その期間にイタリア旅行を予定されている方もぜひ各地の情報などをしっかりチェックして、利用していただきたい。

a0091348_2543597.jpg
ご参考までに、イタリア国内の(国立?)大学の文化財保護科(美術史・考古学・文化人類学など)、建築科、およびアッカデミア(美術院)に在籍する学生は、年齢にかかわらず上記国立の施設がすべて年中無料。通常は学生証の提示でOKだが、フィレンツェでは特に、その年度の登録証または成績手帳(libretto)なども合わせて求められる。また、入場料に追加される、予約料や特別展などはこれに含まれないので、その分は払う必要がある。

ついでに、ヴェネツィア住民は、IDカード(Carta Identità)の提示により、これも年齢に関わらず市立美術館がすべて入場無料になる。前述のカ・ペーザロ、コッレールのほか、パラッツォ・ドゥカーレ(Palazzo Ducale, 総督館)、カ・レッツオーニコ18世紀美術館(Ca’ Rezzonico)、パラッツォ・モチェニーゴ衣装博物館(Palazzo Mocenigo)ムラーノ・ガラス博物館(Museo del Vetro)など。ほかに、Chorusというグループになっている、見学有料の教会、フラーリ大聖堂(Santa Maria Gloriosa dei Frari)や、ジェズアーティ教会(Chiesa dei Gesuati)なども同様。
a0091348_2585419.jpg


これらに該当しない旅行者でも、中学生以下、及び65歳以上、学生・・・など、無料や割引の対象になる場合が多いので、チケットを買う際に、とりあえずいろいろな証明書を出してみる、というのも手かも・・・。ただし、「学生」割引は年齢制限があるところが多い。(が、26歳まで、と書いてあっても、日本人の場合は何げに通ってしまうこともあるので、やはり試してみる価値あり。)
ほかに、最近の大きな展覧会は高い分(?)、イロイロな割引がある。国鉄がスポンサーになっている場合は、当日の電車の切符を見せれば安くなる、というところも。

最近はイタリアでは、美術館などの入場料がずいぶん高くなっているので、工夫して、少しでも多くいろいろ楽しめるようにしたい。

28 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-29 03:02 | 見る・観る

ヴェネツィア大学 文学哲学部 新校舎サン・バジリオ5

a0091348_5133933.jpg


San Basilio 5
Università Ca’ Foscari di Venezia, Facoltà di lettere e filosofia

先日書いたように、後期の授業が始まってみたら、いつのまにか新しい校舎ができていた。同大学の、文学哲学部の校舎は、もう何年も前から改装工事をしていて、ようやく最近新しい教室などが整ってきていたのだが、知らないうちに、別館ができていた。
港湾ターミナル前の、元・倉庫。確か以前は、建築大学の作業室だったと思ったのだが、それは1つ隣の同じような建物だった。

a0091348_5154610.jpg
3階建てになっていて、0階(日本で言う1階)、1階、2階、それぞれにA-Hの8つの教室、外にある廊下から直接教室に入るようになっている。
だいたい、本館にあたる校舎などは、階数・階段・廊下が立体迷路のように入り組み、初めての教室に行くには一苦労なのだが、ここは教室名も、0A, 0B, ...2G, 2F... と順番に並んでいて、わかりやすい。

a0091348_5182859.jpg



元・倉庫な環境を生かして?、中も、工事現場のような階段。お手洗いの扉だけ、真っ赤だったりする・・・。

それぞれの教室は、席数が40ぐらいだろうか?あまり大きくない教室だが、院に進学して、人数が少なめの授業やゼミには今のところ十分だし、美術系はスライドを見ることが多いので、横長の教室はありがたい。そのスライド(画像)も、PCからの投影が、自動的にスクリーンいっぱいに、まっすぐ映るようになっていた・・・。びっくり。

a0091348_5162473.jpg
日本では「当たり前」で、そんなことをいちいち書くな、と言われそうだが、私が7年前に入学したときからすると隔世の感がある。いや、7年前どころか、つい数カ月前だって、設備上、どうしてもPCからの画像をスクリーン上にまともに映すことができず、学生から分厚い本をかき集めて積み上げたり、大騒ぎだったのだから・・・。

