ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

続・滞在許可証

ようやく滞在許可証(permesso di soggiorno)の更新申請が終わった。悪名高きこの手続き、しょっちゅう話題にしているようだが、私のように学生(大学)で申請している場合は年に1回の更新。まあその1回にとてつもない時間がかかる。
これまでの許可証の期限が6月29日だったので(なぜこんな日付なのかは、長い経緯があるのだがここでは省略)、更新の場合の決まりにのっとって1カ月前以前に、必要書類を整え郵便局で指定の金額を払い、郵送したのが5月25日。この時の内容は、当日のブログをご参照。(http://fumiemve.exblog.jp/5652666)
それから、内務省から呼び出しのお知らせの携帯メッセージが届いたのが、なんと6月5日の夜。昨年12月に郵便局方式に代わってから、「送ったものの一向に連絡がこない」という巷の噂に反して、異例の早さ。何か不備があったのか・・・と一瞬不安がよぎるものの、どう考えてもそんな細かい対応を、しかもこの短い時間内にこなしているとは思えない。「届いた封筒を積み上げていって、一番上にあったものから処理しているらしい」というのがある友人の推察、おそらくそんなところだろう、と思う。大学の書類の関係で、実はあんまり早くても困るのだが、まあ来ないよりはいい。その肝心の呼び出し(ヴェネツィアの該当警察署(Questura)への出頭)は、9月21日、10:30。
携帯メッセージが来た時点でかなりびっくりだったのだが、それから1週間ほどして、ちゃんと郵送でもお知らせが来た。呼び出しの日時は同じ、ただし、「以下の書類が不足しているので、揃えて持ってくること。」何?「滞在中の保険」と「滞在中の経済能力証明書」。・・・保険についてはそのためにわざわざ今回、健康保険に入ったし、経済うんぬんは毎回クレジット・カードのコピーでOKだった。そのどちらも、絶対にコピーを同封しているのに・・・。
ほんとうは、今回はチェックされるとしたら大学の在学証明書のはずで、ちょうどこの夏の間に卒業する予定だったから、その先の証明書がない。それを持ってこいと言われるはずなのにそれについては一言も触れず。

9月21日。アポは10:30とあるが、情報によるとこれは全然意味がなく、今までのように朝早く行って、番号札をもらうらしい。それでも、早朝から行くのはやめて、番号配りの窓口が開く8時半ころ到着するように行く。行列はやっぱりあって、番号をもらうまでに1時間くらいかかった。まあ去年まではここで2時間とかかかったから、まだましになったのか・・・。
自分の番が回ってきたのがそれから30分後。これは今までにない早さ。おお・・・やっぱり多少は改善されたのか・・・そして「保険」については、健康保険だと12月31日で切れるから(滞在許可証もそこまでしか出せない)、(警察推奨の?)INAの1年間保険に入っといたらどうだ?とのお勧め。・・・まあ、今回から、申請手続きになんだかんだと100ユーロ近くかかることになったから、それなら手間も考えるとご指示に従って約80ユーロの保険料を払ったほうがいっそ簡単か・・・。そして、「在学証明書は?」「・・・あ、ちょっと時間がなくて・・・書いてなかったからいらないのかと思いました」「それがなきゃ手続きできないでしょ」「・・・そうですね」。と、あえなく再出頭の紙を受け取る。
「出たとこでちょっと待ってて。同僚が名前を呼ぶから。」ここまではせっかく早く終わったと思ったに、案の定ここで1時間半くらい待たされる。ようやく呼ばれて、指紋を取って(ここで指紋を取られるのは3回目、それについても語れば長いことに・・・)とりあえずこの日は終了。

今日、大学の登録証その他を持って、再び警察署へ。先週の月曜日に大学の手続きをした後、1週間待ったのは、「月曜日はすいている」と聞いたことがあったから。確かに、まずヴェネツィアからバスに乗るのに、いつもなら必ずそれらしき外国人が数人一緒になるのに、誰もいない。・・・ちょっと不安。休みかも?
到着すると、行列もいつもの何分の1か、という感じ、・・・ほっ。しかも既に番号札を配り始めていたので、なんとわずか15分で番号を受け取った。自分の番まであと10人、これも今までならそう思ってから2時間3時間は当たり前、だったのが意外にも早く回ってきて、今日は結局全部で1時間半で警察署をあとにした。あんまり早すぎて、絶対何か忘れられているんじゃないかと、かなり不安になり「ほんとうに今日はこれで終わりですか?」としつこく確認してしまった。

もっとも、それで晴れてなんとカード式の新しい許可証が届くのは、3カ月後だという。はたしてクリスマス前に受け取ることができるのだろうか・・・いや、無理だろうな、もちろん。

8 ottobre 2007
by fumieve | 2007-10-09 03:31 | 日常生活
<< 博物館工学2-2 サンテラズモのモスト祭り >>