ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

第70回ヴェネツィア映画祭・2〜名作よ永遠なれ

a0091348_1338765.jpg


映画祭の期間中、正直のところ仕事らしい仕事もしていないのだが、ともかくできるだけ映画を観る、という贅沢で幸運な機会をいただいていることを、たいへんありがたく思っている。

基本的にはコンペティション部門の作品(今年は20本)を中心に、あとはコンペ以外の日本の作品を観ているのだが、今年のテーマ企画、過去の名作をデジタル修復した作品を集めた「Venezia Classici(ヴェネツィア・クラシック)」部門で続けて3本、日本の監督の映画を観た。

「戦場のメリークリスマス(Merry Christmas, Mr. Lawrence)」(大島渚監督、1983年)。
キレイになった映像が始まり、そこにあの音楽がスタートすると、ぞわぞわぞわ〜っと身震いがした。 映画自体は観ていなくても、あのテーマ音楽を知らない人はいないのではないか。それはイタリアでも同じ。小さな映写室の中の空気が、そこできゅっと引き締まった気がした。
映画については、今さら語るまでもないだろう。だが、ストーリーといいカメラワークといい、そしてこの音楽といい、この映画祭の会場で、ワールドプレミアムのほかの作品、世界中からやってきた2013年製の作品の合間に観ても、決して遜色がない。むしろ、今年のコンペに参加しても十分にわたりあえたのではないか、と思ってしまうくらい。
30年も前の作品だとはとても思えず、北野武さんや坂本龍一さん、デヴィッド・ボウイらが今の自分よりも(ずっと)若いのを見てショックというか、辛うじて年月を感じさせる。もっとも、今の特撮技術なら若返りだって朝飯前だろう。

・・・いや、正直に言うと、基本的にはすべての暴力的シーン、戦争のシーンが好きではない。でも、だからこそ今日はじめて、おこがましさを承知で言うと、この作品のよさ、魅力や偉大さが理解できたような気がする。

それにしても、カッコいい。
たけしさんも坂本さんも、みんなカッコイイのだが、それにしても、それにしても、デヴィッド・ボウイがまた、めちゃめちゃかっこいい〜〜〜〜〜。これは当時から知ってたけど(笑)、久々に当時の姿を見てぶっ飛んだ。
うわあああーーー・・・かっこいい〜〜〜・・・

当時の製作、ジェレミー・トーマス氏が今回のデジタル復刻版でもプロデュースを務めたらしい。彼とともに、今回、第70回ヴェネツィア映画祭のコンペティション部門の審査員の1人として滞在中の坂本龍一氏が登場したのは予想外のサプライズだった。
「教授」、今もやっぱり相変わらずカッコいい!!!

続く:・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-31 13:40 | 映画

第70回ヴェネツィア映画祭開幕〜"70 Future Reloaded"

a0091348_13343688.jpg


昨日8月28日、恒例のヴェネツィア映画祭が開幕した。
私が見に来るようになってから、2回に1回どころかおそらく3回に2回、いや、ひょっとしたら4回に3回とか5回に4回ぐらい来てしているような、ジョージ・クルーニー主演のGravity(A. Cuarón監督)がオープニング映画で開幕式にも登場しているとあってレッドカーペット前は、彼を待ち受けるたくさんのファンでいっぱいだった。

続く:ジョージ・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-29 13:37 | 映画

樽腹着々、がっつりヴェネツィア料理のアンティーコ・カリチェ

a0091348_2347406.jpg


ヴェネツィアの観光の中心地の1つ、リアルト橋のすぐ近く。
ヴェネツィアの地元料理を出すお店で、ゴンドリエーリ(gondolieri、ゴンドラ漕ぎたち)も食事に来るお店。

そんな穴場食堂があったっけ?・・・と思ったら、以前はもっとわかりづらいところにあった、ラ・ボッテ(La botte、樽のこと)というお店が、ちょっと前にそっくりこちらに移ってきたらしい。・・・そういえば、どこかに移ったという話は聞いていたけど、方向音痴の私は、説明されても全く場所がわかっていなかったのだった。

続く:一等地・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-28 23:51 | 飲む・食べる

カフェのお値段

a0091348_1714845.jpg


ゴンドラと水上バスの衝突事故で、観光客が1人亡くなったショックからまだ覚めやらぬうちに、またもやヴェネツィアの「スキャンダル」が勃発した。ことのはじめは、観光客がフェイスブックに載せた1枚の写真。「数杯のカフェで100ユーロ!」とかいうもので、私もどこかから回り回って、確かに最初はFBでちらっと見たのだが、特に気に留めずに流したのは、まあそんなこともあるかもと思ったから。