先日書いたように、この教室、オーディオ機器も隠し備えているから、なんとDVDまで鑑賞可能。ああ、当たり前?

a0091348_515745.jpg

27 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-28 05:20 | 学ぶ・調べる

スプリッツする?

a0091348_8294990.jpg


スプリッツ(Spritz)。
ヴェネツィアをはじめ、パドヴァ、トレヴィーゾなど、ヴェネト州一帯に見られる(そしてほかでは見られない)赤~オレンジ色の飲み物。日本や、イタリアでも別の地域からきた目ざとい人によく「あれ何?」と聞かれる。

そんなローカルな飲みものながら、ヴェネツィアでは若い学生たちから年配の方々まで、あらゆる人々があらゆる時間に、このオレンジ色の液体のグラスを握っているから、外から来ると確かに不思議な光景なのかもしれない。

a0091348_8314611.jpg

スプリッツと呼ばれるこのカクテルは、水、プロセッコ(prosecco、トレヴィーゾ県産の発泡辛口白ワイン)に赤いリキュールを混ぜた、食前酒。リキュールは、アペロール(Aperol)が一番一般的だが、好みにより、セレクト(Select)、ビッテル(Bitter)など。そこにレモンが1切れ、そしてオリーブの実が1つ入っているのが標準。
食前酒の扱いで、食事のときは飲まない。基本的にはバール(bar)で飲む。だから、コーヒーか、水か、ジュース、またはスプリッツ・・・そんな位置づけか。
飲むのはだいたい午前中からお昼前までと、(食後すぐにはやはり飲まないから)午後3時過ぎくらいから夕食前までが原則。
たまに、バーカロ(立ち飲み屋)で、おつまみを片手に、もう片手にスプリッツのグラスを持っている若者などを見かけることがあるが、スプリッツは、一緒に出てくるポテトチップやスナック、せいぜいピーナツぐらいをつまむぐらいがいい。というのも、この味、なぜか「おかず」にはあまり合わないから。
夕食を取らずにだべっている学生たちなどは、これを遅い時間までチビチビ飲む。

a0091348_8303742.jpg

ワインは、イタリアではちょっとオヤジっぽい。それに、食事なしで杯を重ねるには、酔いすぎる。ビールのほうがカッコいいけど、胃がタプタプになるし、ちょっとオトコくさい。食事には合わないが、逆にそれ以外ならいつでも飲んでいい、安上がりで気楽なスプリッツは、わいわい、がやがや、だらだら・・・と、とりとめもないおしゃべりのおともにちょうどいい。
スプリッツのないところでは、そんなとき何を飲むんだろう???

26 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-27 08:32 | 飲む・食べる

霧・霧・霧・・・

a0091348_712840.jpg


ここ数日(といっても週末は留守にしていたが)、そうそう、冬はこれだった、と思いだすような濃霧が続いている。

今日は、朝方はそうでもないか・・・と思ったが、午後になっても視界が開けるどころか、霧が濃くなった。

a0091348_72259.jpg

車を運転する人、ヴェネツィアでも運河をゆく船には危険な霧、水上バスも運休や路線変更になる。
あてになるのは、自分の足だけ。






a0091348_725823.jpg
霧自体はそんなに寒くないはずなのに、この湿気が体にしみるようで、体が重く、ずっと寒く感じる。

そんなハタ迷惑な霧も、肌には気持ちがいい。もともと超乾燥肌なのに、もう何か月も、ひどい吹き出物に悩まされていた肌が、少し元気を取り戻したような気がする。
もう少し、このままでもいいかも・・・。


