ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

タグ:食 ( 229 ) タグの人気記事

チェヴァプチチ@さすが国境の町、トリエステ

a0091348_491110.jpg


「なに?これ?」
Yちゃん「え?・・・チェヴァプチチ」。
「は?・・・なっ何?」
Yちゃん「ミンチのお肉にハーブなどを混ぜたもので・・・あれ?ヴェネツィアにはないの?」
ないでしょう、ふつう、イタリアには。ヴェネツィアでなくとも。・・・だいたいこれ、全くイタリア語じゃないし。

今回、きわめて個人的なあるプロジェクトのためにお世話になっているYちゃんが、電車の待ち時間が1時間もあった私の夕食につきあってくれた。

駅のすぐ近くのビッレリア(Birreria)。オステリア(Osteria)が本来、ワインを飲み(+食べる)居酒屋なら、ビッレリアは、ビール中心の居酒屋。しばしば、ワインよりビールを「かっこいい」とする若者たちのたまり場になっているが、そういうところで、(経済的事情もあると思うが)彼らはあまりガツガツ食べないから、食事は、パニーノなどの軽食が中心。それはそれで、いろいろ工夫したおいしいパニーノやサンドイッチがあったりするところは、やはり人気が高い。

一般にイタリアでは、駅の近くでおいしいものを食べよう、というのは難問なのだが、Yちゃんにしたがって入った店は、地元の若者がゆったり座ってしゃべっていて、いい感じ。
パスタやワン・プレートものなどもあるというので、メニューを見ていたら気がついたのは、「肉料理」の一番最後に書いてあったのが、

Čevapčiči

「これ、何?」
ごくふつうの、イタリアンなメニューの中に、なぜこれが1つ、ごくふつうに混じっているの?・・・だいたい、どうやって読むんだかもわからないし。
(もっともヴェネツィアで、メニューにSarde in saorとか、castraureとかmoecheとか書かれてたら、そりゃイタリア語じゃないと言われてもいたし方ないが・・・)

さすが、国境の町、トリエステ。このチェヴァプチチ、スロヴェニアでは定番の料理らしい。
「ビールにすごく合うんよ~」
それそれ。そりゃあもう絶対それにする!

で、どーーーーーん!!!と登場した巨大なお皿にびっくり。
ハンバーグや肉団子というよりは、イタリアの粗引きソーセージの感覚に近い、かなりしっかり、みっちりしたもの。香ばしく火の通ったそのお肉を、赤い、アイヴェ(ajvar)・ソースなるものにつけていただく。

うん、好き好き、こういうの。
そう、イタリアの食事は何でもおいしいけど、そのイタリアの食事にはどこを探してもない、エスニックな味。
と、食べながら、Čevapčiči(チェヴァプチチ)ってひょっとして、今や欧州どこへ行ってもあるケバブ、あのケバブ(Kabab)と語源が一緒なのでは?と気がついた。
特にこのあたり、ヴェネツィア含む北東イタリアでは、イタリア標準語のchi(キ)がci(チ)になる。Chiave(キアーヴェ、鍵)が「チャーヴェ」、Ti chiamo(ティ・キアーモ、=電話するよ)が「テ・チャーモ」など。そう思うと、チェヴァプとケバブは、かなり近い。
ハンパでないポテトの量には面くらいつつ、しばらくやみつきになりそうな予感がした。

14 ottobre 2009
[PR]
by fumieve | 2009-10-15 09:05 | ほかのイタリア

さすがミラノ!なジェラテリア、Chocolat

a0091348_0111814.jpg


昼食を簡単に、ただ、できればゆっくり座って食べたい、と思って、適当な店はないか探していたのだった。
昨日、今井由佳さんの彫刻を見にいくのに、中途半端に時間が余って、ミラノ北駅(地下鉄カドルナ駅)周辺をうろうろしていた。駅のすぐ並びに、ケーキのおいしそうな店はあるのだが、このときの気分は甘いものでなかったから、駅の反対側に回ってみた。が、さすがミラノ、日曜日のお昼すぎとあって、普通のバールまでも、いや、ふつうのバールだからこそ、だろうか、軒並みシャッターが下りている。
あきらめて戻って、あまり乗り気がしなかったが、切り売りのピッツァでも食べようか・・・と思い始めたところで、人がひっきりなしに出入りする店、発見!

