人気ブログランキング |
ブログトップ

ヴェネツィア ときどき イタリア

fumiemve.exblog.jp

カテゴリ:モザイクの旅( 71 )

モザイクの旅・番外編~トレヴィーゾのとびきりのお宝

a0091348_7533166.jpg


美しい町並みのトレヴィーゾ、その町の真ん中に、実はちょっと意外な、でもとびっきりのお宝が隠されている。

続く:ドォーモの・・・
by fumieve | 2011-07-31 08:07 | モザイクの旅

第2回は・・・

a0091348_620320.jpg


JAPAN-ITALY Travel On-line 「北イタリア モザイクの旅」
第2回 アクイレイア大聖堂

が掲載されました。
ぜひ、ご覧ください!

http://www.japanitalytravel.com/back/mosaici/2011_06/06.html

16 giugno 2011
by fumieve | 2011-06-17 06:24 | モザイクの旅

モザイクの旅・番外編〜ワクワク・モザイクのバーリ大聖堂

a0091348_632977.jpg


魚にタコ、イカにキノコ。

・・・と言っても今日は、食いしん坊な話ではなくてモザイクのお話。

続く:長靴の・・・
by fumieve | 2011-04-27 06:16 | モザイクの旅

「北イタリア モザイクの旅」連載開始!

a0091348_6261565.jpg


お知らせ

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
で、「北イタリア モザイクの旅」を連載させていただくことになりました!

第1回はもちろん、「ヴェネツイア、サン・マルコ大聖堂」です。
www.japanitalytravel.com/mosaici/top.html
どうぞよろしくお願いいたします!

15 aprile 2011
by fumieve | 2011-04-16 15:23 | モザイクの旅

晩秋~ローマ・6~サン・クレメンテ教会

a0091348_8424486.jpg


春分の日。イタリアでは「春初日」と言われるこの日に、せめて、春のこの日にふさわしい賑やかで晴れやかなモザイク、もしかしたらローマで私がもっとも好きな教会かもしれない、この教会を紹介したい。

(この原稿は、数年前にまとめたものに、加筆・訂正を加えています)

「モザイクの旅」シリーズ
晩秋~ローマ
1:サンタ・コスタンツァ廟
2:サンタニェーゼ教会
3:サンタ・プデンツィアーナ教会
4:サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
5:サンタ・プラッセーデ教会

12世紀に入って、もはやビザンティンからもカロリングからもその影響から離れ、ここローマでは、再びローマ独自のモザイクが発展してくる。その代表的な例が、サン・クレメンテ教会だろう。

続く:「わたしは・・・」
by fumieve | 2011-03-22 08:52 | モザイクの旅

晩秋~ローマ・5~サンタ・プラッセーデ教会

a0091348_427246.jpg


(この原稿は、数年前にまとめたものに、加筆・訂正を加えています)

「モザイクの旅」シリーズ
晩秋~ローマ
1:サンタ・コスタンツァ廟
2:サンタニェーゼ教会
3:サンタ・プデンツィアーナ教会
4:サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂を出て、サンタ・プデンツィアーナ教会と逆の方向へ向かう。

伝説によると、キリストの使徒、聖ペトロ(San Pietro)は友人であったローマ元老院議員プデンスの屋敷に7年ほど逗留、その間に、プデンスとその2人の娘、プデンツィアーナとプラッッセーデはキリスト教に改宗した。その2人の娘の死後、それぞれに捧げる教会が建てられた・・・。
(参照:サンタ・プデンツィアーナ教会

サンタ・マリア・マッジョーレをはさんで、ちょうど反対側にあたる位置にあるのが、サンタ・プラッセーデ教会。489年にはすでに聖堂があったとされるが、現在の建物は、9世紀にパスクワーレ1世が建てさせたもの。16世紀にも大幅な改築工事が行われたものの、基本的構造は9世紀の姿を保っているのと、何よりもその9世紀のモザイクがほとんど当時のまま、残っている。

続く:まず・・・
by fumieve | 2011-03-01 08:25 | モザイクの旅

晩秋~ローマ・4~サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

a0091348_684044.jpg


(この原稿は、数年前にまとめたものに、加筆・訂正を加えています)

「モザイクの旅」シリーズ
晩秋~ローマ
1:サンタ・コスタンツァ廟
2:サンタニェーゼ教会
3:サンタ・プデンツィアーナ教会

431年、聖母マリアを、正式に「神の母」と定めたエフェソスの公会議を受けて、その聖母に捧げられたサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂。前回紹介したプデンツィアーナ教会はほんの目と鼻の先だが、その歴然たる規模の違いは、一市民、一信者の意思で捧げられた教会と、公会議の決定による聖堂との違いもさることながら、たった数十年の間にいかにキリスト教が大きな力を持つことになったかを示している、と言えるだろう。