a0091348_751689.jpg




25 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-26 07:05 | ヴェネツィア

「未来派の未来」展

a0091348_5373637.jpg

ベルガモ、GAMeC(ベルガモ近現代美術館)
2月24日本日終了

Il futuro del Futurismo. Dalla ‘rivoluzione italiana’ all’arte contemporanea. Da Boccioni a Fontana a Damian Hirst
GAMeC (Galleria d’Arte Moderna e Contemporanea di Bergamo)
21 set 07 – 24 feb 08
www.gamec.it

a0091348_5381392.jpg

というわけでパルマにいたのだが、いろいろと事情と気が変わって、パルマは先週もいたことだし、今日が最後だというこの特別展を見るために、午後からベルガモに移動した。どちらもミラノの少し東、パルマがその南の方でベルガモは北だからわりと近いのかと思ったら、結局ミラノ乗り換えで3時間近く。3時間あればヴェネツィアにも帰れるのだから、我ながらもの好き・・・。

「未来派の未来」。サブタイトルが2つついていて、「イタリア革命から現代アートまで」、「ボッチョーニからフォンターナまで、ダミアン・ハーストまで」。
こうしてつくづく眺めて見るに、このタイトルがすべてを表していたと言える。つまり、盛り込みすぎ。
a0091348_60427.jpg
20世紀のはじめ、その前の世紀の産業革命によって新しく人間の生活にもたらされたもの、電気、光、自動車や鉄道、高層ビル。その「豊かさ」「まばゆさ」を讃歌したのが、特にイタリアで未来派と呼ばれた芸術家たちだった。ジャコモ・バッラ、カルロ・カッラ、そしてボッチョーニ。
展覧会の構成は、悪くないと思う。たとえば、「都会のエネルギー」をテーマにした部屋では、いわゆる「未来派」の作品や現代建築模型を並べ、あるいは「あまりにも人間な人間に」と題された部屋では、不気味な「いちょう絵」のジルベルト&ジョージの前に、ボッチョーニを置く、など、20世紀から21世紀初めまでの作品を、年代別でなく、テーマ別に集めたのは、「20世紀」を総括して見るという点ではとても面白い。部屋ごとの解説も、簡潔でわかりやすい。コンセプトはいいのだが、いかんせん、展示方法が悪すぎる。
a0091348_604739.jpg
まず、作品名、作家名などを記したプレート、字がものすごく小さい上に、いくつかの作品の分をまとめて、壁の端に申し訳程度に貼ってある。それも、左右上下、きまりがまったくないから、プレートを探して作品の前を右往左往する羽目になる。
ただでさえわかりにくい現代アート、解説を全部読んでも、正直のところ、どれがどれだかわからないものすらある。そしてしばしば、いくつかの作品がただでさえ小さい1つのプレートにまとめられていて、混乱の極み。
場合によっては、部屋の角に、両側に並ぶ5つも6つもの作品のプレートがくっついて貼り付けてあり、広い部屋、作品が点在する中で、1人がプレートを読んでいると、あとは誰も読めないという事態。
作品を鑑賞するというよりは、プレートを探しまわるようで、途中で一切、プレートを見るのをやめてしまった。20世紀を代表するアーチストの作品がぞろぞろと並んでいたはずなのだが、これでは最初から知らないとわからない。
a0091348_5442366.jpg
逆に、さすがの私でもわかるボッチョーニの「空間の中の連続性の固有の形」 (Forme uniche della continuità nello spazio)。イタリア未来派で、あまりにも有名な作品(イタリアの20セント硬貨)だが、個人蔵のため実は見る機会はあまり多くない。以前、ミラノの展覧会で見たときには、広い部屋の真ん中、完璧な照明の中に浮かび上がっていて、「これがあの・・・」と感嘆しながら見たのだが、今回は、部屋の真ん中ではあるものの、あまりにも簡単にポンと何気なく置かれているので、本物?と疑ってしまった。特別扱いしない、それが狙いなのかもしれないが、やはりミケランジェロのダヴィデは、ギリシャ、ローマ彫刻とずらずら並べて展示したりしないだろうと思う・・・。