a0091348_0151587.jpg


Chocolatという名の、いかにもミラノな、おっしゃれーなジェラテリア。
うわああああ・・・
今探しているのは、甘いものではなかった。が、イタリアでは真夏の猛暑のときに、食事代わりにジェラートを食べることを推奨されるではないか!
そう、これをデザートに食べたら完全にカロリー・オーバーだけど、置き換えダイエットならぬ、置き換えジェラート。決して痩せはしないけど、太りもしないのではないだろうか・・・と自己判断のもとに、突撃を決行することにした。

a0091348_0131273.jpg


「ショコラ」を名乗るだけのことはあり、チョコレート系のジェラートが充実。もちろん、見た目がチョコレート色のものだけでなく、ホワイト・チョコレートや、あるいはイタリ
アのジェラートの定番、ストレッチャテッラなど・・・
うーん・・・迷う・・・

a0091348_0135328.jpg


で、迷った末の選択が、チョコレート&オレンジと、ストレッチャテッラ。

a0091348_012227.jpg


うぬ。・・・やっぱりおいしい。
さりげないミラネーゼたちが、次々とやってきては、たっぷりジェラートの乗ったコーンを手に出ていったり、そこでたむろしてたり。
うんと狭いが、2階にはミラノ・モダンな座席もあり、ジェラート1つでゆっくりできるのもうれしい。

・・・ミラノでの楽しみが1つ増えてしまった。

Chocolat Milano
Via Boccaccio, 9
20123 Milano
Tel. 02 48100597
www.chocolatmilano.it


a0091348_0155442.jpg


12 ottobre 2009
[PR]
by fumieve | 2009-10-13 08:35 | ほかのイタリア

ヴェローナはジェラートの宝庫~Savoia

a0091348_83751.jpg


Gelateria Savoia, Verona

避暑リゾート、ガルダ湖に近く、夏の野外オペラで知られるヴェローナは、イタリアの町としてはめずらしく、真夏が1番の観光シーズン。
そのためなのかどうなのか、ヴェローナの町には、おいしいジェラテリアが多い。
それも単純に「おいしい」だけでなく、見た目がおしゃれだったり、ふつーうのジェラテリアには存在しないような、アイスキャンディーだのビスケット・サンドだの、いろいろな種類のものを売っていたりする。

続き:中へ入ると・・・
[PR]
by fumieve | 2009-10-11 08:04 | ほかのイタリア

「安くておいしい」ヴェネト料理の店、イゾレッタ、パドヴァ

a0091348_1839566.jpg


ガイドブックに載っていない、地元の人しか知らない、安くておいしい店。
ヴェネツィアでそういう店を紹介してくれと言われると、いつも困ってしまうのだが、それはまさにこういう店のことを言うのだろう。地元の友人の案内なしには、絶対にたどりつけないトラットリア。

一歩町を出れば、それこそ安くておいしいものがたっぷり出てくる(に違いない)パドヴァでも、町の中でそういうところを見つけるのはそれなりに難しい。
A4の普通の紙に印刷された、本日のメニューを見て、パスタ類(primi piatti)が5ユーロ均一なのに、ヴェネツィアから赴いた一同、まずはびっくり。
メイン(secondi piatti)は、8~14ユーロ。
そして、その種類の豊富さに、何を食べようか真剣に迷う。

まずはスペック(speckという名の、イタリア北部の燻製生ハム)とポルチーニ茸のフェットゥッチーニ(写真1番上)。何をかくそう、このフェットゥッチーニ(fettuccini、幅広麺の一種)、イタリア語を習い始めてかなり初期の段階で覚えた単語の1つ。

