ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

<   2014年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

第71回ヴェネツィア映画祭・3〜組織犯罪

a0091348_2026932.jpg


「生きる」難しさは、アメリカもまた変わらない。

フロリダ州オーランド。「アメリカン・ドリーム」を絵に描いたような、裕福な郊外型住宅街。
だが、ここでもまた、生きていくために、いや、その理想的な生活を保つためにはやはり、「悪」に手を染めなくてはならない、らしい。彼らにとってはそれは「悪」ですらなく、「ビジネス」ということなのだろうけど。
簡単に言うと、住宅を担保にローンを組んでいるのだろう、それにしても、不動産屋が連邦政府の肩代わりと称して、ある日、警察を従えて家を差し押さえにくるのだから恐ろしい。

続く:映画・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-31 20:35 | 映画

第71回ヴェネツィア映画祭・2〜「生きる」ことの難しさ

a0091348_1547572.jpg


人は世につれ、世は歌につれと言うけれど、映画もやはり世相を濃く映し出したものだと思う。
昨年からわずか1年、DV(家庭内暴力)をはじめ、家族内の問題や異常性を取り上げた作品の多かった一年前とはうって変わって、また別の社会問題が大きく影を落としていることに気づく。

経済格差。
恵まれない生い立ち、というほどではないかもしれない。ただ決して裕福とはいえない環境に生まれ育った人間は、どんなに真面目にがんばったところで、そこで留まればまだマシ、何か1つ不測の事態が起こるだけで生活が破綻する。
生きていくためには、あるいはちょっとだけいい暮らしを手に入れるためには、犯罪に手を染めるしかないのか。初めから悪人だったわけではない、だが、自分と自分の家族を守るために、いつのまにか他人を利用し、だまし、殺める、そうなってしまう人の弱さ。

ものすごく不気味で、だが、自分では幸いなことに遠い話と思えたDVと異なり、では、自分だったらどうしているだろう、何ができるのだろう?と考えさせられる。

続く:夜中・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-29 15:50 | 映画

第71回ヴェネツィア映画祭・1〜いい幕開け

a0091348_13221081.jpg


昨日の薄ら寒い雨が嘘のよう、さわやかな夏の晴天が戻った今日27日、ヴェネツィアのビーチ・リゾート地、リド島で第71回ヴェネツィア国際映画祭が開幕した。

スター不在で注目度に心配のあった今年の映画祭だが、今日はさすがに、午前中からレッドカーペット前に陣取る女の子たちが。19時のオープニング・セレモニー開始直前は何重にも人垣ができていた。

続く:・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-28 13:29 | 映画

コペンハーゲンの夏・10〜船に乗って

a0091348_18153564.jpg


パリでもロンドンでも、ヨーロッパの町はたいてい川の両岸に発達しているから、観光客向けの遊覧船ツアーは手っ取り早くて、これが結構楽しい。

コペンハーゲンの名所、ニューハウン(Nyhavn)の運河では、さすがに夏のハイシーズンとあって、そんな遊覧船がひっきりなしに出たり入ったりしている。ここも堂々の下調べゼロ、だが、だいたい、だまされるとかボラれるとかそういう感じが全くしないし、とくに比較検討もせずに、ぱっとそこにいたのに乗った。

続く:出発・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-26 18:37 | 異国の旅

恒例、夏の金曜夜はオルガン・コンサート

a0091348_15425358.jpg


毎年、夏の夕涼みと楽しみを兼ねた野外映画館が今年はなくなってしまった。
雨も多くかなり涼しめな今年は、どうにも家にいられないほど暑い日はほとんどなかったが、すっかり習慣になっていた夏の名画鑑賞がない物足りなさは変わらない。

幸いなことに、毎週金曜日のオルガン・コンサートはこの夏も健在だった。

続く:今年・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-25 15:46 | 聞く・聴く

コペンハーゲンの夏・9〜さすが、デザイン博物館

a0091348_1804819.jpg


出発2日前に突然決めた旅、2泊3日の小旅行だし、と慌ててとりあえず購入した簡易版ガイドブックでは扱いが小さすぎて危うく見逃すところだったが、行ってみたら「ハンス・ウェグナーの椅子」展をやっていたり、カフェもおしゃれでおいしかったりと大当たりだったデザイン博物館。順番が完全に前後してしまったけど、常設もさすがにすばらしかった。

同博物館は、デンマークおよび世界の工業デザイン、スカンジナビアの工芸のコレクションを展示しているほか、図書館も併設したデザインおよびデザイン史の研究センターとなっている。

続く:アール・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-24 18:05 | 異国の旅

ゴルドー二劇場にて、ゴルドーニを体験する

a0091348_0192767.jpg


幕開けは1人の若者の旅立ち。舞台は18世紀ヴェネツィア、カーニヴァル最終日の朝、静かに去って行こうとする彼を、あの手この手で引き止める周囲の人々。

18世紀、ヴェネツィア生まれの喜劇作家カルロ・ゴルドー二(Carlo Goldoni)は、地元であまり評価されないまま、当時のヨーロッパの文化の中心地であったパリに向かい、フランスで客死する。
舞台の青年はだから、きっとゴルドー二本人でもあるのだろう。

続く:ヴェネツィア・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-24 00:23 | 見る・観る

ヴェネツィアにおしゃれなピッツェリア登場

a0091348_16451129.jpg


ヴェネツィアの最重要観光地の1つ、リアルト橋(Ponte di Rialto)至近、カナル・グランデ(Canal Grande)に面した超一等地に、おしゃれなピッツェリアが登場した。

続く:ピッツァ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-22 17:01 | 飲む・食べる

コペンハーゲンの夏・8〜「ウェグナーの椅子」展

a0091348_451478.jpg


20世紀後半、「北欧デザイン」の牽引役となった椅子デザイナー、ハンス・J・ウェグナー(Hans J. Wegner)は1914年、デンマーク生まれ。生誕100周年を祝い、コペンハーゲンのデザイン博物館(Design Museum)で大回顧展が開催されている。

続く:彼の・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-22 04:52 | 異国の旅

コペンハーゲンの夏・7〜いろいろ衝撃のチヴォリ公園

a0091348_16135616.jpg


行きの飛行機の中で慌てて読んだガイドブックに、「コペンハーゲンといえば、チヴォリ公園」と書いてあった。地図ではその部分が緑に塗ってあるし、なにしろデンマーク「王国」の首都だし、その名前からしてもおそらく、ロンドンならグリーンパークとか、パリならチュイルリー公園とか、 緑が美しく、散歩の小道と、ところどころにベンチの置いてあるような、 そんなような場所を想像していた。
だからガイドブックに「中に遊戯施設がある」と書いてあっても、おそらく片隅に小型の観覧車やメリーゴーランドなんかがあるのかな、と思っていた。

コペンハーゲン中央駅の目の前、横断歩道を渡ったところにいきなり入口のある「チヴォリ」は、完全にそれ自体まるごと、テーマパーク、いやれっきとした「遊園地」だった。

続く:入場・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-21 16:22 | 異国の旅