今回は見学する時間がなかったが、近現代美術館として常設もある。
ヴェネツィア・ルネッサンス期の絵画などを所蔵するカッラーラ美術館は広場をはさんで目の前。

ベルガモの町も、幻想的で大変美しいところ。またゆっくり訪れたい。

(作品および会場内の写真は、GAMeCホームページより)

a0091348_5385624.jpg


24 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-24 08:36 | 見る・観る

Ristorante San Barnaba, Parma

a0091348_9345585.jpg


事情により、またパルマにいる。
幸せなことに。

実は先週と同じレストラン、駅から出てすぐ左、坂をちょっと下ってすぐ正面。

駅前=場末なイタリアで、いくらイタリアといえど、駅前で何かおいしいものを食べようというのは、なかなか簡単なことじゃない、と思う。
a0091348_9362911.jpg


パルマの生ハム、パルミジャーノ・レッジャーノ。ランブルスコ(Lambrusco)という、軽い発砲の赤ワイン。手打ちパスタ。
ああ!イタリア食の王様、パルマ。
町の中や、ちょっと郊外、ほっぺたの落ちるレストランがきっとたくさんあるはず。

a0091348_9371951.jpg
が、さすがここ、パルマでは、駅前だって期待を全く裏切らずに、こんなにおいしいものを味わえてしまう。

1番上の写真はふつうのprosciuto crudo(プロシュート・クルード、生ハム)でなく、culatello(クラテッロ)。豚のおしりの肉を独特な製法でサラミにしたもので、味がさらに濃くてたまらない。
ああ・・・幸せのひととき・・・。

a0091348_9382888.jpg


Ristorante San Barnaba
Via Trento, 11- 43100 Parma
tel. 0521 27 03 65

23 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-24 08:21 | 飲む・食べる

おつまみ屋「ルカ&フレッド」

a0091348_7225118.jpg

Chicchetteria Luca e Fred

a0091348_7235718.jpg

霧。
今朝は久しぶりに、一寸先も見えぬほどの霧になった。
午後になって、ようやく視界が開けたものの、こういう日は寒い。実際の気温はそれほどでないはずなのだが、外にいると体がシンシンと冷える。
・・・うーーー寒いっ。

こんなとき、てっとり早く体を温めるのは・・・

日本では、居酒屋で揚げ物のオーダーが減っているのだと聞いたが、お酒を飲むときこそ、少量の油は胃を守ってくれるから、特に空きっ腹のときにも酔いすぎなくて、いい。もちろん、これでお腹いっぱいにするのは危険だが、おつまみの1つ2つ味わいながら、小さなグラスのワインを1杯飲めば、「小腹がすいた」状態も一気に解消される。

a0091348_7244553.jpg

そんな揚げ物チケーティ(おつまみ)が充実しているのがここ、その名もなんと、おつまみ屋(chicchetteria) Luca e Fred。ヴェネツィアではおなじみポルペッタ(polpetta、肉団子フライ)、モッツァレッラやバカラ(baccalà、干し鱈)のヴェネツィア風のフライ、いかリング・・・など多種多様だが、なかでもお勧めは、いわし関係。写真はいわしの詰め物(Sarde Ripiene、小イワシが開いて1枚下に敷いてあって、もちろん骨ごと食べられる!)、ほかに、日によってはイワシ・ロールなども。
a0091348_7253744.jpg
また、本来はシチリア名物のアランチーノ(arancino、ライス・コロッケ)もあるので、「小腹」を本格的に満たしたい場合は、こちらでも。

a0091348_815321.jpg


いつ通りがかっても、カウンターの前はいつも、地元のおじさん(+ときたま、おばさんも)でいっぱい。実は写真を撮るのも一苦労なくらい。ふらっと入って、ワイン1杯に、おつまみを1つつまみ、軽くおしゃべりをして去っていく。午後のおやつに、夕食までのつなぎに。
見ていると、ついついあれこれ食べてみたくなるが、もちろん「揚げ物」なので、食べ過ぎには要注意!あくまでも1つ、最大2つが原則。
・・・しょうがない、また明日も来るか。・・・そう思わされてしまう店。
a0091348_7262140.jpg