続く:もう・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-27 17:16 | ヴェネツィア

第55回ビエンナーレ・15〜アルセナーレのどんづまり

a0091348_1537568.jpg


ここ数年、このアルセナーレ会場のどんづまりで、室内外を使っての展示が定番になりつつある中国。今年はやや、控えめな感じで、中国ですら、やや全体の、つまり世界情勢の流れに沿っているのかなー、と思ったのだが・・・。

続く:それ・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-26 15:50 | ビエンナーレ2013

ミニ・トマトで

a0091348_23395667.jpg


前回に引き続き、冬のためのトマト・ソース作り。
今回は、ミニ・トマトで。ダッテリーノ(datterino)というこの種類は、ふつうのまるいミニ・トマトよりもっと味が濃くて甘い。

続く:なので・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-25 23:49 | 日常生活

「31年目の夫婦げんか」、「死ぬほど女ともだち(仮)」、「ピナ・バウシュ」

a0091348_16125927.jpg


「31年目の夫婦げんか」(デヴィッド・フランケル監督)。イタリア語のタイトルは、「Il matrimonio che vorrei(私の望む結婚)」で、まあアメリカ映画だし、いわゆる婚活にはげむ妙齢の女性のドタバタかな、ぐらいに思って、正直あんまり惹かれず、いやいや、何か参考になることがあるかもしれない、などと思い直して取りあえず観に行った。メリル・ストリープが主演と気がついて、・・・あれ?
結婚31年目。子供たちは成長して独立、夫婦2人暮らし。銀行で支店長(?もしかすると頭取)を務める夫は、毎朝、妻の用意するベーコンエッグを新聞を読みながら食べて、でかけていく。判で押したような生活。寝室はとっくに、何年も前から別。
マジメな夫がいて、いい家があって、立派な息子たちがいて、私に言わせれば十分じゃないか、と思うのだが、妻(メリル・ストリープ)にとっては、そうではないらしい。
新婚当初のような「甘〜い」2人を取り戻すだけ、なんと強引に夫婦でカウンセリングを受けることに。張り切る妻と、ふてくされて、しばしば怒り出す夫。そんな熟年の「夫」にしばしば同情してしまうのは、こちらのオヤジ度が高過ぎ?
アメリカ〜ンなストーリーに、アメリカ〜ンなハッピーエンド。たまにはこういうアットホームな映画もいいかな、と。

続く:こちら・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-25 16:15 | 映画

死亡事故のゴンドラ漕ぎ、コカイン&ハッシシを服用

a0091348_8302546.jpg


1週間前に、ゴンドラと水上バスが衝突し、ゴンドラの乗客1名がなくなった事故で、ゴンドラを漕いでいたステファノ・ピッツァッジャ(Stefano Pizzaggia)が、薬物を利用していたことが明らかになった。コリエレ・デッラ・セーラの地方版、コリエレ・デル・ヴェネトのオンライン・サイトなどによると、25歳の同ゴンドリエーレ(ゴンドラ漕ぎ)は当日の検査で、尿および血液双方から、コカインとハッシシの陽性反応が確認された。事故当日の午前中か、最大でも前日の夜、服用した可能性が高いという。
今日の午後、ピッツァッジャは、業務上過失致死の疑いで家宅捜索を受けた。

