ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

タグ:ミラノ ( 54 ) タグの人気記事

フオーリ・サローネ2014〜2・「選択の自由」の可能性

a0091348_23471474.jpg


何年か前に、世界的なスポーツ・メーカー、ナイキ社のシューズ工場を取材する機会をいただいたことがある。
ヴェネト州内、中小の靴の工場が多いエリア。あの世界的なメーカーの工場がこんなところに?と言っては失礼だが、表向きは全くわからない、中規模の家庭内手工業風の工場の中で作られていたのは、世界中のサッカー選手のスパイク。まず足のサイズをはかり、木型を用意し、1つ1つ手作業で縫い、貼り付け、整えていくのはまさに、オーダーメイドの革靴と全く同じ作業だった。

トップ・アスリートでもない限り、スポーツ・シューズのオーダーメイドなど、これはでは夢の夢の世界だったが、最近はそのナイキでも、色やデザインを自由に指定する「カスタマイズ」オーダーが可能になっている。

同じくファブリカ内の”Out of order”もまた、 個と全体の関係を考える、興味深い展示だった。

モノがあふれる飽和の時代。人々が求めるのは、ほかの人とはちょっと異なるもの、自分にとってほんとうに快適なもの。世界的な経済危機の中で、消費を喚起するポイントはそこにある。
たとえば、前述のナイキ社もそうだし、車などはもともと、カラーヴァリエーション、内装やオプションを消費者がある程度自由に選べるのが普通。

では、どこまで自由度を得られるのか。色や仕様に影響のないマテリアルはともかく、形は、デザインは、どこまでいじれるのか。安全面や機能性、そして倫理面での制約はもちろんあるだろう。
だが、実現できるかどうか、それは、いかに効率的に、工業生産の中で製造できるか、にかかっている。ここにも展示されているように、3Dプリンターの開発が進めば、決して夢ではなくなってくる、と、ミラノ在住のデザイナー、Mikio Imai 氏は言う。

続く:3人の・・・
[PR]
by fumieve | 2014-04-14 00:22 | ほかのイタリア

フオーリ・サローネ2014〜1・「生活」をアートに

a0091348_17405613.jpg


町の中の「外」(フオーリ)。

今週、ミラノでは、イタリア最大の国際家具見本市、通称「ミラノ・サローネ(Salone Internazionale del Mobile)」が開催されている。ミラノ近郊、ロー(Rho)という町にある見本市会場で行なわれている、(本来)商談の場である、「サローネ」そのものに加え、面白いのは同じ時期にミラノの町の中で展開する「フオーリ・サローネ(Fuori salone)」。
ミラノ市内のあちこちのショップ、ギャラリー、イベント会場を使った家具やデザインに関する展示だが、こちらは売るというよりはコンセプトを見せるというか、展示や提示の意味合いの強いものが多く、また、町の中なので基本的には誰でも気軽に見て歩くことができて楽しい。
ちょうど暖かくなって外が気持ちよくなってくるこの時期、町の中の「フオーリ」は夜遅い時間までやっているところも多く、とくに夕方から夜にかけて、あるいは週末は、会場の多く集まるエリアなどは、ぶらぶら・そぞろ歩きの人でいっぱいになる。
町の中なのに、展示場の外だから「フオーリ(fuori、外)」。そのことばには、大展示場の「室内」でなく、「外」も歩こうよ、という意味もこめられてるのだろうと思う。

昨年のフオーリ・サローネの様子
1・ブレラ地区半日散歩 http://fumiemve.exblog.jp/17611287/
2・ニッポンに乾杯!
target="_blank">http://fumiemve.exblog.jp/17633557/
3・「本の周辺、アートとデザインの間で」展のはずが・・・
http://fumiemve.exblog.jp/17643889/

ここ数年はメインの展示会場に行く機会がなく、公式登録しているだけで400以上もあるフオーリだってとても回りきれない。今回はまず、これまで見逃していた「ファッブリカ・デル・ヴァポーレ(Fabbrica del Vapore、蒸気の工場)」という会場に行ってみた。

続く:入口・・・
[PR]
by fumieve | 2014-04-13 17:45 | ほかのイタリア

これまた危険なニョッコ・フリット・・・ミラノ骨董市にて

a0091348_3185732.jpg


ちょっとおしゃれで気の利いたお食事どころの多いことで知られる、ミラノのナヴィリオ運河沿い。もともと、夜や週末は人が多いのだろうけど、骨董市の日はどのお店もほんとにいっぱい。

かなり時間をずらして、ご案内役のmimmi さんが「ここはどうでしょ?」と言ってくれたのは、「ニョッコ・フリット(gnocco fritto)」屋さん。ニョッコ・フリットとは、想像されるようにニョッキ(単数形はニョッコ)のフリット(フライ)ではなく、どちらかというと、ごくごく軽めの揚げパン。
このお店は、何かオーダーすると、作り立てのこの「ニョッコ・フリット」が、カゴに山盛りになって登場する。

続く:以前・・・
[PR]
by fumieve | 2014-04-01 03:34 | ほかのイタリア

ミラノ、ナヴィリオ運河の骨董市

a0091348_15134778.jpg


ミラノで、毎月最終日曜日にやっているという骨董市。
これまでなかなか行く機会がなかったのだけど、ちょうどミラノに遊びに行っていた友人mammi さんと一緒に、ミラノ在住のmimmi さんのご案内で、ぶらぶら散歩。

a0091348_15145726.jpg


a0091348_151411.jpg


すっかり春、お天気もよく暖かくなった日曜日は、そんなぶらぶら歩きの人でいっぱい。
運河に沿って、お店がその両側に並んでいるせいか、明るく広々した感じ。

a0091348_15142326.jpg


とっても、運河は水がほとんどなくて、???という感じだったが・・・

a0091348_15135218.jpg


a0091348_15134288.jpg



a0091348_15243291.jpg


a0091348_1524388.jpg


骨董市というより、のみの市、ありとあらゆるものを売っているけど、売っているものもディスプレイも、なぜだか何でもすてきに見えて、ミラノ・サローネや、フオーリ・サローネの原点を見た気がした。