こちらは友人の食べた、同じくフェットゥッチーニ地中海風。

a0091348_18414112.jpg


メインは、羊のリブのグリル(大好き!)。

a0091348_18424043.jpg


メニューには記されていなかったが、当然のようにポレンタ添え。

ほかのみなさんはというと、こちらは牛肉のタリアータ、

a0091348_18441385.jpg


そしてこちらは、ホロホロ鳥リンゴ風味!

a0091348_1845078.jpg


付け合わせの野菜は6人分、どーんと。

a0091348_18455475.jpg


デザートは、私はビスケット&フラゴリーノ(fragolinoというブドウの甘いデザート・ワイン)。

a0091348_18464594.jpg


ジェラートはなんだか、昔なつかし、パーラーのアイスクリームのようでかわいい。

a0091348_18483557.jpg


ハウス・ワイン2リットル、ミネラル・ウォーターにカフェを飲んで、しめて1人28ユーロ。難点は、人に連れていってもらったから、自分ではたどり着けないかもしれないところか。

ああ、ご馳走続きの今週、明日はいよいよ・・・!!!

Trattoria Isoletta
Via S. Pietro, 46
Padova
Tel. 049 65 03 68
[PR]
by fumieve | 2009-07-18 09:38 | ほかのイタリア

フリウリを見渡す丘の上のワイナリー、カステル・ヴェッキオ

a0091348_2111933.jpg


Castelvecchio
Via Castelnuovo, 2
34078 Sagrado (GO)
Tel. 0481 99742
www.castelvecchio.com/

a0091348_21123790.jpg


眺望360℃。晴天の日には、北はフリウリの雪山から、南西にはヴェネツィアまで見渡せるという。
さえぎるものが何もない、なだらかな丘の上に、強めの風が吹きわたる。

a0091348_21133177.jpg


うわー・・・。
こんなところで育つブドウは、幸せ。だって、人間ですらこんなに気持ちいいのだから。そりゃ、おいしいワインもできようというもの。この時期、急に暖かくなって新緑が目にまぶしい、とはいいながら、このあたり低地のブドウ畑ではまだまだ芽がようやく出ようというところ。この丘の上では、すでに緑の葉が着々と育っていた。

a0091348_21165146.jpg


知人の所有する、カンティーナ(ワイナリー)に案内してもらった。
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、サグラード(Sagrado)の丘。夏の入道雲のような激しい雲が、緑の風景にかえって彩りを添えているよう。

a0091348_21184544.jpg


「カステルヴェッキオ(Castelvecchio、古城)」の名の、建物は現在工事中だったが、その庭には藤、リラなどの花が競い合って咲き乱れていた。

a0091348_2119415.jpg


a0091348_21202863.jpg


a0091348_21205110.jpg


その下はオリーヴ畑。・・・その向こうにヴェネツィアが・・・見えるだろうか???

a0091348_21204945.jpg


美しきよきイタリア、ここにあり、みたいな。

a0091348_21251382.jpg


ぶどうがたっぷりと実る頃の景色もまた、さぞすばらしいことだろう。
いずれレストランを開く予定らしい。オープンした暁には、ぜひぜひまた戻ってきたいもの。

a0091348_21252744.jpg


ちなみに、5月31日(日)には、ここを含むフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州一帯、100以上のワイナリーが一般開放されるオープン・デイ、Cantine Aperte2009 が予定されている。
www.mtvfriulivg.it/index.php?pag=eve&l=ita&f=int&id=105

a0091348_21253698.jpg


17 aprile 2009
[PR]
by fumieve | 2009-04-18 17:10 | ほかのイタリア

Ristrante Il Paiolo, ペルージャ

a0091348_5454389.jpg


イタリア中部、その形と位置から「緑のハート」と呼ばれるウンブリア州は、イタリアで数少ない「海無し州」である。その州都ペルージャで、味わうものはといえば、やっぱりなんといっても肉!