続く:平面プランは・・・
by fumieve | 2011-02-23 06:20 | モザイクの旅

晩秋~ローマ・3~サンタ・プデンツィアーナ教会

a0091348_73236.jpg


(この原稿は、数年前にまとめたものに、加筆・訂正を加えています)

「モザイクの旅」シリーズ
晩秋~ローマ
1:サンタ・コスタンツァ廟
2:サンタニェーゼ教会

テルミニ駅に近いサンタ・プデンツィアーナ教会(Chiesa di S.Pudenziana)は、ローマで最も古いキリスト教会とされている。

続く:キリストの使徒・・・
by fumieve | 2011-01-06 07:34 | モザイクの旅

晩秋~ローマ・2~サンタニェーゼ教会

a0091348_7535951.jpg


(この原稿は、数年前にまとめたものに、加筆・訂正を加えています)

「モザイクの旅」シリーズ
晩秋~ローマ
1:サンタ・コスタンツァ廟

明るく楽しいモザイクに覆われたサンタ・コスタンツァ廟と同じ敷地内にあるのが、サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ教会。(Chiesa di Sant’Agnese Fuori le mura)7世紀の建築で、こちらはローマにおけるビザンティン様式モザイクの傑作と言われる。

以前、ここで紹介した通り、イスタンブール、かつてのコスタンティノポリスでは、8世紀に聖像破壊運動が起きたこともあり、それ以前の聖像、モザイクはほとんど残っていない。
ローマに残るこの時代のモザイクはしたがって、貴重な資料ということになる。

続き:サンタニューゼという・・・
by fumieve | 2010-12-22 08:01 | モザイクの旅

晩秋~ローマ・1~サンタ・コスタンツァ廟

a0091348_10174193.jpg


(この原稿は、数年前にまとめたものに、加筆・訂正を加えています)

「モザイクの旅」シリーズ
春~ラヴェンナ
1:サン・ヴィターレ教会
2:ガッラ・プラチディア廟
3:サンタアポッリナーレ・イン・クラッセ
4:サンタンドレア礼拝堂
5:ネオニアーノ洗礼堂
6:サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ
7:アリウス派礼拝堂

初夏~イスタンブール[回想]
1:導入編
2:聖ソフィア大聖堂
3:聖イレーネ教会
4:聖サルヴァトーレ・イン・コーラ教会
5:パンマカリストス教会
6:キリスト教会とモスク
7:グレート・パレス・モザイク博物館
8:考古学博物館
9:ブルーモスクとトプカピ宮殿

盛夏~アクイレイア
1:ローマ遺跡の中の小さな町
2:キリスト教最古の大聖堂
3:隠された宝
4:水に生きるものたち

しっとりと雨が降っていた。日本にいたときも含め、ローマにはもう何度も来ていたけれども、こう肌寒い雨に降られたのはあのときが初めてだったかもしれない。もっともイタリアで、この季節には仕方のないことだ。
あまり時間のない滞在の中でどうしても行きたかったのは、サンタ・コスタンツァ霊廟。紀元後4世紀に、皇帝コスタンティヌスが娘たちのために建てたという、その名の通り、墓地。こういうお天気の日に墓地へ行くというのもあまり気がすすまなかったが、いつものことながらもう時間がなかったし、今度こそどうしても見たかった。
方向を確かめてバスに乗って、運転手に行き先を伝え、降りるところを教えてもらうことにする。
今でこそ、イタリアでも電光掲示板や自動音声などがバスでもみられるようになってきたが、数年前まではまだ、そんなものは一切存在しなかった。そして、バス停のほうにも、名前がついていない、というか、単純に通りの名前イコール停留所の名前、になっているので、それが何キロも続く大通りだったりすると、同じ名前で、1,2,3...と続いていく。だから、初めてのところに行くときには、運転手に声をかけておくのが一番手っ取り早い。
地図で見るとずいぶん遠い気がしたが、乗ってしまえば案外すぐだった。午後の開館時間より早めに着いてしまい、まわりをぶらぶらしながら、待つ。やはり早めに着いてしまった、ほかの数人の観光客とともに、係員が鍵を開けるのをせかすように待って、中へ。

続き:・・・ほうっ・・・
by fumieve | 2010-12-21 10:26 | モザイクの旅