これにより、水上バスの運転手、マヌエーレ・ヴェネランドおよび同乗していた車掌2名と合わせ、4名が同容疑の被疑者となった。

交通量うんぬん以前に、まさに起こるべくして起こった事故となってしまった。

というのも、ゴンドリエーリ(ゴンドラ漕ぎ、ゴンドリエーレの複数形)の業務中の過度のアルコール摂取や薬物使用の疑いは、以前から指摘されていた。目に余る行動が、多くの観光客から苦情となっていた上に、彼ら同士でのいわゆる「いじめ」の場面がYouTubeにアップさたりしたこともあり、先月7月8日に、彼らのアルコールおよび薬物のテストを行なうことを検討する、とゴンドラ組合から発表された。いや、てっきり「テストを行なうことに決定」したのかとばかり思い込んでいたのだが、今、よくよくその日の記事を読むと、まだ全く、導入段階ではなかったらしい。
同じコリエレ・デル・ヴェネトによると、ほかの公共交通機関の運転手が、同様のテストが義務であるのに対し、彼らの場合は、実際はそれぞれが個人経営者扱いであること、いわゆるゴンドラ・サーヴィスと、一方で公共交通機関の1つとしてゴンドラ組合が市から請け負っている「渡し」(トラゲット)サーヴィスとがあり、(同一人物が)法人的に異なるサーヴィスを行なっているため、要するに適応が簡単でない、と。
(が、例えばなぜ、組合が、全員同等に、抜き打ちも含むテストを実行することができないのか、など不明。)

完全に禁酒にしろとは言わない。
肉体的にハードな仕事だということはわかるし、イタリアでは道路交通法だって、1杯はもともと許容範囲として認められている。大きな声では言えないが、マリファナはこの国では、やってる人も普通にいる。だが、コカイン、ハッシシとなるとどうだろう。
以前から危険が指摘されていた見通しの悪い交差点で、路線バスが観光タクシーに衝突、タクシーの乗客の1人が亡くなった。事故の直接の原因は、バスの運転手のハンドル・ミスかもしれない。だが、観光タクシーの運転手が、強い薬物を使用していたとしたら?

さらに、経済的には個人経営とはいえ、それぞれが大小のゴンドラ乗り場に配属されて仕事をするから、業務中には必ず同僚だの、キャップだのが近くにいるはず。周囲は、被疑者がラリっているのに、全く気がつかなかったのか、いつものことだからと放っておいたのか。あるいは・・・同じ穴の狢なのか。

スポーツ界ならば、薬物違反の代償は大変重い。たとえ、そこで誰かの命が失われているわけではないにもかかわらず。

関係各位は事態をきちんと、重く受けとめ、ほんとうにほんとうに二度とこのような事故のないよう、早急に対策を取ることを心より願う。

23 agosto 2013
[PR]
by fumieve | 2013-08-24 08:32 | ヴェネツィア

第55回ビエンナーレ・14〜イタリア館とパフォーマンス・アート

a0091348_057576.jpg


アルセナーレ会場のどんづまり。ごちゃごちゃ過ぎて疲れる、1つ1つの作品がきちんと紹介されていないようでわかりづらい・・・という前回の反省を生かしたのか、今年は、開催国ならではの広いスペースをゆったりと使い、企画展「エンサイクロペディア・パレス」にも共通する、ちょっと控えめな、ややレトロ感のある 落ち着いた展示になっていた。

続く:テーマ・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-24 01:03 | ビエンナーレ2013

第55回ビエンナーレ・13〜アルセナーレの国別、続き

a0091348_16474434.jpg


アルセナーレ会場内、コルディエーレと呼ばれるL字型の細長い空間の後半の、国別パヴィリオン。

ヴェネツィア・ビエンナーレの場合、この国別参加のパヴィリオンというのは、ジャルディーニ会場に自らの固定の「館」を持つのと、そうでないのと全く条件が異なることになる。日本をはじめ、ヨーロッパ主要国、東欧のいくつか、アメリカ、カナダ・・・とジャルディーニに「館」を持つ国は毎年、同じ場所、同じ「館」の中で展示を企画する。スタートが決まっている分、やはり有利な点が多いし、何よりヴィジターもちゃんと見に来てくれる可能性が高い。その分、空間が固定されているというデメリットもないわけではないが、それを解消するため(?)、今年は、ドイツとフランスが「館」を交換して使うというめずらしい例もあった。もっとも、ジャルディーニ会場内の一等地に向き合って建っているからこそできたことで(ちなみに、ドイツは日本の隣)、これが、一方は「館」を持たない国だったら実現できなかっただろう。

今日ここで紹介している、各国パヴィリオンの入っているこの細長スペースは、アルセナーレ会場で企画展にそのまま続けてあるから、ほとんどのヴィジターが必ず訪れてくれるというメリットはあるだろう。だが一方で、独立した1つの1つの建物ではなく、カーテンやスクリーンで仕切られているだけ、あるいはそのまんまつながった空間だから、やはりできることは限られてくるし、「国別」を意識させるのが難しくなる。

続く:同じ・・・
[PR]
by fumieve | 2013-08-22 17:31 | ビエンナーレ2013