a0091348_5443532.jpg


初日は、前回紹介したBriziへ直行。去年とまったく同じ、「極太パスタ」と「グリル盛り合わせ」を食べた。今回は、お肉のほうは1人前を友人と2人で分けたのだが、ひと皿をぺろりと食べた後、サルシッチャ(salsiccia、イタリア風あらびきソーセージ)をお代わりした。そういえば、ペルージャにいたときは、自分でもよくお肉屋でサルシッチャを買って、焼いて食べたり、スープにしたりしたっけ。ぷりっぷりの肉にスパイスが入って、かなり味が濃い目なのだが、これがおいしい。ちなみにこれ、ワインはもちろんだがビールにもかなりイケる。
相変わらず、庶民的とはいえ満足な味にもかかわらず、2人で食べて1人分?みたいな破格な値段にもさらに満足。

2日めは、イタリア紹介の老舗サイト、JAPAN-ITALY Travel On-line(http://www.japanitalytravel.com)に紹介されていた店、Ristorante Il Paioloに行った。
準備のいい友人に感謝!持つべきはマミ、いや、まめな友。

人気のすっかり少なくなった雨の日曜日の夜。中心部から暗い急坂をカーブにそって下り、右脇の、さらに急な、つんのめりそうな坂道に店の明かりが見えてほっとした。
私の都合で、かなり遅い時間に飛び入りで入ったが、問題なく迎えられてさらにほっ。ヴェネツィアなら絶対にラスト・オーダーを過ぎているといって断られる時間だ。

今晩の私の選択は、まず、「ポルチーニとサルシッチャのパスタ」。またサルシッチャ?・・・いえいえ、いいんです、これがおいしいんです。

a0091348_548913.jpg


メインは、「牛肉のタリアータ」(厚めの肉を焼いてスライスしたもの)。

a0091348_5504492.jpg


そんな時間に、よくもまあこれだけ食べるわ、と自分にあきれながらも、しかしあとで後悔するのも悔しいし。
そしてまた、全くこだわりのない(というか本質的にあまり味のわかっていない)私にとっては、ハウスワインでこれまた十分おいしい。あああ・・・シアワセなひととき・・・。
友人の選んだ「フィレ肉のバルサミコ酢ソース」は、やわらかいお肉はもちろん、ソースが絶妙で上品な味。これはこれでクセになりそうな味といえる。

a0091348_5535960.jpg


・・・さすがにデザートは遠慮した。

ああ、肉三昧のペルージャ、また行きたい!!!

Ristorante Il Paiolo
Via Angusta (Traversa Via Alessi) 11, Perugia
Tel :075-5725611

31 marzo 2009
[PR]
by fumieve | 2009-04-01 07:38 | ほかのイタリア

しぶしぶ紹介!?食堂「イル・ジョーヴァ」、フィレンツェ

a0091348_2334971.jpg


ほんとは秘密にしておきたい小さなお店。

2日連続で食事の話題をするのは、ちょっとどうかと思うのだが、ここのとこ、仕事その他に追われ、残念ながらほかの話題がない。いや、忙しがっていながら、これだけおいしいものをしっかり食べているのだから、シアワセと思わなくてはいけないのだろう。

夕暮れになって、友人と会おうか、というときに、イカ・リングや揚げモッツァレッラなど、主に揚げ物を「つまみ」ながら1杯ひっかけたくなるのがヴェネツィアなら、フィレンツェに行ったときにぜひとも食したいのは、なんといってもやっぱり、お肉!
土曜日に暗くなってからフィレンツェについて、期待いっぱい、いつも以上に食欲旺盛な私が連れていかれたのは、町の中心からちょっと歩いたところにある、トラットリア(trattoria, 食堂)。小さなスペースに、タイルを使ったカラフルなテーブルがぎっしり並んでいて、うん、いい感じ。

