ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

タグ:美術・建築 ( 442 ) タグの人気記事

「ジョヴァン二・セガンティーニ ミラノへ帰る」展、ミラノ

a0091348_1575273.jpg


当時はまだオーストリアだった、トレンティーノ地方アルコで生まれ、わずか8歳で両親を失ったジョヴァン二・セガンティーニ。貧困の中で育ち、書類上の手違いでイタリア市民権を取ることもできずにいたジョヴァンニが、絵に出会ったのはほんとうに幸運なことだったと言えよう。
ミラノの工房で丁稚をしながらブレラに通い、1879年、21歳のときにブレラ国内展で展示した「聖アントニオの合唱席」で大きく評価される。

続く: ナヴィリオ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-10-05 15:17

ミラノの「M」

a0091348_514353.jpg


ただでさえ、ミラノの地下鉄のマーク「M」は、某ハンバーガー・チェーン店のそれによく似ていて紛らわしい。なのに、さらに、ミラノの町のど真ん中、ドォーモ横のデパート、リナシェンテ(Rinascente)の間口いっぱい、「もどき」でキッチュなファストフード店が登場!?

続く:・・・と・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-19 05:17 | ほかのイタリア

コペンハーゲンの夏・15〜カフェをふらふら・・・

a0091348_23455599.jpg


国立美術館デザイン博物館も、館内カフェが唸るほどおしゃれですてきだったけど、町中のカフェも、ロイヤルコペンハーゲンはもちろん、あっちもこっちもすてきでカフェ・タイムはよりどりみどり。

続く:あちこち・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-17 23:52 | 異国の旅

コペンハーゲンの夏・14〜まだまだ、国立美術館のサプライズ

a0091348_6385322.jpg


国立美術館で、イタリア絵画中心の「欧州美術部門」を見て、さて、次のセクションに移ろうか・・・と思ったところで、何か不思議なガラスのドアがあった。

続く:空中・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-17 06:42 | 異国の旅

コペンハーゲンの夏・12〜見事なコレクションの国立美術館

a0091348_23392719.jpg


町の中心部から少し離れた、公園エリアにあるデンマーク国立美術館。限られた時間の中で、はしょろうかどうしようか迷ったが、これもまた行ってみたらビックリの連続、いや、度肝を抜かれたと言ったほうがいい。

続く:19世紀・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-12 23:46 | 異国の旅

コペンハーゲンの夏・11〜美術館も忘れずに

a0091348_19461641.jpg


ここにある、ということはすっかり失念していた。だから、部屋に入って、それが目に飛び込んできたときには思わず、駆け寄って、すりすりと撫でんばかりだった。もちろん、ぎりぎりのところで理性が働いて、実際に物理的には触れなかったけれど。

それでも、目ではほんとうになめるように見た。

続く:ロ・スケッジャ・・・
[PR]
by fumieve | 2014-09-11 19:52 | 異国の旅

コペンハーゲンの夏・10〜船に乗って

a0091348_18153564.jpg


パリでもロンドンでも、ヨーロッパの町はたいてい川の両岸に発達しているから、観光客向けの遊覧船ツアーは手っ取り早くて、これが結構楽しい。

コペンハーゲンの名所、ニューハウン(Nyhavn)の運河では、さすがに夏のハイシーズンとあって、そんな遊覧船がひっきりなしに出たり入ったりしている。ここも堂々の下調べゼロ、だが、だいたい、だまされるとかボラれるとかそういう感じが全くしないし、とくに比較検討もせずに、ぱっとそこにいたのに乗った。

続く:出発・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-26 18:37 | 異国の旅

コペンハーゲンの夏・9〜さすが、デザイン博物館

a0091348_1804819.jpg


出発2日前に突然決めた旅、2泊3日の小旅行だし、と慌ててとりあえず購入した簡易版ガイドブックでは扱いが小さすぎて危うく見逃すところだったが、行ってみたら「ハンス・ウェグナーの椅子」展をやっていたり、カフェもおしゃれでおいしかったりと大当たりだったデザイン博物館。順番が完全に前後してしまったけど、常設もさすがにすばらしかった。

同博物館は、デンマークおよび世界の工業デザイン、スカンジナビアの工芸のコレクションを展示しているほか、図書館も併設したデザインおよびデザイン史の研究センターとなっている。

続く:アール・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-24 18:05 | 異国の旅

ゴルドー二劇場にて、ゴルドーニを体験する

a0091348_0192767.jpg


幕開けは1人の若者の旅立ち。舞台は18世紀ヴェネツィア、カーニヴァル最終日の朝、静かに去って行こうとする彼を、あの手この手で引き止める周囲の人々。

18世紀、ヴェネツィア生まれの喜劇作家カルロ・ゴルドー二(Carlo Goldoni)は、地元であまり評価されないまま、当時のヨーロッパの文化の中心地であったパリに向かい、フランスで客死する。
舞台の青年はだから、きっとゴルドー二本人でもあるのだろう。

続く:ヴェネツィア・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-24 00:23 | 見る・観る

コペンハーゲンの夏・8〜「ウェグナーの椅子」展

a0091348_451478.jpg


20世紀後半、「北欧デザイン」の牽引役となった椅子デザイナー、ハンス・J・ウェグナー(Hans J. Wegner)は1914年、デンマーク生まれ。生誕100周年を祝い、コペンハーゲンのデザイン博物館(Design Museum)で大回顧展が開催されている。

続く:彼の・・・
[PR]
by fumieve | 2014-08-22 04:52 | 異国の旅