駅(Santa Lucia)から、目の前の橋を渡らずに左の道をまっすぐ。広場を越えて、もう1度、橋をわたってすぐ右側の数軒目。

a0091348_7265616.jpg


a0091348_8133451.jpg


22 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-23 07:28 | 飲む・食べる

過ぎたるは及ばざるがごとし、逆もまたしかり・・・

a0091348_19452189.jpg


秋から冬にかけての、アックア・アルタ(acqua alta、冠水)で知られるヴェネツィアを、今週悩ませたのは、アックア・バッサ(acqua bassa)。つまり、水位が低すぎて、あちこち支障をきたしているとのこと。

a0091348_1947610.jpg
確かに、ずいぶん水が低いな~と思ったのは、ここでも書いていたのだが、TVニュースなどによると、19日の干潮時の潮位が、-72cm, 18日(月)は-80cmまで下がったのだそう。
その後は、毎日少しずつ通常並みに戻りつつあるものの、やはり午後は見た目にもいかにも低い。
原因は、2週間以上にわたる晴天続きに、高気圧(気圧が水を押し下げるので)、そして、満月。2月には比較的起こりやすい現象らしい。
a0091348_19504685.jpg


a0091348_19491950.jpg
ちなみに、満潮時の潮位が、+50cmを越えるあたりから、最も低いサンマルコ広場などではうっすらと水がつきはじめ、+100cmを越えると、島内多くの路地に水が出て、歩行などに困難が出る感じ、+120cmを越えるとサンマルコ広場などは完全に湖状態、新聞やテレビのニュースをにぎわすことになる。
その、アックア・アルタの原因となるのは、悪天候、低気圧、アフリカからの南風シロッコ(風がアドリア海の水を北=ヴェネツィアへ向けて押し上げるため)、そして同じく満月。

島ごと、建物ごと水に浸かるアックア・アルタが見るからに問題なのはもちろん、低すぎても、実は問題。建物などが必要以上に水から出ていることにより劣化を引き起こすほか、一部の運河ではゴンドラ、モーターボートなどが通行不可能になる。ただでさえ、網の目のように張り巡らされた運河は一方通行が多いのに、そこで通過できる運河が渋滞(!)するなどの水上の混乱が。
つまり、皮肉なことにアックア・アルタのときと同じことが起きる。

a0091348_19474514.jpg

a0091348_19483779.jpg
一方、「バッサ」の珍現象としては、水の上に浮いている水上バス乗り場が異常に低くなっているほか、ゴンドラや水上タクシー、運送用のモーターボートなどに、乗り降りする階段が足りなくなったりするところも。

満月も過ぎ、お天気は何やら、少しずつ下り坂のようで、これ以上悪化することはなさそうだが・・・。

a0091348_19461674.jpg


21 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-22 19:53 | ヴェネツィア

ポーギーとベス(Porgy and Bess)

a0091348_092052.jpg


パルマ、王立劇場

作曲 G. Gershwin
指揮 William Barkhymer
監督 Baayork Lee

ポーギー Kevin Deas
ベス Donita Volkwijn
スポーティング・ライフ Jermaine Smith
クラウン Cedric Cannon
セレーナ  Monique Mcdonald
マリア Marjorie Wharton
ジェイク Michael Redding
クララ Jacqueline Echols

a0091348_0101072.jpg

17日(日)。展覧会などを見るために、パルマにいた。大聖堂から博物館、教会、と中に足を運べば、丸1日かかってもとても見学しきれないほどの豊富な文化遺産を持つ豊かな町だが、歩いてひと回りするには、小一時間もあれば十分な小さな町である。
a0091348_010599.jpg
その小さな輪の中にある、この地方らしい黄色い壁の建物、王立劇場(Teatro Regio)。16世紀より独立した公国であったパルマは、神聖ローマ帝国最後の皇帝フランツ2世の長女であり、ナポレオンの2番目の妻である、マリア・ルイーザに統治された時期を持つ。劇場が「王立」の名を冠するのは、そのときに建てられたため。
その劇場の前に、上演中のオペラの看板が並ぶ。タイトルは「ポーギーとベス」。ヴェルディの生地にも近く、ヴェルディ演目が多いときくパルマで、ガーシュインとは。
誘惑に打ち勝てず、当日券で中に入った。