まずこちら、友人の頼んだ前菜。

a0091348_2345510.jpg


右は生ハム、左はというと、揚げパンのようなもの。これ自体にはほとんど味がついていなくて、真ん中についている、チーズをつけて食べる。
スナックみたいでなかなかおいしい。・・・が、ふつうの日本人なら、これだけでお腹いっぱいになってしまいそうなボリューム。

一方、欠食児童並みの空腹をかかえていた私は、前菜をとばし、パスタに。

a0091348_2352542.jpg


トルテッローニ(tortelloni, 具の入ったパスタ・巨大版)の、カボチャ&ポルチーニ・ソースがけ。見た目以上にポルチーニが香り、見かけほどこってりせず、んーーーシアワセな味。そして、これもやはり、これだけでお腹いっぱいになりそうな代物。

しかし、すでにふつうの日本人から大きく逸脱した胃を持つ我々は、そのあとメインへ。

a0091348_2355796.jpg


タリアータ(tagliata)のルッコラ&パルミジャーノ添えは、まさにシンプル・イズ・ベストの王道。あ、もちろん、キアニーノ牛のいわゆるフィレンツェ風Tボーン・ステーキ、あれがフィレンツェで食べる肉の王様だとすると、こちらは女王といったところか。
ちなみに、隣の人が食べていた、同じタリアータのアーティチョーク&リコッタ添えもおいしそうだった。次回はあれにしたい・・・。

結果として続けてご馳走肉を食べることになったが、このときはほんとに久しぶりのおいしい肉をしっかりかみしめて堪能。まさに体の血となり肉となる、元気の源を感じる。
これまた、2/3くらいでよかったかもね・・・といいつつも、2人ともしっかり完食!
さすがにデザートはパスしてカフェへ。
(が、白状すると実は帰り道で、ジェラートを食べてしまった。)

続けてこんな肉をもりもり食べ、しかも2晩ともお腹がクチクチのまま部屋に帰ってバタンキュー、目が覚めて自分が牛になっていても驚かない・・・。

a0091348_2363035.jpg


Borgo la Croce, 73r
50121 Firenze
Tel. 055 2480639

16 dicembre 2008
[PR]
by fumieve | 2008-12-17 07:31 | ほかのイタリア

国境まであとわずか、ワイン屋「ラ・バイタ」

a0091348_4442868.jpg


Vinneria La Baita
Via degli Alpini 2
I-34070 Capriva del Friuli (GO)
Ristorante tel. 0481 881024
www.vinnaeria.it

正確にはどうやって辿りつくのか、ともかく、国境から数kmであること、アクセスは車しかないことは確か。畑の中に忽然と現れる、「ラ・バイタ」は、山小屋風の美しい建物。

イタリアの、しかもいかにも田舎風な環境の割に、肉はもちろん魚もおいしい、ちょっとおハイソ(死語?)なレストラン。
魚の前菜~パスタにお肉で締める、という「おまかせ」で本日いただいたのはこちら。

a0091348_4471876.jpg
まずは「おつくり」・・・ならぬ、魚のカルパッチョ。レモンとオリーブ・オイルをかけて。直接ぽつ、ぽつ、とのっかった粗塩がほどよい。






a0091348_4474972.jpg
カニのレモン・ソース。










a0091348_448163.jpg
魚介のグリル~ホタテの紫タマネギ添え、および海老の細ネギのせ








a0091348_4493098.jpg
海の幸のリゾット











そして・・・どーーーーーん!!!と大きなフライパンごと出てきたのは、

a0091348_4495871.jpg


牛肉のタリアータという、まわりを軽くあぶってスライスしたもの+じゃがいも!!!
(これは1人前ではありません、念のため)

a0091348_4433523.jpg
手元の取り皿に、こうして何杯いただいたことか・・・。









これだけ食べた後に、どうしても欠かせないのが、ここの自慢のジェラート。なんとウエイターが大きなお皿に山盛りのジェラートを持ってきて、リクエストに応じて好きなだけ盛ってくれる。そして、イチゴ、またはチョコレート・ソースをたっぷり。(両方、少しずつかけてもらえばよかった、と、今写真を見ながら気がついた・・・)