Mercatone dell'antiquariato
a Milano sul Naviglio Grande

a0091348_1524439.jpg



30 mar 2014
[PR]
by fumieve | 2014-03-31 15:23 | ほかのイタリア

ルネサンスの美の凝縮、「貴婦人の肖像」 ミラノ、ポルディ・ペッツォーリ美術館

a0091348_3133359.jpg


ルネサンス初期、すなわち15世紀いっぱいくらいまで、古代のメダルや硬貨のように、横顔を描いた肖像が、いわゆる今で言うところのお見合い写真、あるいは結婚記念写真として使われた。
ある程度以上のご身分の方々にとって結婚は、すなわち家と家との契約だったから、その売り込み、あるいは紹介のために、こうして持ち運びしやすいサイズの肖像画を作成し、相手の家に届けたらしい。

続く:また・・・
[PR]
by fumieve | 2014-03-20 03:27 | 見る・観る

好きなものは好き!、カンディンスキー展、ミラノ

a0091348_159374.jpg


好きに理屈はいらない。

カンディンスキーは私が初めて、積極的に好きだと思った画家。小学校から高校まで、美術は特別に興味があった方とは言えない私が、「いいな」「きれいだな」とかでなく、「ものすごく好き!」と思ったのは、学生時代に国立近代美術館で見たカンディンスキー展で。そんなわけで、見る前はカンディンスキーの名前もろくに知らなかったはずで、デパートの展覧会はときどきのぞいていたけれども、なぜそのとき、わざわざ初めて近代美術館に足を運んだのかも思い出せないけれど、今から考えるとあれはまさに人生を変える出会いだったかもしれない。
もっとも、その直後に急に熱心な美術ファンになったわけでもないけど、それでも、絵を見る楽しさを知り、徐々に世界が広がっていったのはやはりそこからだと思う。

今でも、あちこちの近現代美術館や展覧会で、カンディンスキーの作品に出会うと、おお〜相変わらず健在なのね、と、旧友に会ったかのような、嬉しなつかしな気分になる。もちろん、最初に東京で見た作品だけではないが、どれもこれも大好きで、ニタニタしてしまう。

ミラノで開催中の、カンディンスキー展はだから、それはもう期待に違わず、やはりすてきだった。

続く:愛は・・・
[PR]
by fumieve | 2014-02-27 15:23 | ほかのイタリア

ミラノにて

a0091348_8304624.jpg


その前は確か、数カ月もごぶさただったのに、この1週間で3回、ミラノへ。

日本で、イタリアで、ヨーロッパで、それぞれの地で頑張っている同朋に会って、どんなに忙しくても前向きで、まだまだ好奇心いっぱいなそんな友人や知人、同僚たちと話をして、最近、加齢を理由に怠け気味な自分を反省。

私ももうちょっと頑張らないと。

24 feb 2014
[PR]
by fumieve | 2014-02-25 08:38 | 旅先にて

ミラノで見るルネサンスのモード、ポルディ・ペッツォーリ美術館

a0091348_7353241.jpg


ミラノのポルディ・ペッツォーリ美術館は、さすが貴族の邸宅美術館だけあって、絵画コレクションもまた、いかにも貴族らしく上品で優美な作品が多い。

聖母のマントも青の無地に金糸の縁取りレースだけ、と、都会的で洗練されたスタイルを好んだボッティチェッリだとすると、同時代の多くの画家は、生地の模様を精密に描きこみ、作品に豪華感を出すとともに、その写実性で自己の能力を示したところもあるのかもしれない。

続く:「布」・・・
[PR]
by fumieve | 2014-02-22 07:42 | ほかのイタリア

ポルディ・ペッツォーリ美術館のボッティチェッリ

a0091348_133616.jpg


1つは、あま〜く優雅な、淡い優しいトーンの、いかにもボッティチェッリな聖母子像。もう1つは、原色同士の対比も激しく、表情もポーズもドラマチックな、キリスト降架。
ミラノの邸宅美術館、ポルディ・ペッツォーリ(Museo di Poldi Pezzoli)の黄金の間(Salone dorato)に、間1つはさんで、対になってかかっている2枚のボッティチェッリ、とくに後者は、ルネサンス時代の傑作が並ぶこの部屋の中で、ひときわ目をひく。

続く:テーマ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-02-20 01:16 | ほかのイタリア

ミラノのフォロ・ロマーノ、アンブロジアーナ図書館地下を一般公開

a0091348_6169.jpg


ミラノのドォーモから5分と離れていないアンブロジアーナ図書館・絵画館の地下には、フォロ・ロマーノ(Foro Romano)、すなわちローマ時代の広場の跡が残っている。
長いこと、知る人ぞ知る存在だった遺跡が、ようやく一般に公開されることになった。
今のところ、月1回、毎月第一土曜日のみというので、まだかなり限られた時間とはいえ、これまでは関係者や専門家しか近づけなかった貴重な古代遺産に、誰もが入れるようになったのは好ましい。
来月からの有料(3ユーロ)公開に向け、1月末の1週間だけ、特別公開となった。この期間、無料だったためもあってか、行ってみたらやはり行列。一度に15人程度しか入れないので、結局1時間ほど待ってようやく入ることができた。

続く:・・・
[PR]
by fumieve | 2014-02-05 06:08 | ほかのイタリア