アメリカ南部、貧しい黒人街。木造の2階建てアパート。明るい音楽、「貧しい」が陽気な黒人たちのリズムに乗った動き。そもそも、歌詞(とセリフ)が英語ということもあって、なんとなく、オペラ(リリカ)というよりは、ミュージカルを見ている気にさせられる。ん?そもそも、オペラとミュージカルの違いって、何なのだろう?今まで見たことのあるミュージカルは、すべて歌以外の音楽が録音だったが、果たしてそれが違いなのだろうか?
典型的な馬蹄型劇場、かなり横に寄ったボックス席の奥というためだろうか。何となく音も声も小さくて聞こえづらい。特にせっかくのガーシュイン、ブラスの音がもう少しパーンときてくれてもいいのに、と思ったりもして、前半はやや欲求不満。睡眠不足のまま一日歩きまわっていた、こちらの体調の問題もあるだろう。やはりあまり無理をすべきでないな・・・
そう思っていたが、ゴスペルのような、葬式の霊歌あたりからだんだん引き込まれ、目(耳)が離せなくなってきた。
足が不自由な物乞い、ポーギーの迫真に迫る演技。対峙するチンピラたち。アメリカのお笑いテレビドラマに出てきそうな、まんまるに太った、肝っ玉母ちゃんたち。貧しさや、それによる度重なる不幸から、人々を支えるのはその明るさ。あわれなポーギーですら、その心根を反映するように、声が常に明るくあたたかい。突然頼るものを失い、誰からも相手にされないベスには、それこそ天使の声に聞こえただろう。恋を得たポーギーの歌。こたえるベス。
ハッピーエンドかと思ったところで、ベスの新たなる裏切り。
希望を捨てずに後を追うポーギーを、誰も止めることはできない・・・。

一旦は「本物の愛」に目覚めたヒロインが、最後はまた、もとのもくあみに戻っていく。よく考えてみれば、背景も設定も、音楽も、何もかも全く違うのに、話は結局のところ、「つばめ(La Rondine)」と全く一緒。
オペラ向き、オペラ好みの題材なのか、それともこれが人間の業なのか?
a0091348_0125114.jpg

・・・それはともかくとして。ジャズっぽいリズムに、要所要所でアクセントをきかせる、おどけた木琴。最初は不満だったブラスも、途中からいい音で鳴り始めた。そしてなんといっても、とぼけたような、音で遊ぶクラリネット。
この作品はやっぱり、最初から最後まで、100%ガーシュイン。
久しぶりに、明るく華やかなブラスも聴いてみたくなった。

a0091348_0113182.jpg

20 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-21 00:13 | 聞く・聴く

ちょっといい1日

a0091348_3104272.jpg


寒い。
イタリア中、文字通り「凍りついて」いるらしい。ここももちろん、寒い。
昼間はそれでも晴れていたけど、夕方、慌てて買い物に出かけたら、はっきりとした夕焼けにならず、うっすらうっすらと、霧というほどでもない、霧。
水位がちょっと最近見かけないくらい低くて、ということは、上がるときもかなり高くなるのでは?・・・もう満月だっけ?と空を見上げると、満月にはまだちょっと欠けたような月。おぼろに弱々しく、そこにいた。

今日はこれまでのいろいろなことがたくさん報われたり、落し物がみつかったり、懸案事項があれこれバタバタっと解決したりした。ほっとひといき、なんだかいい1日だった。
明日からもこの調子で・・・。

a0091348_3112854.jpg


19 febbraio 2008
[PR]
by fumieve | 2008-02-20 03:11 | 日常生活