a0091348_451152.jpg


フルーツも盛り合わせで出てくるので、好きなだけ自分で取る。

a0091348_4522087.jpg
最後はやっぱり、カフェ。








a0091348_4524533.jpg


ちなみに、ワインはというと、食前にまずは1杯発泡白、そのあと白2種、赤、最後に食後に赤の発泡・・・と、注がれるままにどれもおいしくいただいた。銘柄などのチェックは一切していないが、ワイン屋を名乗っているからには、基本的には自前、または地元のものが中心のはず。

レストランだけでなく、エノテカ、そしてホテルもあるので、このあたりを車で旅するなら、1泊してゆっくりするのもいいかもしれない。

a0091348_4465324.jpg


a0091348_4452086.jpg


15 dicembre 2008
[PR]
by fumieve | 2008-12-16 08:41 | ほかのイタリア

ラ・ピアッツェッタ、ローマ・トラステヴェレ

a0091348_203242.jpg


La Piazzetta
Roma, Trastevere
Via Cardinale Merry Del Val, 16B
tel. 06 5806241
orario no stop 12.00-24.00

ローマのトラステヴェレ地区。
おいしくてお手軽なお店が多く、たくさんの人で賑わうこの地区も、日曜日のお昼とあっては閑散・・・というより、まずどこも閉まっている。記憶を頼りにやってきた、アテにしていたトラットリアもやっぱり日曜休業。そう、日曜日はまともなお店はお休み、と思ったほうがいい。
それでも朝から歩き回って、陽射しは強いし、もうどこでもいいから食べようよ、というので入った、というか外のテーブルについたのがこの店。この地区に似合わない、現代風のちょっとこぎれいな外観に、大きな店構え。外、すなわち歩道に張り出したテーブル、クロスとナプキンの色が微妙にカラフルでおしゃれ。うーーーん、いかにも観光的かも・・・。
メニューを見ても、少々高めか?まあでも、他に何もないのだから仕方がない。
ピッツァもあるというこの店、同行者一同、なんとなくピッツァが食べたくなっていたのだが、オーダーしようと思ったら、なんとトラステヴェレ地区ではお昼はピッツァ釜に火を入れてはいけないのだそう。
頭を全面的に切り替え、それでは・・・と決めたのが、前菜1品、パスタ2品に大きいサラダ2品。ふつうの日本人女性ならそれが限界、まあ、様子をみて追加するなり、デザートをとるなりすることにして、皆で分けて食べることを説明してオーダー。
アンティパスト(前菜)は小だこのトマト煮込み。ひょとしてオーダー間違えた?というくらいの量だが、これが1人前らしい。盛り付けも美しいが、たこがやわらかくて、余計な味のしないシンプルなもので、見た目以上においしい!
これなら、「絶対おすすめ!」といわれた自家製パスタも断然楽しみ。はたして出てきたのは、キノコとアスパラのフェトゥチーネ。クリーム・ソースだったのは予想外だが、なにしろパスタがほんとに「これぞ手打ち!」の歯ごたえ、ソースも見た目ほど重過ぎず、比較的上品な味。もう1つの、アサリのスパゲッティも、さっぱりめ。
a0091348_212821.jpg


いろんな種類のあったサラダは、どれも具だくさん。
5人で分けて、ソースもパンできれいにさらうほど食べて、大満足の末、デザートにそれぞれ、メロンやシャーベットを頂いた。
この味と量で1人当たり15ユーロ程度だったから、文句なし!
店内には大きな炉があって、直火で焼いたステーキ類もかなりおいしそうだったことも追記しておきたい。
ただし、パスタなど一皿の量がかなり多いので、ふつうにオーダーすると食べきれない上に高くつくだろう。ふつうの日本人なら3-4人以上で行くことをお勧めする。

1° luglio 2007
[PR]
by fumieve | 2007-07-02 07:57 | ほかのイタリア